採用成功ガイドRECRUIT GUIDE


目次


    採用にはコストがかかりますが、自社が負担しているコストが妥当な金額であるかどうかはなかなか判断しづらいものです。特に中途採用の場合には、新卒採用のように同業他社と横並びで採用活動に臨むわけでもないので、余計に採用コストが適切であるかどうか判断に困りがちです。
    過度なコスト負担を避けたいのは当然ですが、コストが少なすぎれば採用という目的も達成しづらくなってしまいます。この記事では中途採用にかかる採用コストの目安について取り上げていきますので、是非参考にしてみてください。

    中途採用の採用単価


    中途採用にかかる採用コストの目安として、3つの平均値をご紹介します。

    一人あたりの採用単価

    中途採用一人あたりの採用単価の平均は62.5万円であり、新卒採用(53.4万円)と比べると高いです。採用コストには求人広告掲載費、求人サイト利用料金、説明会の実施や面接、研修を行うためにかかったすべてのコストが含まれています。新卒採用の場合には、一度の説明会・選考で複数名を採用するケースが多いので、ひとりあたりの採用単価を抑えられています。必要なポジションを任せるためにピンポイントでの採用を図る中途採用の場合には、新卒採用時より採用活動の規模は小さくなりがちなものの、個々の対応が多くなってくることから採用コストが高くなってしまいます。

    <出典>
    株式会社リクルート「就職白書2019」

    一人あたりの業界別平均採用単価

    業界によって中途採用のかかるコストは大きく異なっています。医療・福祉(122.7万円)を筆頭に製造・メーカー(112.4万円)、運輸・流通(109.2万円)と100万円を超える業界もあれば、サービス・レジャー(26.6万円)、流通・フード(26.5万円)など30万円を下回っている業界もあります。これだけの違いが生じる理由は、一度の採用活動において複数名の採用を実現できるかどうかが大きく関係しているためです。医療・福祉や製造・メーカーの専門職の場合には専門的な知識が必要であり、資格取得が前提となってきますので、場合によっては一度の求人広告掲載で一人も採用できないこともあり得るため、コストが高くなっています。

    ※株式会社マイナビ「中途採用状況調査」(2018)より算出

    企業規模別平均採用単価

    企業規模別に平均して1年間あたりどれほどの採用コストをかけているのかご紹介します。300名以上の企業では1290万円、60~299名の場合には397万円、60名未満の場合には209万円となっています。このうち、求人掲載にかけたコストは300名以上の企業が445万円、60~299名の企業では215万円、60名未満の企業では120万円となっていますので、かかる採用コストのかなりの割合が求人掲載のみに費やされていることがわかります。企業規模が大きいほど採用コストをかけていますが、60名未満の場合でも200万円以上(100万円以上に訂正、出典元の額が119.6万円のため)の採用コストをかけています。

    ※株式会社マイナビ「中途採用状況調査」(2018)より算出

    採用手法別の採用単価

    求人広告の相場

    求人広告を掲載する場合、求人情報誌や求人情報サイトが主な利用先となります。その媒体や、契約するプランによっていくらか差異は生じますが、中途採用の場合には10~30万円が掲載にかかる平均的な目安となります。
    しかし、一度の掲載で必ず採用に結び付くわけではなく、何度も掲載を繰り返してやっと採用できる場合も少なくありません。このとき、求人広告費が積み重なってしまいますが、採用までにかかる求人広告総額の目安は採用する人材へと支払う給与の1ヶ月分が大まかな目安となります。給与月額50万円を支払う人材であれば求人広告掲載総額は50万円を、給与月額が25万円の人材であれば求人広告掲載総額も25万円を予算として考えます。

    人材紹介の相場

    転職エージェントなどの人材紹介サービスを利用する場合には、採用する人材に支払う理論年収の30~40%ほどが目安となります。
    給与月額50万円を支払う人材の場合、賞与を考えなければ年収600万円となるため、人材紹介サービスに支払う手数料が30%とすると180万円となります。求人広告掲載目安に比べると高額といえますが、人材について採用コストのみで判断すべきではありません。求人広告を介して安価に雇うことができても、自社にフィットせずに辞められてしまっては元も子もありません。活躍を期待できる人間を採用しやすい、採用に成功するまではコストが基本的にかからない、といった人材紹介サービスの利点に目を向ければ、人材紹介サービスが割高と一概には言えません。

    採用コストをおさえるポイント

    採用に成功するには、自社の求人をできるだけ露出させなければなりません。求人情報誌や求人情報サイトの利用にはお金がかかりますが、無料で露出できるサービスもあります。例えば、ハローワークの利用や店頭ポスターによって求人を行ったり、Indeed、求人ボックス、Googleしごと検索などの無料求人検索エンジンを利用したりすれば、コストをかけずに求人の露出を増やすことができます。また、自社のホームページやSNSを利用して求人を行うのも、採用コスト軽減に効果を期待できます。誰もが容易に情報発信できる今日にフィットした新たな採用のスタイルも浸透してきています。

    コストカットにつながる採用手法