採用成功ガイドRECRUIT GUIDE


目次


    採用における「面接」と「面談」の違いを説明できますか?売り手市場と呼ばれる昨今、採用の在り方も変化しています。面談には選考過程にはない魅力があります。面接と面談の違いやメリット、注意点などを知り、上手に使い分けることが効果的です。面談を導入しようかどうか迷っている人事担当者、面談について知りたい方、面談をさらに活かしたいと考えている人などは参考にしてみてください。

    1.採用における「面接」と「面談」の違いとは

      面接 面談
    立場 企業が選ぶ 対等
    合否 合否あり 合否なし
    会話 一方的 双方向

    似たような言葉ですが、面接と面談には主に3つの違いがあります。

    1-1.立場の違い

    面接は、選考の一環であり、選ぶ側と選ばれる側という立場の差が生じます。対して面談は、企業側と就職希望者側が相互理解を深めるための話し合いの場で、立場は対等です。お互いに面接だけではわからないことを知ることができます。

    1-2.合否に直接関係するか否か

    面接は基本的に求職者の合否を決めることが前提です。一方で面談は、合否を判断しないことを前提とした話し合いが多いです。それにより、面談では面接よりもお互いフランクに、相互理解を深めることができます。ただし面談であっても、会社の方針によっては合否を決める材料として行うケースもあります。

    1-3.会話の内容

    面接では、企業が質問をして求職者が自分のアピールをするという、一方的なコミュニケーションになることが多いです。一方で面談では、お互いに話し合うことができ双方向のコミュニケーションが成り立ちますので、会話の内容も異なってきます。

    2.採用時における面談の種類


    代表的な面談の種類をご紹介します。

    2-1.カジュアル面談

    カジュアル面談は、実際に応募をするか迷っている求職者と気軽に話をする機会を設けることで、自社に興味を持ってもらうことを目的に行う場合が多いです。多くの応募を集めたい、多くの求職者に会うことで自社の魅力をアピールしたいといった場合は、取り入れてみると良いでしょう。

    2-2.オファー面談

    オファー面談は、採用内定を通知するタイミングで設定する面談です。内定者の入社意思を高めるとともに、入社後にスムーズに人間関係を構築する手助けをする役割もあることが特徴です。内定者が入社前に疑問点や不安を解消したい時にも適しています。

    2-3.社員面談

    社員面談は、内定者と社員とで行う面談であり、懇親会などの形式で開かれます。内定者が事前に社員と交流する場を作ることが目的で開催される場合が多いです。面接者とは違う視点から交流をすることができるので、入社前に内定者が社風などをより知る機会としても機能しています。もちろん、内定者が即戦力としてより早く活躍するためのサポートとしても役に立ち企業側にも行うメリットがあります。

    2-4.電話面談

    電話面談は、選考中の過程で行うこともあれば、採用内定後に行うこともある、電話で行うタイプの面談です。1対1でじっくり話を聞けるので、選考中や内定時の疑問点解消などに向いています。ただし、電話なので声だけでお互いの様子を判断する必要があり、対面にはないデメリットがあることも事実です。実施する場合は、事前に聞きたいことをまとめるなど効率よく行うための配慮をしておくことが有効と言えます。

    2-5.食事会

    食事を取りながら行うタイプです。一緒に食事をとるので、よりフランクな雰囲気を作りやすくなります。社内の雰囲気を知る上でも良い機会です。立食形式、着席形式、人数など、さまざまなスタイルがあります。ただし気を付けたいのが、お酒が入った時などに社員がラフになりすぎたり、求職者へ失礼な対応をしてしまうと、逆に企業のイメージを落としてしまう可能性があります。

    3.採用時に面談を活用するメリット


    3-1.求職者との接点が増える

    求職者と接する機会が増えることはメリットです。昨今は売り手市場と言われており、企業側も有望な求職者にアピールをする必要があります。面談であれば、選考ほど形式張っていないので、より多くの人にアプローチしやすいです。面談を通じて求職者の入社意思を高めることもできます。気にかかってはいたけれど応募まで至らなかった層や、応募する気はなかったけれど面談を通じて興味を持った層にまで自社の魅力を伝えることが可能です。攻めの採用ができることは面談の大きなメリットと言えます。 会社の知名度に関係なくダイレクトに求職者と繋がれることも魅力でしょう。知名度が低い企業の場合、面談を使わないやり方ではどうしても名前負けしかねないリスクがあります。その点、面談は新しい切り口でアプローチできるので、有効な手段です。求職者にとっても知らなかった企業などを知れるので利便性が高いと言えます。有効利用する価値は大いにあると言えるでしょう。

