採用成功ガイドRECRUIT GUIDE


目次

    内定辞退率60%超!中途採用の内定辞退を防ぐ3つの方法

    せっかく内定を出しても辞退されてしまうケースがあります。今回は、候補者が内定を辞退する主な理由や内定辞退を防ぐ3つの方法について解説します。内定辞退の対策をすることは、自社に合う人材を採用するための工夫にもつながります。候補者が内定を辞退する主な理由を理解して、効果的な対策を実施しましょう。

    内定辞退率がどれくらい?

    内定辞退率とは、特定の期間に内定を辞退した人の数で、「内定辞退者数÷内定取得者の総数」で算出されます。中途採用の場合は、内定辞退率の平均を出すことは難しいので、新卒採用の場合にどのくらい内定辞退率があるのか見てみましょう。

    リクルートキャリアの就職みらい研究所によると、2020年卒の8月1日時点の就職内定辞退率は62.7%。2019年卒の8月1日時点における61.6%と比べて、1.1%上昇しました。また、内定を出した人のうち、半数以上が内定を辞退していることがわかります。人事担当者は内定辞退があることを考慮した上で採用活動を展開する必要があると言えるでしょう。

    キャリタスリサーチのデータによれば、複数企業から内定を得た学生の場合、流通や商社に内定が決まって辞退した人は他業種への就職を決める傾向があり、製造やIT・情報などで内定を辞退した人は、同じ業種で別の企業に就職しているケースが目立ちます。一口に内定辞退と言っても、業種によって、その後の動向には差があると言えるのです。近年、学生からの内定辞退に悩む企業が増えています。

    2019年に発覚したリクナビを運営するリクルートキャリアが、「リクナビDMPフォロー」サービスにおいて、ユーザーである学生に十分な説明をすることなく企業側に内定辞退率を予測し販売していた問題が、記憶に新しい方も多いでしょう。この問題の背景として、内定辞退に悩む企業が多いことを指摘する人もいます。複数の企業から内定を得た学生が内定を辞退するケースは今や珍しいことではないのです。

    候補者が内定辞退する理由


    候補者が内定を辞退する理由としては、様々なことが考えられます。主にあげられるのは次の4つです。

    他社との比較

    他の企業でも内定を得ている場合、他社と比較して内定を辞退するケースがあります。他社と比較して志望度が高くない時は、内定辞退を選ぶ人もいるのです。他に第一志望の企業があり、そちらから内定が出た場合は辞退される可能性が高いと言えます。他社との比較でどの企業を選ぶかは内定者次第ですので、無理に引き止めることはできません。ただし、自社の魅力をしっかりと伝えて「この企業に入りたい」という気持ちを高める工夫はすることはできます。就職活動の時は志望度が低くても、その後の対応で心変わりするケースもありますので、人事担当者は自社の魅力を伝える努力をすることが肝心です。

    給与などの条件面

    条件面で折り合いがつかず、内定辞退となるケースもあります。中途採用の場合は、他社を経験している人が多いですから、条件面で比較が生じるのは自然なことです。条件面で折り合いをつけないまま入社したとしても、早期退職につながりリスクがあります。条件面で齟齬が発生しないように、採用ページで条件を提示したり、選考時にすり合わせを行うなど、しっかりと情報を伝え納得してくれる人を選ぶことが大切です。

    面接官の印象

    面接官の印象が悪く内定辞退になるケースもあります。選考段階は、企業側が候補者を見る場であると同時に、候補者からも見られている場です。面接官の態度が原因で内定辞退になってしまうことを防ぐためにも、面接官の教育をしっかり行う必要があります。近年はWeb面接も増えてきています。対面の面接で経験がある面接官でもWebに慣れておらず、悪い印象を与えてしまうケースがありますので注意しましょう。対面でもWebの面接でも、それぞれしっかりと選考ができ、かつ候補者に不快な思いをさせないように配慮することが求められています。

    社風があわない

    選考の段階や社員の人の話を聞いて社風が合わないと感じたことが内定辞退の理由になるケースもあります。この場合、具体的な理由があるというより、候補者の直感によるものです。意外と社風が合わないことを理由に内定辞退をする人はいます。もし社風が合わないと感じて辞退する人が多い場合は、選考段階から、スキル面だけではなく自社の社風に合う人材かに注目して選考するというのも一つの手です。社風が合わないと感じる人が入社しても、結果的に早期退職につながるケースがあります。自社に合う人材を探すことも大切なポイントです。

    内定辞退の理由は1つだけとは限りません。複数の理由が重なって辞退する人や、こちらに挙げた以外の理由で内定辞退する人もいます。もし可能であれば、内定を辞退した人にアンケートをとって、原因がなんなのか探ってみると良いでしょう。明確な改善点が浮き彫りになった時は、改善のチャンスです。双方が納得できていれば、内定辞退だけではなく早期退職を防ぎ、自社の力の向上につなげることができます。

    内定辞退を防ぐ3つの方法