40代以上で税理士の資格取得された方の就職事情

資格
税理士
転職準備
2019/03/08

40代以上で税理士の資格取得された方の就職事情

 40代以上で税理士の資格取得された方の就職事情

税理士試験には、一度合格点をクリアした科目について、その翌年以降、受験を免れる「科目別合格制度」があるため、働きながらでも受験対策を採りやすく、社会人にも人気です。
しかし、そのぶん合格年齢が上がり、年配の新人税理士も増えています。では、40代以上で税理士となった方の就職事情はどのようになっているでしょうか。


40代税理士の就職活動は実務経験の有無で変わる

ご存知の通り、転職活動は30歳を超えると急に難しくなると一般的にいわれます。
相当有利なキャリアを重ねていない限り、35歳以上で転職するときには、収入減少も覚悟しなければならないことから「転職35歳限界説」もささやかれているほどです。
ただ、税理士という国家資格を取得していれば、転職に年齢は大きく関わってくることは少ないと考える方もいらっしゃることでしょう。
しかし、税理士人口が増えていますので、これからは、税理士資格があるからといって、それだけで人生が有利に変わると期待すべきではありません。
たとえ税理士だとしても、40代であれば転職活動が厳しくなることは覚悟しなければなりません。
税理士であることは立派ですし、社会的に敬意を払われる機会も多いことでしょう。
資格の上にあぐらをかくような態度を取らず、積極的にキャリアを重ねようとする姿勢が、40代以上の新人税理士が成功する鍵となります。
40代以上の新人税理士でも、それまでに会計の実務経験があれば、就職をより有利に進められます。
できれば、一般企業経理部よりも、税理士とともに会計事務所でスタッフとして働いた経験があった方が、即戦力として迎え入れられやすい傾向があります。

40代以上で税理士に転身することを見越して、30歳前後で会計事務所にスタッフとして入り、働きながら税理士試験の勉強を続けてきた人は少なくありません。
もちろん、営業など会計以外の仕事をしながら税理士試験に合格することも可能ですが、年配の新人ライバル税理士の多くは、会計事務所・税理士事務所での実務経験を積んでいる点は意識しておかなければなりません。

では、会計実務の経験者と未経験者とで、40代以上の新人税理士の就職活動にどのような違いが生じうるのでしょうか。

40代税理士実務経験者の就職

40代以上の税理士に会計の実務経験があれば、希望の就職先にありつける可能性も十分に期待できるでしょう。
ある程度の妥協をすれば、会計事務所に就職すること自体は決して難しくありません。
会計事務所で長く働きながら税理士試験に合格したのであれば、会計事務所の業務内容や雰囲気を心得ているとみなされますので、会計事務所での就職に有利です。
一般企業の経理部などで働きながら税理士試験に合格した方であれば、むしろ組織内税理士(インハウス税理士)として、再び企業経理部へ入り直すことを目指した方が、望みを得られるでしょう。会計事務所に税理士として就職する道も有力です。

もちろん、20代や30代で税理士資格を得たライバルよりは、就職活動が大変になる傾向があるのは否めません。
それは年齢を重ねるごとに物事に対する柔軟性や積極性が減っていく人が多いからです。
柔軟性や積極性、仕事への自信には個人差があります。年齢での不利を埋めて余りあるポテンシャルを感じさせることができれば、40代以上の新人税理士であっても、着実に就職先の内定を得ることが十分に可能です。

40代税理士実務未経験の就職

もし、会計系の実務経験がなく、他の分野で働きながら税理士試験に合格した方ならどうでしょうか。
税理士資格を得ている時点で、税務・会計に関する一定の知識を身につけていることは裏づけられています。
問題は、税理士が一般的に働く会計事務所の雰囲気を知らないので、即戦力として採用することに疑問符がつきやすく、会計事務所からの採用にはどうしても不利になりかねません。
こうした実務未経験者も、決して諦めることはありません。
たとえ会計系の実務経験はないとしても、営業出身であればクライアントの新規獲得に強みを発揮できるでしょうし、IT系の部署出身なら、事務所の会計システムをより効率化させる可能性があります。
よって、今までの業務経験によって会計事務所などにどのような貢献ができるかをアピールできれば、就職活動は十分に成功する余地があります。

若手税理士が運営する事務所の方が多様性に理解があるケースも

できるだけ、40代以上の年配新人税理士にも先入観や偏見を抱かず、人材の多様性に理解のある職場を選ぶことが重要です。
その点では、ベテラン税理士の事務所よりも、30代以下の若手税理士が運営する事務所の方が、先入観を抱かず、多様性を理解する可能性が期待できる場合があります。
自分より年下の税理士が経営する事務所だからといって、それだけで就職の選択肢から外さないようにしましょう。

40代税理士の転職成功事例

Bさん
41歳・男性
資格:税理士(簿記論 財務諸表論 法人税法 消費税法 事業税)
転職前:個人会計事務所 年収400万円
転職後:一般事業会社 年収500万円
エリア:東京都
年収とスキルアップを目指して若い企業へチャレンジ!40代・税理士の事例

Cさん
44歳・男性
資格:税理士(簿記論 財務諸表論 相続税 消費税 所得税)
転職前:学校法人 年収700万円
転職後:中堅税理士法人 年収500万円
エリア:愛知県
業界未経験でも、自身の強みを最大限に活かしたキャリアチェンジを実現!

まとめ

 税理士が就職先に選ぶならどういった事務所・企業か?

40代を超えると、自分のキャリアの進展に限界を感じ、それ以上の発展を諦める社会人が多い中、40代以上で新たに税理士として働き始めるチャレンジは大切にしていただきたいです。
今まで社会人として培ってきた業務経験を、どのようにして税理士として活かすかをアピールできれば、就職活動において年齢は決して不利になりません。

【関連ページ】
税理士は、年齢が上がると転職が不利になるのか?
50代の税理士は、まだ転職できる年齢なのか?

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

初めてご訪問の方へ

管理部門特化型エージェント No.1
MS-Japanのサービスをご覧ください!

最新求人情報や転職に役立つ情報をメールで配信します。

アドバイザーが直接あなたの可能性を診断!