採用成功ガイドRECRUIT GUIDE


目次


    企業の人手不足解消の鍵として外国人労働者の雇用に注目が集まっています。外国人労働者の受け入れや環境整備や雇用手続きなど注意点も多いです。そこで今回は、外国人労働者を採用するメリットや課題、受け入れる際の注意点について解説してきます。外国人労働者の採用を考えている方は参考にしてみてください。

    増える外国人労働者

    日本の労働人口不足の対策として、政府も外国人労働者の受け入れを推進しています。外国人が日本で就労する際には在留資格が必要です。2019年には法改正が行われ、在留資格「特定技能」が創設され、外国人労働者を確保することがより容易になりました。今後ますます外国人労働者は増加すると考えられます。

    なぜ外国人が日本で働くのか?

    アデコ株式会社の調査によると、ホワイトカラーの外国人材が日本で働く理由として以下のことが挙げられます。

    1:住みやすいから
    2:日本に興味があるから
    3:やりたい仕事があるから

    世界的にみても日本は治安の良い国として知られており、その住みやすさに惹かれる人は多いです。また、日本そのものに興味があるなど日本という国の良さに惹かれるケースもあります。他にも自身のキャリアにつながるやりたい仕事が日本にあることなどが挙げられていることは興味深いです。外国人留学生が日本で培った留学経験を活かしたいなどの理由から日本での就労を希望するケースもあります。

    外国人を採用するメリット

    外国人を採用するメリットとして以下のことが挙げられます。

    人材不足の解消

    日本人の労働人口は減少傾向です。少子高齢化もあり、今後ますます日本人労働者は減少することが考えられます。外国人労働者を採用することは、人材不足解消に役立ちます。また、大企業だけではなく中小企業でも優秀な若手人材を確保することも可能です。

    海外進出の促進

    海外進出をする場合、相手国の言語がわかる人材がいることはビジネスを推進する上で大きな力となります。また、現地の人と取引をするときに信頼を得やすいです。他言語対応が可能となり、グローバル化が進みます。海外まで市場を広げることが可能です。外国人を採用することで日本企業が海外進出しやすくなります。

    多様性が豊かになる

    外国人ならではの新しい発想が社内のビジネスの成長を促すことがあります。外国人がいることで、多様性が豊かになることもメリットです。日本人では気づけなかった問題点を発見するケースもあります。日本人と異なる環境・文化で育ってきた人材の視点は貴重です。また、外国人を雇うことでその国特有の技術の習得などができるようになる可能性があります。

    社員のモチベーションが向上する

    自国を離れて日本で就労することを選ぶ人は、学習意欲が旺盛でチャレンジ精神に富んだ人が多いです。そのため、採用することで日本人社員のモチベーションが向上する効果が期待できます。外国人労働者にとっては日本語の上達につながりますし、日本人社員にとっては外国語を習得しやすくなることもメリットです。

    外国人を受け入れる際の課題