転職トピックス

公認会計士 税理士

意外と説明できない?税理士と公認会計士の違い

意外と説明できない?税理士と公認会計士の違い

税理士と公認会計士では、いずれも「会社のお金を取り扱う」「収支を計算する」といった経理の専門家というイメージを漠然とお持ちの方も多いのではないでしょうか。もっとも、そのイメージは大きく外れているわけではありませんが、税理士と公認会計士では、大きく異なる面があるのです。

税理士と公認会計士、あなたは正確に説明できますか?

税理士は、税理士試験に合格した人や、税務署職員のOB/OGが資格を取得することができます。また、司法試験合格者や公認会計士試験合格者も、税理士登録することが可能です。あらゆる資格者の中で税理士にしかできない独占業務は、税務に関する相談を受けたり、クライアント(納税義務者)からの依頼を受けて税務申告書の作成や提出を代行したりする、税務業務一般です。
税理士が所属している事務所は「税理士事務所」「会計事務所」などと名乗っているところが多いです。

公認会計士は、公認会計士試験に合格し、2年間の実務経験を積み、一般財団法人会計教育研修機構が実施する実務補習を受けた後に修了考査に合格した人が取得できる資格です。
あらゆる資格者の中で公認会計士にしか許されていない独占業務は、企業の「会計監査」業務です。おもに上場企業が導き出した決算の数字に誤りが無いかどうか、しっかりとした裏付けがあるかどうか、などを慎重に点検していく業務であり、責任は重大です。

会計監査業務を専門に行う公認会計士の組織を「監査法人」と呼びます。少なくとも5人以上の公認会計士が所属し、チームを組んで大企業の監査に取り組んでいます。また、監査を専門とせずに「会計士事務所」などを名乗っているところもあります。

前述の通り、公認会計士は税理士登録することも可能ですが、税理士が公認会計士として登録することはできません。いわば、公認会計士は税理士の「上位互換」の資格と思われる方もいらっしゃいますが、公認会計士試験は「租税法」の科目として数問が問われるのみですので、税理士試験合格者と互角以上に渡り合って税務業務を行うのは不安があります。税理士登録をするのなら、それなりに追加の勉強を進めて、専門の知識を独自に身につける必要があります。

税理士の仕事とは?

税理士法1条は「税理士は、税務に関する専門家として、独立した公正な立場において、申告納税制度の理念にそって、納税義務者の信頼にこたえ、租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ることを使命とする」として、税理士一般の社会的使命を定めています。

すでに述べました通り、独占業務である税務申告代行や税務相談などが、税理士にとっての主要な仕事となります。また、税務署職員による税務調査に立ち合い、質問に対する説明をサポートする税理士もいます。このほか、課税について税務署や国税庁と揉めたり、異議があったりする納税者は、税務訴訟を起こしますが、その納税者の補佐人として税理士が専門家として、主張や立証をサポートすることもあります。

伝統的に、費用の領収書などを整理し、日々の帳簿作成を代行する税理士は多くいます。近年では、認知症などによって契約などの法律行為が難しくなった人の日常生活をサポートする成年後見人の業務を行ったりする税理士も増えてきました。

さらに業態を広げて、クライアント企業の顧問税理士として、経営や納税に関するアドバイスを行ったり、コンサルティングを実施したりする税理士もいます。

公認会計士の仕事とは?

公認会計士法1条は「公認会計士は、監査及び会計の専門家として、独立した立場において、財務書類その他の財務に関する情報の信頼性を確保することにより、会社等の公正な事業活動、投資者及び債権者の保護等を図り、もつて国民経済の健全な発展に寄与することを使命とする」として、公認会計士一般の社会的使命を定めています。

公認会計士の独占業務は会計監査であり、監査法人で勤務する公認会計士の多くは、激務でありながらも好待遇を得て働いています。企業だけでなく、公益法人や医療法人などの各種組織に対する監査も実行します。

また、外資系企業の日本法人や、日本企業の海外拠点といった国境を超えた会計監査を行うこともあり、この場合は英語などの語学力を身につけておく必要があります。

税理士登録をしている公認会計士は、税務業務も行います。

また、帳簿作成代行や経営コンサルティングなど、税理士(会計事務所)に近接する業務を行う公認会計士もいます。

税理士と公認会計士の違いは、つまりここ!

 まとめ(税理士と公認会計士、つまりこう違う!)

税理士は税務、公認会計士は監査をメインの業務としているところに違いがあります。公認会計士は税理士登録ができますが、その逆は許されません。

しかし、両者は共通点も少なくありません。帳簿作成の代行や財務諸表の分析の一部などは、これからAIなどでどんどん自動化されていき、税理士や公認会計士の業務も効率化されるでしょう。税理士も公認会計士も、企業向けのコンサルティングなどを積極的に行い、AIでは代替不能な業務を模索しています。
税理士と公認会計士の違い、お分かりいただけましたか?

<参考>
・南九州税理士会 税理士の仕事とは?
・日本公認会計士協会 公認会計士の仕事内容

【この記事を読んだ方におすすめのサービス】
◆管理部門・会計・リーガルの転職ならMS-Japan!無料であなたの転職活動をサポート!
◆≪転職で譲れないポイントを相談&発見!≫無料転職相談会・無料転職セミナー
◆転職や業界のお役立ちトピックスをキャリアアドバイザーが毎週ご紹介!情報満載のメルマガはこちら

次の記事 > IPOを支援できる税理士の存在価値とは

前の記事 > 監査法人勤務の公認会計士が転職を考える理由




ほかのトピックスもチェック!転職トピックス一覧

3分でわかる最新人事コラム3分でわかる最新人事コラム一覧

  

転職セミナー・個別相談会 開催中セミナー・個別相談会

転職セミナー・個別相談会一覧

To Top