転職トピックス

公認会計士

タイプ別のマネジメントで、人的トラブルのリスクを回避する【コラム】

2017/10/04

20171004topics.jpg

監査法人から企業経理にキャリアチェンジした公認会計士の中には、会計知識とは別の知識が必要だと感じた方が少なくありません。企業が作成した財務諸表に対して意見を述べ、保証する監査と、機能の異なる他部門とコンセンサスを取って経営数値を収集して財務諸表を作成・分析する経理実務。業務のギャップ、進め方の違いに戸惑う方もいるのではないでしょうか。
特に管理職としてキャリアチェンジした場合には、人材のマネジメントや生かし方、その難しさに初めて直面するかもしれません。公認会計士同士であれば苦労せずに共有できたことも、企業経理となると一筋縄ではいかないことがあるからです。

そんな場面で、組織にとっても個人にとっても有益とされるタイプ別のコーチングのスキルがあります。今回のトピックでは、すぐに活用できて、応用範囲の広いコーチングスキル、「ウィル・スキル・マトリクス」をご紹介します。

リーダーシップを発揮するには異なる面から人物を見ることも必要

ある国際機関の有能な主席エコノミストが、部下の研究員たちから反発を受けて管理職から外されました。反発の原因は「コミュニケーションの正確さを重視しすぎて、感情面に十分配慮できていなかった」ことでした。たとえば、電子メールの文章をより短くするよう、プレゼンテーションは本論にすぐ入るよう主張したり、部下の研究員の話が長ければ途中でさえぎってしまったりするなど、主席エコノミストが自身と同じ仕事のスタイルを部下にも取らせようとした結果、部下たちから「ぶっきらぼうで、話をよく聞かない上司」と判断されたのです。

会計は専門職であるという態度で高所から指示を出すだけでは、どれほど有能な上司の下で働いていても、周囲との軋轢を生みます。組織で働く部下には、上司への信頼や、主体性、さらにはやる気も必要です。会計プロフェッショナルの皆さんも、問題解決や目標の実現に向け、チームをまとめたり牽引したりと、何らかのリーダーシップを発揮する機会はあるかと思います。そのとき、役立てたいのが、異なる複数の角度から人物を見るコーチングスキルです。
今回は、さまざまなタイプの部下と賢くかかわるためのスキルのひとつ、「ウィル・スキル・マトリクス」についてご紹介します。

能力と意欲を高めるコーチング、「ウィル・スキル・マトリクス」

コーチングは、コンサルタントやアドバイザーなどのように相手に提案・教示するのではなく、相手への問いかけを通じて目標を明確に導き出し、能力を発揮できるようにもっていきます。それによって能力の開発と、個人の主体性を両立します。能力に見合った課題を共に考え、意欲にふさわしい動機づけを一緒になって行うのです。
その代表的なフレームワークが、「ウィル・スキル・マトリクス」です。組織のマネジメント研修でも必須の内容であり、わかりやすく実践しやすいので、新しく管理職を務めることになった方でも人材育成アプローチとして活用しやすいものといえます。

まず、対象者の「やる気:ウィル(Will)」「能力:スキル(Skill)」の2軸のマトリクスを使い、個々の人材を大まかに把握します。

 

能力・スキル

低い

高い

やる気・

ウィル

高い

B2クラス人材

(スキルの定着を目的)

(指導する・やらせる・ほめる)

Aクラス人材

(スキルとやる気の発揮、維持)

(任せる・新たな挑戦)

低い

Cクラス人材

(スキルもやる気も必要)

(具体的指示・命令など)

B1クラス人材

(やる気向上、目覚めを目的)

(本人の思考を理解し、関与)

「やる気もスキルも高い」人をAクラス、「スキルは高いがやる気不足」な人をB1クラス、「やる気は高いがスキル不足」な人をB2クラス、「やる気もスキルも低い」人をCクラス、と4つのクラスに分類します。この分類をもとに、Aクラスには「任せる・新たな課題を出して挑戦してもらう」、B1クラスには「本人の思考を理解し、管理者が関与し本能を目覚めさせる」、B2クラスには「指導する・やらせる・誉める」、そしてCクラスには「具体的な指示を与え、命令する・やる気向上へリードする・後輩や部下をつける」といったアプローチを使い分けていきます。

会計業務、経理業務の棚卸しを一度行っておき、どのようなことを自部門が組織としてしなければならないのか全体像を掴んだうえで、それを明らかにします。そして、個人の資質を見て、考えや目標を引き出しつつ、話し合って一緒に決めていくことになります。それが、ウィル・スキル・マトリクスを活用してのコーチングです。

ウィル・スキル・マトリクスの注意点

スキルは比較的容易に把握することが可能ですが、ウィルの把握は主観に偏りすぎないことが大切です。またマトリクス上、ウィルやスキルを分けて考えていくことが大切とはいえ、当然、両者は密接に関わっていることを忘れてはなりません。割り当てられた仕事と本人がやりたい仕事とのアンマッチによりウィルが落ちている場合もありますので、タイプ別にマトリクスにあてはめる前に、きめ細やかなヒアリングが必要となるでしょう。それぞれの能力や可能性を引き出すのがコーチングの前提だからです。

いかがでしたでしょうか。
公認会計士が企業経理スタッフとなったときに感じる大きな違いは、公認会計士でなければできない業務に限らず、さまざまな実務も並行して行うことと、いつも他の同僚や部下たちと席を並べて一緒に働くということです。クライアントへの直行・直帰もありません。
仮に、管理職やマネジャーとして迎えられたとしても、実際の現場では、一人の組織人として、どのようなタイプの部下ともうまくやっていかなければならないのです。
また、外部からのプロフェッショナルな人材に期待されるのは、組織の維持だけではなく、現有戦力の引き上げ、会計人としての能力の開発までも求められることが多いといえます。
このように、会計業務を遂行しつつ、会計人材も育成しなければならない状況では、しっかりとした裏付けのある、汎用的なコーチングのスキルが役に立ちます
ご興味をお持ちいただいた方は、コーチングについて詳しく学んでみてはいかがでしょうか。
公認会計士として培った経験・知識に、新しいマネジメントスキルを身につけて新天地でご活躍いただければ幸いです。

【この記事を読んだ方におすすめのサービス】
◆≪会計業界の転職にも特化!≫MS-Japanの無料転職サポートサービスとは?
◆≪転職で譲れないポイントを相談&発見!≫無料転職相談会・無料転職セミナー
◆≪期間限定プレゼント有≫転職や会計業界のお役立ちトピックスをキャリアアドバイザーが毎週ご紹介!メルマガ登録はこちら

(記事提供/株式会社エスタイル)

次の記事 > 年収、徹底比較!英語がデキル/デキナイ公認会計士の差。【コラム】

前の記事 > ≪税理士版≫新世代の独立開業、これからのトレンドは?

ほかのトピックスもチェック!転職トピックス一覧

3分でわかる最新人事コラム3分でわかる最新人事コラム一覧

日本最大級!管理部門と士業がつながるサイト Manegy[マネジー]日本最大級!管理部門と士業がつながるサイト Manegy[マネジー]


セミナー・個別相談会 開催中セミナー・個別相談会

セミナー・個別相談会一覧

To Top