公認会計士のキャリアパス  ベンチャー企業

公認会計士のキャリアパス

7つのキャリアフィールド~

ベンチャー企業

現在のようにIPO市場が活発な場合、数多くの会社が新規株式上場を狙って会社を大きくさせようと努力をします。「オーナー企業からパブリック企業へ」その過程でベンチャー企業に飛び込む公認会計士もいらっしゃいます。
因みに、ベンチャー企業で公認会計士が活躍できるフィールドは多岐に渡ります。例えば、上場基準での会計処理に耐えられるだけの経理体制を構築、ベンチャーキャピタルや証券会社などから資金調達を実施、会計事務所や監査法人の対応、上場申請書類の作成、内部統制の導入、その他諸規定の作成など、タスクを挙げればきりがないというのがベンチャー企業の実態だと言えるでしょう。このようにベンチャー企業は成長過程の真っ只中にあるため、社内で整備を進めるべき点も多いのですが、一方で会社や組織の構築にダイレクトに関われるという点は最大の魅力ではないでしょうか。
また、ベンチャー企業の中には世の中を変えるような革新的なビジネスモデルや技術を有している会社もあり、そういった会社と共に社会にインパクトのある商品やサービスを投入できる点が魅力だと言う方もいます。また、ストックオプションを付与されれば上場した際に大きな利益を得られるのでチャレンジのし甲斐があるという方もいます。いずれにしても、会社を作っていく、ビジネスを育む、世の中に新しい価値を発信する、という志向性の方にはお勧めの選択肢ではないかと思います。

公認会計士対象 IPO準備中企業の求人はこちら

公認会計士対象
IPO準備中企業の求人はこちら

公認会計士のその他のキャリアフィールドをチェック

  • 監査法人
  • コンサルティング
  • 税理士法人
  • 金融機関
  • 上場企業
  • 外資系企業
  • ベンチャー企業

ほかの転職成功事例もチェック!

理想の公認会計士への一歩 ──
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS-Japan が公認会計士の転職をサポートいたします。

公認会計士の転職サポートに登録

To Top