    3-2.求職者の本音や人間性が見られる

    面談では、選考の過程だけではわからない求職者の本音や人間性を見ることができます。選考の段階だけでは伝えきらない細かい自社情報を伝えることもできますので、すり合わせができており、入社後に打ち解けやすい雰囲気を作ることにも効果的です。面談では、社員と内定者が個人で向き合うことができます。選考過程では言えない本音を聞けるので、入社後に社員が定着するための手かがりを知ることができる点も便利です。選考段階では聞けないことが聞けたり、言えたりすることもあります。

    3-3.自社の魅力をアピールできる

    選考の段階では、企業側が応募者を選ぶ段階であり、自社の魅力の中でも伝えきれない部分が残る場合があります。面談では、選考段階とは違った切り口や視点から自社の魅力をアピールすることが可能です。対等な立場で、キャリア設計などの相談に乗ることもできます。採用業務は採用して終わりではありません。人事担当者は入社した後で、新入社員がより早く活躍できるようにサポートをすることが必要となります。事前にフォローする機会を設けることは、新入社員の実力を引き出す上で効果的です。

    4.採用時に面談をするときの注意点


    メリットがある面談ですが、実施するにはいくつか注意点があります。

    4-1.事前に趣旨を共有する

    企業側、求職者・内定者側双方で、事前に面談の趣旨を共有しておくことが肝心です。特に始めて実施する場合は注意しましょう。企業側でしたら、面談を担当する社員に面談の趣旨や目的を十分に説明し、面談の効果を最大限発揮できるように配慮することが大切です。また、求職者・内定者への説明も十分に行いましょう。

    4-2.企業も判断される立場ということを忘れずに

    面談の場における、企業と求職者・内定者の立場は対等です。企業も選ばれる側であるという自覚を持ちましょう。もしかしたら、面談を通じて入社意思が弱くなる可能性もあります。ただし反対に面談を通じて入社意思が強くなることもあるので、機会を活かすことが大切です。

    4-3.面接との違いを理解して面談する

    面接と面談は違います。特に立場が対等であることには注意しましょう。違いを理解した上で実施しないと、せっかくの機会を活かせないリスクがあります。面接と同じように企業側が選ぶ側のスタンスで臨むとマイナスの印象を与えてしまう危険性があるので、参加する人には、事前に面接との違いを説明し趣旨を共有しておくことが大事です。面談では、企業と就職希望者・内定者というより、個人対個人でコミュニケーションをはかることが求められます。1人のふるまいでお互いに対する印象が変わってしまいますので、特に企業側は注意することが肝心です。

    5.まとめ


    面談には、選考過程にはないメリットがあります。上手く活用して採用を成功させましょう。機会を十分に活かすためには、事前に趣旨を共有するなど準備を行うことがポイントです。一口に面談と言ってもさまざまな種類があります。自社に合った種類を選ぶと、効果をより発揮しやすいです。実施方法等については自社に負担がない形を模索しましょう。現代は変化が早い時代です。面談が上手く機能しているかどうか定期的に見直しをすることもおすすめと言えます。企業側は面談を担当する社員を吟味することも忘れないようにしましょう。面談の効果が十分に発揮できるように配慮することができれば、企業側にも求職者・内定者側にも双方に役立ちます。

    【この記事を読んだ方におすすめ】
    >オンライン面接(Web面接)を上手く使って採用を成功させよう!
    >採用面接前に面接官が準備すべき4つのこと
    >内定承諾につながる中途採用のクロージングとは

    • 求人依頼に関するお問い合わせ

      求人依頼に関する
      お問い合わせ

      人材をお探しの法人様はこちらのフォームからお問い合わせください。

    • お電話でのお問い合わせ

      お電話での
      お問い合わせ

      東京本社
      03-3239-7373
      横浜支社
      045-287-8080
      名古屋支社
      052-551-1125
      大阪支社
      06-6292-5838