サンプル付き 職務経歴書の書き方サンプル付き 職務経歴書の書き方

職種毎に異なるアピールポイントを意識して書いた職務経歴書と、意識せずに書いた職務経歴書では、たとえ同じ経歴であったとしても評価に大きな差が出ます。各職種特有のポイントを押さえ、魅力的な職務経歴書を作成しましょう。

英文レジュメ サンプル

英文レジュメのポイント

英文とはいえ、基本的な内容や職種別の内容については、和文のものと同様です。
ただし、書式については下記のサンプルのように英文レジュメ特有の書式があるので、それを踏まえて作成する必要があります。
語学力の記述はTOEICのスコアだけでなく、読み書き、会話のレベルがわかるように記入します。

また、業務でどの程度英語を使用していたかがわかるように表現しましょう。

英文レジュメサンプル

  • 基本的には和文と同様だが、書式の違いに注意する
  • 読み書き、会話の具体的なレベル感が伝わるように記入する

Personal Data

  • 一番初めには個人情報を記入する。
  • 主に、氏名、住所、連絡先(Tel/E-mail 等)を記載。

Objective

  • 応募する職種やポジションを明確に記載する。
    多企業・他業界へ応募するために併用する場合は省略も可能。
  • 例)To seek a position as accountant in a senior position and to gain
    Further experience in accounting field.

Experience

  • 職務経歴を記載する欄。和文の職歴の書き方と多少異なるため、下記の点に注意する。
  • ①最新の経歴から順に遡って記載する
  • ②勤務期間、社名、所在地、ポジションを記載する
  • ③実際に携わった業務内容を詳細に明記する。
  • 例)Financial Planning and Analysis Manager, XXX co. Ltd, Tokyo (19xx-20xx)
    □ Analyzed monthly operating cost and prepared report.
    □ Prepared annual budget and led 3-year business plan.

Education

  • 最近のものから順番に学歴を記入。学校名は英語の呼称を間違えないように注意する。
  • 例)University of Iidabashi, Tokyo, Japan
    B.A. degree in Economics, March 1992

Language

  • 外資系で働く場合は、語学力が重要なポイントになる。
    単にEnglish:fluentと書くのではなく、TOEFL、TOEIC、英検(日本英語検定協会・実用英語検定試験)などの、最新のスコアを簡潔に記入する。
  • 例)Fluent in English as well as in Japanese.
    Some Chinese- speaking ability.
    January, 2005;Scored 920 on TOEIC

Skills

  • コンピューターなどの資格および技能については、機種名や言語名などを簡単に記入する。
  • 例)Computer Skills: Word, Excel, Power point, Access

職種別! 職務経歴書サンプル職種別! 職務経歴書サンプル

職種別に職務経歴書サンプルを用意しました。選考をより有利に進める職務経歴書を作成しましょう。

経理・財務 人事・総務 法務 弁護士
公認会計士(一般) 公認会計士(事務所) 税理士(一般) 税理士(事務所)
会計事務所 監査法人   英文レジュメ

職種別に職務経歴書サンプルを用意しました。選考をより有利に進める職務経歴書を作成しましょう。

転職トピックス転職トピックス一覧

業界情報や転職に関する情報等さまざまなトピックスを発信しています。転職をお考えの方もそうでない方も、ぜひご覧ください。

3分でわかる最新人事コラム3分でわかる最新人事コラム一覧

会員登録[無料]

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

登録1分

初めてご訪問の方へ

管理部門特化型エージェント No.1
MS-Japanのサービスをご覧ください!

MS-Japanの転職サポートサービスについて

セミナー・個別相談会 開催中セミナー・個別相談会

セミナー・個別相談会一覧

メールマガジン登録[無料]メールマガジン登録[無料]
最新求人情報や転職に役立つ情報をメールで配信します。
おすすめキャリア診断[無料]おすすめキャリア診断[無料]
アドバイザーが直接あなたの可能性を診断!
To Top