税理士の転職

税理士版 転職活動の基礎知識

~転職を始める前に知っておきたい6つのこと~

転職を始める前に知っておきたい6つのこと

  1. 転職活動の開始時期

    確定申告や3月決算法人の申告時期などは業界的にも繁忙期ですが、それ以外の時期であれば転職活動の開始時期としては問題ありません。また、繁忙期明けから求人情報の収集や応募書類の作成などを始めると、具体的に転職活動を始めるタイミングが遅れてしまうため、事前に転職市場の状況や求人ニーズなどを把握しておきましょう。
    ※応募を始める2週間前を目安に応募案件の検討を進めることをお勧めします。

  2. 選考の方法と期間

    転職活動は、書類選考と面接の二段階が基本です。
    因みに、面接回数や選考期間は以下の通りです。

    【会計事務所・コンサルの場合】面接1~2回。応募から10~20日で内定。
    【一般事業会社の場合】面接2~3回。応募から20~30日で内定。

    上記はあくまで傾向ですので、案件ごとに別途確認が必要です。

  3. 履歴書・職務経歴書

    税理士に関しては、担当件数や顧客の業種、対応可能な法人の規模感、その他、相続税申告や事業承継対策など、携わったことがある業務は端折らず、正確に記載することが重要です。また、法人顧客の顧問を行う中で税効果会計や外形標準課税、組織再編、連結納税などの特殊業務経験が生じた場合は、他候補者との差別化に役立ちますので是非記載するようにして下さい。※詳しくは「税理士の職務経歴書」にてご確認下さい。

  4. 書類選考通過率

    応募対象と経歴のマッチ度、他候補者数によって異なるため、あまり気にしても仕方ないものですが、30~40%程度通過していればまずまず良い方です。
    50~60%通過している場合は、応募対象の選別が上手くできていると言って良いと思います。
    逆に20%未満の場合は高望みし過ぎかもしれませんので、必要に応じて応募対象を見直す必要があります。

  5. 内定に対する返答期限

    会計事務所業界は、初回面接で所長が出てくることも多く、面接~内定が出るまでの期間が短い点が特徴です。一方で、一般事業会社の場合は、書類選考にかかる期間、面接の回数、条件提示に至るまでの社内プロセスが長い傾向にあり、会計事務所業界と比べると選考期間が長くなりがちです。因みに、会計事務所業界、一般事業会社ともに内定への返答期限は1週間前後となっていますので、内定が出てから受諾するまでの時間も計算しながら各選考を受けて頂くことをお勧めします。

  6. 入社(引継)期間と入社時期

    一般的には内定受諾から入社するまで2~3ヶ月としている会計事務所が多いです。
    因みに、一般企業に関しては上記期間が1~2ヶ月程と若干短めですのでご注意ください。
    いずれにしても、入社までの期間は最長で3ヶ月程、それ以上になってしまう場合は、ご応募をされる前段階でご相談を頂ければと思います。

理想の税理士への一歩 ──
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS-Japan が税理士の転職をサポートいたします。

税理士の転職サポートに登録

To Top