会計事務所・税務スタッフ・税理士補助のキャリアパス  キャリアフィールド 資産税(相続・事業承継)

会計事務所・税務スタッフ・税理士補助のキャリアパス

7つのキャリアフィールド~

資産税(相続・事業承継)

税務スタッフがスペシャリティを発揮するのは、その名の通り税務分野の業務になりますが、大別すると、法人向け業務と個人向業務に分けることが出来ます。個人向け業務は、小規模な個人事業主や、医師、芸能人、スポーツ選手等の顧問業務等がありますが、そういった中でも、個人富裕層(企業オーナーや不動産オーナー等)を中心に、相続・贈与、事業承継等に特化した、所謂、「資産税」に強みを持った事務所は、会計事務所業界でも独特な立ち位置にあると言えます。
資産税特化型の会計事務所として有名なものに、税理士法人タクトコンサルティングや、税理士法人レガシィ等が上げられます。また、Big4税理士法人や辻・本郷税理士法人、税理士法人山田&パートナーズといった大手総合型事務所においても、資産税・事業承継等の専門チームが置かれています。更には、前述の事務所から、独立開業した中規模~小規模の会計事務所や、地域に根差して資産税に強みを持っている個人会計事務所も多数あります。
なお、大きな括りとして、資産税特化型の会計事務所というジャンルをピックアップしていますが、資産税特化型の会計事務所も、更に細かく分類していくことが出来ます。まず、分かり易い分類をすると、相続税・贈与税といった「税務申告」を中心に行っている会計事務所と、相続・事業承継の「対策」を中心に行っている会計事務所とに大別することが出来ます。前者の方は、比較的、課税資産額が小規模であることが多く、複雑な相続対策を講じるというよりは、申告の数をこなしていくイメージの事務所になります。後者の方は、反対に課税資産額が大きな富裕層、つまり、事業オーナーや不動産オーナーの莫大な資産を、いかに保全しながら、適切な税金を払っていくのかといった、複雑なコンサルティング業務を行ってくことに特徴があります。また、事業オーナーの場合、その会社が上場企業なのか非上場企業なのかといった点でも、対策案が全く異なってきます。更に、不動産オーナーの場合、そういった資産をどのように有効活用していくのかといった観点もコンサルティング業務の中で必要になってきます。
どの業務においても同じことが言えますが、「どのような顧客に対し」、「どのような業務を提供するのか」といった観点で、会計事務所を選別していくことが非常に重要であり、資産税の分野においてもそれは例外ではなく、むしろ、かなり重要なポイントになると言えます。
将来、税理士になってから独立開業を目指している税務スタッフの方々にとって、武器の一つとして「資産税」のスキルを身に着けたいという方は非常に多いのですが、ヒエラルキーのトップに位置する「超富裕層」を対象にした資産税スキルを身に着けることと、数の多い「大衆層」を対象にした資産税スキルを身に着けることは、大きく異なります。前者は対象者が少ない代わりに一件ごとの関与度合いも深く報酬は高額ですが、後者は全く反対の性質を持っていると言えます。自分が将来独立するに際し、対象とするお客を想定しつつ、そこから発生する資産税はどのようなタイプの案件になるのか、といったことも念頭に置きながら、転職先を選定していく必要があります。
また、税理士有資格者にならないと、資産税系の案件にはタッチさせないというような会計事務所も場合によってはありますし、そもそも税理士でなければ採用すらしてくれないという税理士法人もあります。税務スタッフの方々は、そういった側面もよく理解しながら、どのようにしたら資産税キャリアを構築していけるのか考えていく必要があるでしょう。

会計事務所・税務スタッフのその他のキャリアフィールドをチェック

  • BIG4税理士法人~準大手税理士法人
  • 資産税(相続・事業承継)
  • 外資系特化型会計事務所
  • 業種特化型会計事務所
  • 個人会計事務所
  • 一般事業会社
  • コンサルティングファーム・その他

仕事観フィールドをチェック

  • 未経験可の会計事務所でキャリアをスタートさせたい
  • 資格試験と実務を両立させたい
  • 年収をUPさせたい
  • 専門性を高めたい
  • 福利厚生が充実している会計事務所で働きたい
  • 離職率が低い会計事務所で働きたい
  • これから成長する会計事務所で働きたい

ほかの転職成功事例もチェック!

理想の会計事務所・税務スタッフ・税理士補助への一歩
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS-Japan が
会計事務所・税務スタッフ・税理士補助の転職をサポートいたします。

会計事務所・税務スタッフの転職サポートに登録

To Top