採用成功ガイドRECRUIT GUIDE


目次


    人事評価は、収入と直結するため公平性が求められます。評価される側は常に何を基準として評価されているかシビアであり、その受け取り方次第では、今後のモチベーションに悪い影響を与えてしまう可能性もあります。

    そこで近年、注目されているのが人事評価システムの導入です。適正に人事評価を行うため、企業規模を問わず、人事評価システムを導入する企業が相次いでいます。 ここでは、人事評価システムを導入するメリットや代表的な人事評価システムなどについて解説します。

    人事評価システムとは?


    人事評価システムとは、適性に効率良く社員を人事評価するシステムです。社員それぞれの目標設定やその達成状況、保有スキルや経歴などが組み込まれており、入力や編集、検索や分類などができます。多くのシステムが開発されていますが、大きく3つの共通点を持っています。

    1つ目は、評価過程を視覚的に把握できる点です。情報を一元化することにより、過去に経験した業務や評価が一目で確認できます。

    2つ目は、評価シートを再現でき、また必要に応じて出力できる点です。面談の際にメモで残した手書きの評価表をシステムに落とし込み再現でき、必要に応じて紙に出力できるようになります。

    3つ目は、クラウドでシステム入力ができる点です。人事評価システムはクラウドで入力できるものが多く、場所を選ばずに利用することができます。

    人事評価システムの導入メリットは?


    人事評価システムの導入メリットは、以下の3つが挙げられます。

    ①評価にかける時間の大幅な削減

    従来のように評価シートを作成し、面談後に記入、担当者が回収・集計し、ファイリングするといった業務フローは時間がかかります。ここで削減できた時間を、評価そのものにかけられるため、より質の高い評価が実現するのもメリットです。評価するための雑務から解放されれば、評価結果に対するフィードバックなど人事評価の本質的な要素に時間を割けるようになります。

    ②社員のモチベーションが上がる

    社員は誰もが適正な評価を望んでいます。人事評価システムに基づいてきっちりフィードバックすれば、社員が自身の評価についてより納得できるようになるため、モチベーションの向上につながり、離職率も低下するでしょう。主な離職理由としてよく挙げられるのが、“適切な評価をされていない”です。人が評価しているので公正性を疑われやすいのですが、人事評価システムの導入によって適正に評価されれば、貴重な戦力の流出を防ぎやすくなります。

    ③マネジメントが効率化できる

    人事評価システムでは、すぐに人事評価を確認でき、条件を決めて理想像に近い人材を絞り込むこともできるので、人材配置を考える際の時間が短縮するとともに、その精度も向上します。プロジェクトを成功させるためには適切な人材の配置が不可欠であるため、人事評価システムの導入はプロジェクトの成否も左右すると考えられます。

    代表的な人事評価システムをいくつかご紹介


    一言で人事評価システムと言っても、様々な種類のシステムがリリースされているため、代表的なものをいくつかご紹介します。

    評価ポイント(株式会社シーグリーン)

    クオリティーの高い仕事をしたメンバーに、メンバー同士でポイントを送り合うピアボーナスという評価制度を導入しており、従業員間のコミュニケーションが増え、組織力を高めることができます。ポイントのやり取りはいつでも確認でき、誰が評価の高い仕事を行っているのかすぐに把握できます。

    MINAGINE(株式会社ミナジン)

    中小・ベンチャー企業に特化した人事評価システム。目標シートや評価プロセスをクラウドで一元化することで作業の簡素化を実現。

    これら以外にも目標管理制度の一元的な運用が可能となる 『HR-Platform(フォスターリンク株式会社)』 、日本最大級の組織データベースをもとに組織状態を診断する 『モチベーションクラウド(株式会社リンクアンドモチベーション)』などがあります。

    まとめ


    今回、ご紹介した人事評価システムの導入は、適切な評価をして欲しいという社員の想いに応えるものであると同時に、評価を行う管理者のマネジメントを容易にすることで、より精度の高い判断をスピーディーに行えるようになります。相互にメリットが得られる以上、企業規模を問わずに導入が相次いでいるのも納得しやすいのではないでしょうか。

    上でも触れているように、適切な評価は従業員のモチベーションを向上させ、より生産性の高い組織へと成長させていくだけでなく、離職率の低下も図ることができます。人事評価システムの導入をこの機会に検討してみてはいかがでしょうか。

    【この記事を読んだ方におすすめ】
    >管理部門の目標設定は難しい?具体例を基に設定方法を解説
    >人事なら抑えておきたい人材育成手法3つ!

    • 求人依頼に関するお問い合わせ

      求人依頼に関する
      お問い合わせ

      人材をお探しの法人様はこちらのフォームからお問い合わせください。

    • お電話でのお問い合わせ

      お電話での
      お問い合わせ

      東京本社
      03-3239-7373
      横浜支社
      045-287-8080
      名古屋支社
      052-551-1125
      大阪支社
      06-6292-5838