人事の転職 年収アップを実現するために押さえておくべきポイント

人事・総務
2018/08/06

人事の転職 年収アップを実現するために押さえておくべきポイント

20180806topics.jpg

転職を希望する理由として、給与への不満を挙げる方がいます。特に人事として働いている方は、その不満が近い将来に解消されるものであるかどうか、なんとなくわかってしまう…ということも多いのではないでしょうか?
場合によっては仕事へのモチベーションが維持できない状況に陥ってしまうことも少なくありません。
このようなときには、転職して年収アップを叶えてみるという選択肢も、終身雇用が崩壊しつつある今日では当たり前のものとなってきています。
そこで必要となるのが、今回ご紹介する人事職ならではの転職のポイントを知っておくことです。

年収を上げるには転職すべき?しないべき?

人事という仕事は、とても幅広い業務を担当していくものであり、仕事を通じて雇用契約や社会保険に関する制度・法律の専門知識を身に付けていくこともできます。まさに一生使うことのできるスキルを得られますので、経験を積んでいくことそのものが自身の人材価値を高めることに直結していきます。
このため、能力と経験次第では転職市場で高い評価を受けられる可能性が高い反面、現職では正当な評価を受けていないといったケースも有り得ます。加えて、人事というヒトの管理機能は、どの企業においても必要不可欠なものであり、そのスペシャリストを求めるニーズは絶えることがありません。
人事として年収アップを実現させるためには、転職エージェントなどを通じて自分の市場価値を見積もっておき、5年後、10年後をイメージしながら転職するかどうかを判断するのがベターといえます。

転職して年収アップを目指すなら、遠慮せず給与交渉を

転職の場合には新卒時と異なり、決まった条件に当てはめられるわけではありません。人事担当者としてどれほどのスキルを持っており、どのような経験をしてきているのか、などを基準として年収が決められるため、求人案件には“500万円~700万円”といったように幅が持たせてあったり、“月給30万円以上”というように下限が設けられたりしています。
だからこそ、選考プロセスにおいて給与交渉をしなければなりません。
多くの場合、選考プロセスの終盤で希望年収を聞かれる形となり、この交渉が年収アップに直結していくでしょう。
ここで交わすお互いの要求が妥当なものであるかどうかを判断基準としても、自身の市場価値を知っておくことは重要なのです。自分の価値を知っておけば、転職希望先の採用担当者にとっても不釣り合いな要求をする人物と捉えられることもないでしょう。
そのため、転職エージェントなどに相談して自分の価値を理解しておきましょう。
また、選考時に希望年収を伝えづらい場合は、転職エージェントを経由するなど、工夫しながら伝えていきましょう。

転職で年収を上げるために最低限必要なスキルやポイント

人事は専門的な知識や経験が問われると同時に、業務の一つ一つに正確性が求められます。しかし、それら以上に重要視されているのは【コミュニケーション能力】と【バランス感覚】です。
人事という仕事は会社全体のことを考えて遂行されるものであり、相応の年収を求めるのであれば、部署間の調整を担当するなど幅広い視野を持っていなければ対応できない業務もスムーズにこなす必要があります。そうでないと、採用担当者にとって魅力的な人材には映らないでしょう。
さらに、社内外のトラブルにも対応しなければならない場面も少なくありません。それぞれの利害関係を調整してまとめ上げる能力が求められるため、上記の2つが重視されるのです。
例えば、社員のワークライフバランスの調整はコミュニケーション能力とバランス感覚がなければ対応できない業務の代表的なものといえます。

人事として年収を重視するのであれば、外資系企業への転職も

人事として転職する際に年収増を最優先するのであれば、海外に展開している企業や外資系企業への転職は目的達成のための近道となるでしょう。
この場合、語学力や他の国の文化への理解も問われますので、年収アップして当然ともいえますが、イメージ通りの活躍ができなければすぐに次の担当者へと交代させられるリスクも覚悟しなければなりません。
国内企業で人事として働くのと比較し、外資系であれば10%前後、企業によっては100万円以上の年収アップが実現できる場合もあります。外資系での勤務経験はその後のキャリア評価にも好影響を及ぼすことも考えられますので、積極的に検討してみるのもいいのではないでしょうか。
戦略的な業務を担当できる能力を持った人事だけでなく、採用担当などこれまでのキャリアを活かすことのできる人事も求められています。

まとめ

人事職は、企業によっては、職種柄残業はなるべくしないように努めているケースが多いため、ベース給与もしっかり確認することが大切です。そのためにも、自分の客観的な市場価値を知っておき、より価値を高められるように自己研磨を心がけましょう。また、定期的にその成果を確認しつつ、転職も視野に入れながらキャリア形成していくことをおすすめします。
人事は専門性の高い業務であることから、キャリアの積み重ねそのものが醍醐味であり、より多くの経験をしていくことがキャリアアップ、すなわち年収アップに直結していきます。
これらを総合的に判断しつつ、このまま現職を続けるほうが得なのか、転職したほうがいいのか考えてみてはいかがでしょうか。
自分が将来どのようになっているのかをイメージすることで、より判断の精度は高まりますので、人事としての自分の未来予想図を再確認してみましょう。

【関連記事】
人事が転職して年収アップを実現させるためのコツとは?
≪2016年版≫経理、人事、法務の年収動向を大公開!~平均年収は経理557万円、人事543万円、法務667万円という結果に~

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

初めてご訪問の方へ

管理部門特化型エージェント No.1
MS-Japanのサービスをご覧ください!

最新求人情報や転職に役立つ情報をメールで配信します。

アドバイザーが直接あなたの可能性を診断!