弁護士の求人・転職情報

求人検索結果463件 + 非公開求人

非公開求人の紹介を受ける

現在の検索条件

職種
資格
勤務地
希望年収
こだわり条件
検索条件の変更
弁護士 マネジメント 英語を活かす

商社系グローバル物流カンパニーから、法務の求人です。

162976
ポジション
法務担当※商社系グローバル物流会社
仕事内容
国内外における加工物流やフォワーディング等、ロジスティクスビジネスに関する法務及びコンプライアンス関連業務をご担当いただきます。

<ご入社後にお任せしたい業務例>
・各種契約書(業務委託契約書、賃貸借契約書、運送契約書、秘密保持契約書等)検討・作成・交渉支援業務
・訴訟、クレーム対応業務
・法令、業法等に関するコンプライアンス関連業務
・社内セミナー、法務情報発信等
・外部弁護士との相談及び協議

※お任せする業務は、ご本人様の適性や意向をお伺いし判断させていただきます。

【変更の範囲】適性に応じて会社の指示する業務への異動を命じることがある
勤務地
東京都
必要な経験・能力
<必須>※以下いずれかに該当する方
・契約書検討/作成の経験
・弁護士

<歓迎>
・法務関連資格
・物流関連法務の経験(倉庫業法、労務、下請法、派遣法等)
・語学力(英語)
・英文契約書検討・作成の経験
・コンプライアンス関連業務の経験
想定年収
500万円 ~ 720万円
ポジション
【総合職採用】法務職※フルフレックス/在宅勤務/長期就業可
仕事内容
1.契約・取引法務
・契約書の作成
・先方書式の契約書審査
2.訴訟への対応
・社外の弁護士と連携した社内外のトラブルやクレームに対する
訴訟対応
3.株主総会の対応
・株主総会の準備、運営
4.コンプライアンス推進
・社内研修や教育の企画、運営
5.社内規程の整備
・法対応などによる社内規定の改訂、周知
6.労務のサポート
・ハラスメント対応
7.法律相談の対応
・各部署からの法律相談対応
8.弁護士・社労士との連携
9.法令調査
・法令改正への対応(調査、検討、各部門協議、社内通知な
ど)


【変更の範囲】適性に応じて会社の指示する業務への異動を命じることがある
勤務地
東京都
必要な経験・能力
<必須>
・法務業務5年以上
・弁護士との連携/やりとり

<歓迎>
・弁護士資格
・事業部門、販売部門など関連部署と深く関わり、法務の視点で自主的・主体的に事業推進に協力してきた方
想定年収
620万円 ~ 944万円
ポジション
弁護士
仕事内容
企業内弁護士・法務として、本社及びグループ各社の法務業務をご担当いただきます。

【具体的には】
■本社、グループ各社の法律相談
■コンプライアンスチェック
■契約書のレビュー、チェック
■顧問弁護士や事業部門との打合せや調整
■予防法務(各事業部との法律相談を実施。相談しやすい法務課を目指しています)
■トラブル解決 など

※単なる契約法務業務だけでなく、戦略的な法務業務に携わっていただきたいと考えています。

【変更の範囲】適性に応じて会社の指示する業務への異動を命じることがある
勤務地
東京都
必要な経験・能力
<必須>
◆弁護士有資格者の方
※法律事務所出身者も歓迎です。

<歓迎>
◆不動産業界での法務経験
想定年収
600万円 ~ 1000万円
ポジション
【弁護士資格保有者】法務部長候補/※東証プライム/残業20時間程度/企業法務未経験可
仕事内容
【具体的な業務内容】
■契約書関連業務
・作成
・チェック(ひな型あり)
・管理(英文契約20%ほど)
■法律相談対応、新サービスへの法的助言
■社内規程の作成・チェック・管理
■知的財産権、特許、商標関連
■コンプライアンス関連
■リスクマネジメント関連
■M&A関連業務
■法律事務所との連携

【変更の範囲】適性に応じて会社の指示する業務への異動を命じることがある
勤務地
東京都
必要な経験・能力
<必須要件>
・日本法の弁護士資格者で経験2年程度以上
・現在は民事家事経験のみで、今後「企業法務」を積極的にやっていきたい方
 ※企業法務未経験者でも活躍されている過去事例がございます

