弁護士のキャリアパス  外資系法律事務所

弁護士のキャリアパス

7つのキャリアフィールド~

外資系法律事務所

グローバルネットワークを強みに、日本進出をしている外資系企業の案件をメインに受任する外資系法律事務所では、所内に外国弁護士が在籍しているケースが多い為、国内業務をメインとしつつも、所内コミュニケーションやクライアントとのコミュニケーションにおいて語学力を必要とする場合が多くなっています。
また、昨今では日系企業の経済活動もグローバル展開を積極的に進めていることから、グローバルなネットワークを頼りに国内大手企業の案件を外資系法律事務所が受任するケースも増えてきており、国際的な業務を現地の事務所との間に立って橋渡しするようなケースもあります。
海外のネットワークを活かした留学制度が充実しているのも特徴的で、オフィスの環境や風土も日系の事務所とは異なりますが、待遇面では国内大手法律事務所に引けをとりません。一方、中には日本の事務所が主体となった外国法共同事業もあり、国内系法律事務所の特徴が色濃く表れているケースもあります。

弁護士のその他のキャリアフィールドをチェック

  • 監査法人
  • コンサルティング
  • 税理士法人
  • 金融機関
  • 上場企業
  • 外資系企業
  • ベンチャー企業

ほかの転職成功事例もチェック!

理想の弁護士への一歩 ──
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS-Japan が弁護士の転職をサポートいたします。

弁護士の転職サポートに登録

To Top