35歳経理。転職することはできますか?

経理・財務
2018/08/22

35歳経理。転職することはできますか?

20180822topics.jpg

かつては35歳転職限界説が囁かれ、経理職もそれに漏れず、『35歳になると転職のハードルが上がる』というイメージが強くありました。 しかし、人材不足にあえぐ企業が増えつつある今日、転職のハードルは依然と比較して低くなってきているようです。経理という職種は、現職で働く時間が長くなるほど、その会社独自の仕事の進め方に慣れてしまうこともあり、35歳を超えた経理の転職は、新しい環境に馴染めるのか、それなりのポジションを与えないと辞めてしまうのではと敬遠してしまう企業もあったようです。
しかし、売り手市場の現在は、“35歳の経理”の方々にとって、転職をするにはとても良い市況感かと思います。

この記事のまとめ

・人材不足が深刻化するばかりの労働市場において、35歳転職限界説はかなり薄れている

・35歳からの転職は、マネジメントスキルや専門的な知識の有無、人材育成を担当した経験なども評価されるポイントとなる

・年収目安として、3年以上の実務経験があるのであれば、年収相場は400万円ほど。30代は500万円、40代平均が600万円近く

35歳転職限界説とは?なぜ、そのように言われているのか

古くより採用の現場では、新卒採用を前提とした雇用慣行、研修体制によって会社組織を構成してきましたが、好不況の波を越えるうちに、労使ともにキャリアに対する意識が変わってきたため、転職は昔ほど珍しくないものになっています。
しかし、30代の転職となると、20代とは違った適性や経験が求められるケースも多いため、転職に苦労される方もいらっしゃるかもしれません。
多くの企業が30代に求める能力は、マネジメントスキルや専門的な知識であり、年齢が高くなればなるほど、更にハイレベルなものが求められます。30代後半への入り口となる35歳を、キャリアや人生においてひとつのボーダーラインと捉える人が多いことから、転職限界説が唱えられているのです。

現在の市況感でも、35歳転職限界説はあるのか?

人材不足が深刻化するばかりの労働市場において、35歳転職限界説はかなり薄れているのが実際のところと言えるでしょう。このような市況感も影響し、マネジメントスキルや専門知識の有無にこだわりすぎていては、他社に優秀な人材を奪われてしまう結果にもなりかねません。そのため、企業側が採用条件の幅を広げている傾向が見られます。これまで“その会社でしか通じないスキル”が評価されていたとしても、採用する側は、そのスキルを自社にフィットさせようといった意識が芽生えているのです。

経理については、“経理の実務は会社毎に違うから、慣れるのに時間がかかる”とこれまでは敬遠される場合もあったようですが、どのような会社であっても必要とする経理機能だけに、35歳以下のみを採用基準としていては組織体制が整いませんし、他のスタッフの業務量が過多となることも考えられます。

売り手市場でも、35歳の転職は決して簡単ではない?

しかし、いくら売り手優位だからといっても、35歳以上の転職が簡単というわけではありません。以前に比べると転職のハードルは下がっていますが、35歳からの転職はそれなりのスキルが求められます。
上記でも触れていますが、マネジメントスキルや専門的な知識の有無が問われますし、人材育成を担当した経験なども評価されるポイントになるでしょう。
しかし、経理職の場合はこの限りではありません。経理職は仕事内容が周囲からわかりづらいこともあり、客観的な評価をするための判断材料が不足している場合があります。本当の能力を図るためには、取得している資格や前職での経験業務など、客観的な要素も判断材料にする傾向が見られます。

35歳で経理の転職をした場合のモデルケース

経理は管理部門であるため、給与体系は経験を重視したものとなっており、3年以上の実務経験があるのであれば、年収相場は400万円ほどでしょう。実務経験がそれ以上となってくる経理財務職の30代の平均年収は500万円ほど、40代平均が600万円近くといった金額が年収目安となってきます。このような年収推移は、経験を重ねるほど決算業務などの複雑な仕事がこなせるようになっていくほか、財務に携わる立場として重要なポストを任せられることが原因となっています。

では、おすすめの業界はあるのでしょうか。経理に限らず、すべての職種に共通することですが、昨今需要の高くなってきている業界は高待遇を得られやすいと考えられます。例えば、建設業は近年需要も高くなっていることから、業績も好調な企業が増えると見込まれますし、その結果年収ベースも上がることが期待できます。他にも、収益性の高いIT・Web関係や、流動性の高まっている不動産業界もより良い条件を得やすい業界といえます。

まとめ

転職市場が売り手市場になったことで、これまで難しいとされてきた35歳以上の転職のハードルは低くなっています。
今後も慢性的な人材不足が続くことが見込まれるため、35歳転職限界説も過去のものとなっていくのかもしれませんが、企業が人材不足にフィットしていくことのできる体制づくりを進めようと、これまで人が行っていた仕事のオートメーション化を図っているのも事実です。
これらを総合的に判断すれば、今この時期こそが知識や経験を積み重ねてきた35歳以上の人材が転職するのに絶好のチャンスと考えられるのではないでしょうか。
特に、経理機能はどの会社も必要なポジションですので、そこで活躍できる人材を確保しなくてはなりません。知識や経験が大きく収入に反映される職種でもあるので、経理職として働いている皆さんにとっては、転職することでメリットを感じられるかもしれません。


【関連ページ】
【経理のおすすめ求人】経理経験者が転職して年収を上げるには!?
35歳経理。転職することはできますか?
30代・実務未経験者が経理職へ転職するために必要なこと


<参考>
経理業界ナビ-経理職の転職には、回数制限と年齢制限がある
MS-Japan-2015年の経理財務の年収調査を実施! 平均年収は562万円

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

初めてご訪問の方へ

管理部門特化型エージェント No.1
MS-Japanのサービスをご覧ください!

最新求人情報や転職に役立つ情報をメールで配信します。

アドバイザーが直接あなたの可能性を診断!