ブランクのある人が経理職として復帰するためには

経理・財務
2018/11/01

ブランクのある人が経理職として復帰するためには

ブランクのある人が経理職として復帰するためには

経理職として働いていたものの、結婚や出産・育児、別の職種へのチャレンジなど諸々の理由で経理から離れる人は大勢います。これらの人々が再び経理職として働いていこうと考えた場合、ブランクをどのようにカバーしていくのかはとても大切なポイントとなります。スキル的な面に加え、"雇っても、また辞められるのではないか"といった採用担当者の不安を解消できなければ、なかなか希望に沿う企業で働くことはできません。以下では、ブランクを経て経理職へ復帰しようとするときのコツをご紹介していきます。

復帰に向けて、資格取得を視野に入れた勉強をするなど準備しておく

しばらくのブランクを経て経理職として復帰しようとする場合、どれほどの知識が残っているのかを再確認するとともに、汎用性あるスキルを持っているとアピールするために資格取得を視野に入れた勉強をしていくのが好ましいといえます。

その理由は、経理という仕事そのものが客観性に乏しいことに加え、その会社ごとのやり方が踏襲されやすいため、過去の経歴ばかりをアピールしても採用担当者から評価されづらいからです。

このような状況を潜り抜けるには、どんな企業でも通じる汎用性あるスキルを持つと評価されやすいです。客観的な物差しとなる資格があれば、内定を獲得するための心強い武器となることでしょう。資格取得に向けた勉強自体が知識の再確認や補充へとつながっていき、復帰までのリハビリも兼ねて勉強しておくことが理想的です。

正社員にこだわらず、派遣やパートから復帰を狙うのも選択肢のひとつ

スキルとブランクのバランスによって、なかなか採用担当者から好ましい評価が得られずに内定を得られない場合もあります。そのようなときは派遣やパートから正社員を目指すのもひとつの選択肢となります。
特に派遣においては、派遣会社の多くが紹介予定派遣や有料職業紹介を行っていますので、正社員への道がいくつも確保されています。大手企業で経理職として働くことを希望しているのであれば、派遣のほうが入りやすいといえるでしょう。大手企業の場合、業務が細分化されており、それを派遣社員が担当しているケースが少なくないためです。

労働者派遣事業には様々な法的制約があり、一定期間、派遣社員として働いた人材は正規雇用へ切り替えるように定められています。コンプライアンスを大切にする大手企業であれば、このような事情も追い風となってくることが考えられます。

就業について熱意を伝え、採用担当者の不安を払拭するのが必要

就業について熱意を伝え、採用担当者の不安を払拭するのが必要

採用担当者はどうしてもブランクが気になるものです。その理由は、せっかく雇ったのにすぐに辞められては困ると考えているからです。
例えば、まだ子供が小さい場合には、"就業時間を守ることができないだろうから雇いづらい"と思われることも少なくありません。しかし、ブランクは選考過程でマイナス評価を受けやすいかもしれませんが、それらの評価は業務をこなすためのスキルとは無関係であり、覆しやすいともいえるでしょう。

採用担当者に向けて、これから経理職としてしっかりと働いていきたいと考えていることを明確に伝えるようにすれば、ブランクから受ける逆風もいくらか弱まるものです。
その際、就業後に向けてどのような努力を自分なりにしているのかをアピールできれば、より熱意が伝わりやすくなりますので、選考過程に臨む前には自分のアピール材料を整理しておきましょう。

転職エージェントを活用してサポートを受けながら復帰するのもおススメ

応募先の企業の採用担当者に、ブランクが業務に影響をきたさないこと、スキルの面においても問題なく対応できること、しっかりと働いていきたいと考えていることを伝えるためには、転職エージェントを活用するのもおススメです。

転職エージェントは、転職希望者の魅力を採用担当者に最大限伝えられるように紹介します。業務上のスキルと関係ないところで採用後の不安を抱いていることが多いのを考えても、転職エージェントに第三者として介入してもらい、それらの不安を払拭してもらうサポートを受けるのは賢い選択といえます。
また、転職エージェントしか持っていない、表に出ていない求人案件を紹介してもらえることもありますので、転職エージェントの活用によって享受できるメリットは多岐にわたります。

まとめ

ブランクを経てからの復帰となれば、以前の感覚を取り戻すのも一苦労するところですが、雇う企業側は即戦力としての期待を寄せています。それにできるだけ応え、新たな勤め先でスムーズなスタートを切るためにも、復帰前には一通りの勉強をしておくことが大切です。経理職以外にも当てはまるかもしれませんが、基本的な知識を持ち合わせた状態で新たな職場に馴染むことが、それからのキャリア形成を成功させるための方法です。

営業職のように売上額でのアピールや企画職のような実績でのアピールができない経理職だからこそ、業務に必要な知識を持っていることの裏付けがあれば、同じ椅子を争うライバルに差をつけられる材料となります。上でも触れていますが、自分でアピールしづらいのであれば、転職エージェントを頼るのもいいでしょう。転職エージェントの利用は、企業にとっても採用手段として一般的なものとなっています。

経理の求人を確認する!

<参考>
・パピマミ サクッと社会復帰! ブランクがあっても再就職できるママの共通項5つ

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

初めてご訪問の方へ

管理部門特化型エージェント No.1
MS-Japanのサービスをご覧ください!

最新求人情報や転職に役立つ情報をメールで配信します。

アドバイザーが直接あなたの可能性を診断!