採用成功ガイドRECRUIT GUIDE


目次


    人事評価の一つに能力評価があります。ただし、なんとなくイメージはできても実際にどのようなものなのかよくわかっていない方も多いです。そこで今回は、人事評価における能力評価と合わせて、取り入れるメリット・デメリット、導入のポイントなどをご紹介します。

    人事評価における能力評価とは

    人事評価には色々な評価項目があります。その一つが能力評価です。与えられた職務を遂行するための職務遂行能力を評価します。人事評価の項目には主に「業績評価」「情意評価」「能力評価」の3つがあり、この内、能力評価はスキルや知識などを評価することが特徴です。

    能力評価の具体的な項目として、一部を下記にまとめました。

    企画力

    問題解決、計画実行にむけた企画が立案できる

    計画力

    業務遂行に必要な計画が立てられる

    実行力

    企画や計画を実行することができる

    対策立案力

    不測の事態が生じた場合でも、関係者と協力し必要な対策を講じることができる

    改善力

    日々の業務において主体的に改善を行える

    指導力

    部下の能力や特性を見極め、適切な指導を行うことができる

    能力評価の項目は、職種や職位によっても異なります。能力評価は、長期的に社員を育成する目的で評価をしており、評価結果が昇進の要件にあることも多いです。一般的に能力評価は年1回行われ、評価の結果が給与などに反映されます。

    近年では高い評価を上げる人に共通する行動特性に着目したコンピテラシー評価を導入する企業も増えています。従来の能力評価だけでは、基準があいまいなため、行動に着目して評価を行う企業が増えているのです。能力評価がコンピテラシー評価と同義で扱われている場合もあります。

    なお厚生労働省は、業種別、職種・職務別の職業能力評価基準を明らかにしており、人事評価の資料として役立てることが可能です。

    厚労省「職業能力評価基準について」

    能力評価を人事評価に取り入れるメリットとデメリット