採用成功ガイドRECRUIT GUIDE


目次

    人事評価に不満を持つ社員への対処法

    人事評価制度に対する不満の声を感じたことはあるでしょうか。せっかく導入した制度が企業の実態にあわず適切に運用できていない可能性があります。不満の声をそのままにしておくと、退職率や業績を悪化させ、結果的に企業のイメージも悪くさせてしまうかもしれません。

    直接ではなくても、間接的に不満の声を聞く頻度が高くなってきたという企業もあると思います。この記事では、人事評価に悩む担当者に向けて、不満が生まれる理由や対策などをご紹介します。

    6割以上が人事評価制度に不満

    会社の人事評価制度に不満を持つ人の割合は6割以上にのぼります。また、7割以上が人事評価制度の見直しが必要と考えています。半数以上が人事評価制度に不満を感じている状態では、制度がうまく機能していない可能性があります。

    不透明で曖昧な制度は社員の不満を生む原因になるため、既存の制度を見直し、明確に数値化されたものに改革が必要なケースもあります。基準が曖昧で社員の頑張りが反映されにくい評価制度は、不満を生みやすいため注意が必要です。また、フィードバックがない可否だけの評価や、担当者による不公平な評価も不満を生む原因です。業務別、雇用形態別など社員を分類することで、目標が設定や管理がしやすくなります。

    人事評価制度とは、社員の働きを公平に正しく評価し、効率的に運用するためのシステムのことです。評価システムにより、社員の責任感と仕事に深く関わろうという意識が強まり、品質改善やモチベーションアップにつながる可能性があります。働きが評価されれば人事評価制度を受け入れ、自発的に仕事に取り組む社員が増えるかもしれません。

    人事評価制度に不満の理由