弁護士・税理士補助の転職成功事例

弁護士・税理士補助の基礎知識 転職成功事例

企業内弁護士(事業会社)

法務のスペシャリストとして働ける環境を目指して。ワークライフバランスの確保も実現させた成功事例

2017/12/04

【今回の成功者】
Kさん
33歳・男性
資格:弁護士

<転職前>
非上場メーカー 年収700万円
<転職後>
上場企業 年収750万円
エリア:東京都

慢性的な長時間労働を見直したい!

Kさんは弁護士資格取得後法律事務所に勤めておりましたが、企業法務の分野でキャリアアップを希望され、企業内弁護士として事業会社に転職をされました。しかし、当初想定されていた以上に法務以外の業務量が増加してしまい、慢性的な残業が続くようになってしまったそうです。そこで、法務業務に専念できる環境と、家庭とのバランスを保つことを目的に、転職を決意されました。

同じ失敗を繰り返さない為に、確認事項は慎重に

現職では幅広い業務に携わることができましたが、法務のスペシャリストを目指すKさんにとっては、その環境がネックになっておりました。その為、今回のご転職では残業時間・業務内容に関して慎重に、入念に確認しながら転職活動を進めていらっしゃいました。弊社からも、ミスマッチの無いよう、企業様に対して選考中に現場の方とお話できる機会をなるべく設けていただくよう依頼をさせていただきました。
最終的に、Kさんは東証一部上場企業への転職を決められました。現場の方とのご面談を経て、懸念点も払拭できた為、安心して内定をご受諾されました。

働き方改革を行っている上場企業

上場企業の法務職に対して、Kさんは当初は多忙なイメージを持たれておりました。しかし今日では、上場企業を始めとした時短勤務やフレックスタイム制の導入など、働き方改革を行っている企業が増えてきております。事前のイメージだけではなく、面接や面談を通して企業理解や働き方イメージを掴んでいただけたらと思います。転職エージェントの企業担当からも、企業の社風や魅力ポイントなどをお伝えすることも可能ですので、上手に活用しましょう。

会計事務所・税務スタッフの求人を確認する!

ほかの転職成功事例もチェック!

理想の弁護士への一歩 ──
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS-Japan が弁護士の転職をサポートいたします。

弁護士の転職サポートに登録

To Top