<歓迎要件>
・企業法務経験のある方
・マネジメント経験
想定年収
800万円 ~ 1500万円
ポジション
国内・海外の法務業務(管理職)※在宅/フレックスあり/英語/総合商社100%出資
仕事内容
■業務内容 1:法務業務
(1)同社の営業・職能各部課が締結予定の契約書の作成、レビュー(和文3割(約5件/月)、英文7割(約15件/月))
 例:主な類型として、以下を挙げます。以下以外にも、様々な契約の類型があります。
 英文契約書:Rep. Agreement (Sales Representative Agreement)、Agent Agreement、Service Agreement、Distribution Agreement、Non-Disclosure Agreement、Terms and Conditions
 和文契約書:取引基本契約書、業務委託契約書、覚書、約款
(2)既存の契約に関する(ⅰ)リスク分析、(ⅱ)整理、(ⅲ)まとめ、(ⅳ)修正案の作成
(3)(1)、(2)に関わる法律・契約上の助言、進言、意見の具申
(4)投資の対象先に関するDue Diligenceの実施、報告書の作成 (国内、海外いずれも)
(5)双日腐敗行為防止要領に基づく手続き、双日(株)法務部コンプライアンス統括課との調整
(6)決裁申請書の事前審議業務(1億円超の案件)

■業務内容 2:安全保障貿易管理業務
(1)輸出取引審査(仲介貿易を含む。)
(2)個別輸出許可申請の審査
(3)包括輸出許可の使用申請の審査、積戻し報告
(4)S・ANBOUシステム(安全保障貿易管理システム)による各種申請、回付、同システムの維持・整備
(5)輸入承認申請の審査
(6)経済産業省との折衝
(7)双日(株)法務部物流コンプライアンス課との調整
(8)社内規程、要領の制定、維持、整備

■業務内容 3:取引限度(与信管理)業務
(1)取引限度の期限管理、限度額の管理
(2)信用調査書の取得、解読
(3)取引限度申請書の審議、審議書の作成、ワークフローの回付
(4)大口(5億円超または10億円超)取引限度申請書の作成、提出、双日(株)との協議
(5)リスク管理月報の作成、提出、双日(株)との協議

【変更の範囲】 なし
勤務地
東京都
必要な経験・能力
<必須>
・法務業務経験
・英文契約書読解

<歓迎>
・法曹資格
想定年収
685万円 ~ 950万円
ポジション
法務【弁護士限定】※大手不動産/リモート有、フルフレックス制度
仕事内容
・当社事業に関する法的助言・助力および法制の調査・研究
・クレーム情報に関する法的助言・助力
・重要な法律文書および重要契約書の審査、標準契約書の作成
・訴訟等の管理
・顧問弁護士に関する業務、弁護士への業務委託の調整・管理
・知的財産権の登録・管理・保全
・当社グループに対する法的助言・助力
・コンプライアンスに関する総括業務の支援(※)
※総務部内にはコンプライアンス・リスクマネジメントグループもあり、法務グループの中には兼務している方もいます

【変更の範囲】会社の定める業務

【変更の範囲】会社の定める業務
勤務地
東京都
必要な経験・能力
■必須要件
・弁護士資格
想定年収
1000万円 ~ 1500万円
ポジション
【シニア歓迎】法務/業績好調の老舗SIer/リモート可
仕事内容
・契約書のリーガルチェックおよびリスク管理
・労務関係の法的サポートおよび対応
・法的トラブルや紛争の予防および対応
・取締役会の運営、経営陣や取締役会への法務に関する助言およびサポート
・社内規程整備、コンプライアンス体制の構築・運用、不正・不法行為の予防
・社内全体の内部統制環境の整備
・社内のリスク評価・対策検討

【変更の範囲】変更なし
勤務地
東京都
必要な経験・能力
◆必須要件
・契約法務の実務経験がある方(目安5年以上)

◆歓迎要件
・業務委託契約および請負契約の実務経験が豊富な方
・商事法務・取締役会運営のご経験をお持ちの方
・日本の弁護士資格をお持ちの方
・英語力(契約書の作成や交渉における使用経験がある場合は尚可)
想定年収
600万円 ~ 1200万円
ポジション
法務責任者候補/IPO準備企業/リモート週1日程度可能/フレックスタイム制
仕事内容
◆下記業務をお任せします。

・契約書/利用規約のレビュー
・社内規程の制定
・事業部に対するリーガルアドバイス
・新規事業立上げのクリアランス調査、分析

※ご経験やご希望に応じて下記業務もお任せします
・株主総会/取締役会運営業務
・IPO準備に向けた関連業務
・アライアンス推進
・知的財産業務
・社内向けコンプライアンス研修の実施
・労務管理部門との連携による労務対応

