転職トピックス

経理・財務 会計事務所・税務スタッフ

会計事務所に就職するって実際にはどうなのか?

会計事務所に就職するって実際にはどうなのか?

会計事務所は、多くは税理士が経営・所属し、クライアント企業の依頼を受けて経理や税務申告などの業務を代行し、経営に関する助言(経営コンサルティング)も行います。公認会計士が属している場合もあり「会計士事務所」と名乗っていることもあります。では、会計事務所への就職は難しいのでしょうか。

会計事務所に就職するのは、難しいのか?

会計事務所に就職するのは、税理士資格を取っているのかどうかでも難易度が変わってきます。税理士資格を取得していれば、何も資格がなく一般スタッフとしての就職を目指すよりも有利になるといえるでしょう。 とはいえ、税理士資格を持っていれば就職活動は安泰というわけではありません。税理士試験を無試験クリアする特権がある税務署OBなどを中心に、税理士の資格者はどんどん増えているのが実情です。よって、税理士資格を持っている者の希少価値が相対的に失われており、資格があるだけでは就職に有利となるわけではありません。 税理士資格を持たない場合は、会計事務所の一般スタッフとしての就職を目指すことになります。 税理士試験は、会計2科目と税務3科目にすべて合格すれば、最終合格となります。ただし、科目ごとの合格を次年度以降に持ち越すことができる「科目合格制度」があります。よって、全5科目のうち、一部のみ合格している科目合格者は、税理士試験の未受験者に比べると、会計事務所のスタッフとして就職できる可能性が高まります。

就職する際に評価される資格やスキルとは?

 就職する際に評価される資格やスキルとは?

会計事務所を目指す場合、税理士試験や公認会計士試験に合格できていれば、それに超したことはありません。しかし、これらの難関試験に合格できていなくても、たとえば日商簿記などの簿記検定に合格していると、会計事務所の一般スタッフとして勤務できる基本的な能力をアピールすることができます。

FP(ファイナンシャルプランナー)なども、身近なお金の収支に関するアドバイザー資格ですが、できれば、簿記検定の合格を目指してみましょう。会計専門の事務所に勤務するわけですから、できれば1級の合格が望ましいです。しかし近年では2級または3級を合格していて、人柄やコミュニケーション能力に特筆すべきものがあれば、採用される可能性もあります。

また、税務申告の代行なども会計事務所の重要な任務ですので、たとえ税理士資格はなくても、基本的な税法に関する知識を身につけておくと有利です。

ワープロソフトのWordや表計算ソフトのExcelの基本的な操作方法を身につけていることを示す「マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト」(MOS)の取得を目指すのも有効です。簿記検定に比べれば、短い準備期間で取得可能です。

積極的に海外進出している日本企業や、外資系企業の日本法人などのクライアントを多く抱える会計事務所を目指すのならば、ビジネス上の国際語である英語のライティング・リスニング・スピーキングの能力を測るTOEIC・TOEFLや英検などの取得もアピールポイントになります。

会計事務所の求人の選び方やポイントとは

会計事務所の求人記事に関しては、まずその記事そのものをチェックし、条件などで不当に厳しい部分がないかチェックしておきましょう。

月収で高額が保証されているように思えても、「月収○万円可能」や「残業代○時間込み」など、最初から時間外労働(残業や休日出勤)が前提となっている場合があります。

併せて、その会計事務所の公式ホームページも閲覧しておくようにします。その事務所の理念や、ある程度の職場の雰囲気を感じ取ることができます。
ホームページが用意させていない会計事務所については、転職エージェントや知り合いなどから社風や会社の雰囲気を確認してみてください。
第三者からの意見なので、客観的な情報を得る可能性が高いです。

会計事務所に就職した後のキャリアって?

会計事務所に就職した後は、スタッフとして働きながらその中で一定の地位を獲得することもひとつの道です。

また、会計事務所に勤務しながら、税理士試験の合格を目指す人も昔から多いです。この場合は、スタッフが税理士試験の勉強をすることに理解がある事務所を選ぶようにしましょう。試験直前に事務所の繁忙期を迎えたとしても、試験勉強を優先するよう便宜を計ってもらえることがあります。
見事に税理士試験に合格すれば、税理士として会計事務所(税理士事務所)の中でキャリアアップすることができます。よりよい待遇を求めて、別の会計事務所に転職をすることも意義があるでしょう。

また、税理士資格は取れなくても、会計事務所での勤務経験をひっさげて、レベルの高い一般企業(大企業)の経理部を目指して転職活動をすることもできます。転職に成功すれば、よりスケールの大きな経理業務に携わることもできますし、好待遇も期待できます。

まとめ

会計事務所は、簿記などを勉強してきた人たちにとって、ひとつの目標となる職場です。ただし、慢性的な人手不足などで長時間勤務が常態化しているところもあります。心身を磨り減らさないよう、適切な業務量と職場環境に不備がない事務所なのかをできるだけ事前に見極めることが重要です。

<参考>
・築山公認会計士事務所 公認会計士と税理士の違い

【この記事を読んだ方におすすめのサービス】
◆管理部門・会計・リーガルの転職ならMS-Japan!無料であなたの転職活動をサポート!
◆≪転職で譲れないポイントを相談&発見!≫無料転職相談会・無料転職セミナー
◆転職や業界のお役立ちトピックスをキャリアアドバイザーが毎週ご紹介!情報満載のメルマガはこちら

次の記事 > 税理士が転職先を決める際のポイントとは

前の記事 > 経理経験者は会社役員として適任!より経営に深く携わるCFOには要注目




ほかのトピックスもチェック!転職トピックス一覧

3分でわかる最新人事コラム3分でわかる最新人事コラム一覧

  

転職セミナー・個別相談会 開催中セミナー・個別相談会

転職セミナー・個別相談会一覧

To Top