弁護士・税理士補助の転職成功事例

弁護士・税理士補助の基礎知識 転職成功事例

企業内弁護士(事業会社)

弁護士40代、出来る事をアピールしてインハウスへの転職に成功

2017/12/25

【今回の成功者】
Yさん
40歳・男性
資格:弁護士

<転職前>
法律事務所 年収600万円
<転職後>
IPO準備中企業 年収800万円
エリア:大阪府

40歳を過ぎ、新たなフィールドにチャレンジ

Yさんは、約10年間法律事務所で一般民事案件を中心に、中小企業の案件を取り扱っていました。40代を節目に経験を活かしてかねてから興味を持っていたインハウスで、弁護士としての経験をいかしたいと考えるようになったそうです。しかし、初めての転職で未経験のフィールドに挑戦するにあたり、どのように企業を選ぶべきかがわからないということで相談にお越しいただきました。

ベンチャー企業に挑戦を決めた理由

Yさんは、漠然と大手企業の法務部門への転職をイメージしていました。しかし、実際に面接を通じて具体的な業務内容を聞くにつれて、業務範囲や決裁権に物足りなさを感じたそうです。
そこで弊社からは、小規模な企業の法律相談を受けていた経験をいかせるベンチャー企業をお勧めしました。
最初は、小規模組織の状況を知っていることもあり応募を躊躇していたYさんでしたが、特にお勧めの企業をご紹介し、まずは応募して話を聞く機会を得る事をお勧めしました。
結果的に、その企業から内定を得ることが出来ました。

初めてのインハウスで弁護士が注意すべきこと

インハウス弁護士といっても、転職先の事業規模や成長段階によって、担うべき役割は大きくことなります。漠然と企業規模や年収で選ぶのではなく、何をやりたいのかを明確にして、その希望が叶う転職先を継続的に探すことが大切です。
特にどのような業務に携わりたいのかは、企業のステージや組織体制に大きく影響を受けます。自分がやりたいことや叶えたい希望とマッチする企業なのかを見極める必要があります。
また、必ずしも入社時点では希望が全て叶わなくても、将来的に機械があるのかを確認することも必要です。

会計事務所・税務スタッフの求人を確認する!

ほかの転職成功事例もチェック!

理想の弁護士への一歩 ──
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS-Japan が弁護士の転職をサポートいたします。

弁護士の転職サポートに登録

To Top