公認会計士の転職成功事例

公認会計士の基礎知識 転職成功事例

監査法人

専門性を求める40代・公認会計士が、上場企業管理部長の次に選んだキャリアパスとは。

2017/01/16

【今回の成功者】
Nさん、45歳/男性
転職前:上場企業(年収:1400万円)
転職後: Big4監査法人(年収:1200万円)

公認会計士としての専門性を取り戻したい!

Nさんは、監査法人からキャリアチェンジされ、事業会社でご経験を積んできました。
事業会社では、最終的に上場企業の管理部長のポジションに上りつめ、一見すると順風満帆に思えるご経歴でした。しかし、実際の業務では、会計知識を使う機会が皆無になっていた事に加えて、管理部門はコストセンターという考えが色濃い企業だったため、公認会計士としての専門性を失ってしまう危機感を覚え、転職活動を開始されました。

改めて公認会計士の専門性を求めた末に、選択した結論は…。

転職活動の方針を決めるにあたり、Nさんが求める専門性を知る必要があったため、Nさんにとっての公認会計士の専門性について、整理をさせて頂きました。その中で、監査法人やコンサルティング会社、ファンド、会計事務所など様々な選択肢が出てきましたが、最終的には会計監査を軸に会計コンサルティングに展開していく事が、Nさんにとっての公認会計士としての専門性だという結論に至りました。そこで、弊社からは大手監査法人をご提案し、無事に転職先を決めることができました。

公認会計士の活躍できるフィールドは広がっている

金融危機以降、監査法人から事業会社に転職する公認会計士の方が増え、新しいキャリアパスが確立されました。その一方で、Nさんのように、事業会社では公認会計士としての専門性を活かしきれないと感じる方も出て来ています。いずれにしても、監査法人と事業会社の間での人材の流動性が高まる事で、公認会計士の方の新しい可能性が広がっていくと考えられます。

ほかの転職成功事例もチェック!

理想の公認会計士への一歩 ──
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS-Japan が公認会計士の転職をサポートいたします。

公認会計士の転職サポートに登録

To Top