【変更の範囲】適性に応じて会社の指示する業務への異動を命じることがある
勤務地
東京都
必要な経験・能力
【必須要件】
※下記いずれか必須となります。
・弁護士資格をお持ちの方(事務所での経験のみでも歓迎です)
・IPO準備企業もしくは上場企業での契約書関連業務経験(目安5~10年以上)
              +
・企業法務経験1年以上


【歓迎要件】
・広告分野(景表法・薬機法)に関する法務知識
・個人情報保護法に関する法務知識
想定年収
900万円 ~ 1200万円
ポジション
企業法務実務【法務グループ/原子力訟務グループ】※大手エネルギー企業/プライム上場
仕事内容
企業法務(法律相談、契約書等審査、訴訟対応、株式等

【詳細】
・法律相談、契約書等審査:社内およびグループ会社からの依頼に対し、必要に応じ社外弁護士の協力を得ながら回答を行います。
・訴訟対応:当社の抱える訴訟案件について、訴訟方針、準備書面案の検討等を主管部署や社外弁護士と協調して対応します。
・コンプライアンス推進:内部通報窓口として、社内外からの相談に対応します。また、当社グループのコンプライアンス推進施策の立案等を行います。
・株式:他部署と協調して株主総会を適切に運営するための諸準備を行います。また、個人投資家へのIRも実施します。

【変更の範囲】
適性に応じて会社の指示する業務への異動を命じることがある
勤務地
愛知県
必要な経験・能力
【必須要件】
◆企業法務の実務経験

【歓迎要件】
◇弁護士資格等の法曹資格
◇英語(TOEIC860点程度以上)
想定年収
500万円 ~ 1200万円
ポジション
弁護士※東京事務所/69~76期の方が主な対象です
仕事内容
弁護士業務全般を行って頂きます。現在の業務割合は下記の通り幅広い案件を扱っております。その中でも債務整理がやや多めでございますが、今後は労働と相続により力を入れていく方針です。

交通事故:10%
離婚親権:10%
遺言相続:17%
労働問題:18%
債務整理(法人破産・再生):25%
その他事件:10%

他、社内プロジェクト、社内勉強会講師、外部セミナー、広報コンテンツ制作など事件処理以外の業務が10%
※上記は各弁護士の業務負担を割合にしたものです。
勤務地
東京都
必要な経験・能力
【必須資格】
・弁護士有資格者(73~76期の方が主な対象です)
想定年収
650万円 ~ 1300万円
ポジション
法務【東証プライム上場】※弁護士歓迎※/グローバルメーカー
仕事内容
1. 契約書レビュー・作成業務(うち、英文契約書2~3割)
2. 各部門からの法律相談対応(新規事業・新規取引に関する法的論点の検討等)
3. コンプライアンス関連業務(コンプライアンス教育・研修、改正法対応等)
4. 係争対応
5. 取締役会事務局業務

※法務関連業務全般をご担当いただく予定です。

【変更の範囲】適性に応じて会社の指示する業務への異動を命じることがある
勤務地
東京都
必要な経験・能力
<必須>
以下のいずれかに該当する方
・企業法務のご経験を有する方
・弁護士資格をお持ちの方
※民事のみ経験の方でも応募可能です。

<歓迎>
・英語での読み書きができる方(英文契約書を作成・レビューする機会や海外の子会社および弁護士等と英文メールでコミュニケーションをとる機会があります)
想定年収
400万円 ~ 750万円
弁護士 未経験OK マネジメント 英語を活かす 法科大学院修了者

東証プライム上場/自動車部品のグローバルメーカー/法務/法科大学院生歓迎

152141
ポジション
法務【東証プライム上場】※法科大学院修了生歓迎/グローバルメーカー/弊社からの入社実績有
仕事内容
1. 契約書レビュー・作成業務(30件程度/月発生。幅広い契約内容に携わります。うち、英文契約書2割。)
2. 各部門からの法律相談対応(新規事業・新規取引に関する法的論点の検討等)
3. コンプライアンス関連業務(コンプライアンス教育・研修、改正法対応等)
4. 係争対応
5. 取締役会事務局業務

※法務関連業務全般をご担当いただく予定です。

【変更の範囲】適性に応じて会社の指示する業務への異動を命じることがある
勤務地
東京都
必要な経験・能力
<必須>
・法学部卒業または法科大学院もしくは大学院の法学系研究科修了など、なんらかの法律に関する資格または積極的・体系的に法律を学んだ経験をお持ちの方

<歓迎>
・英語での読み書きができる方(英文契約書を作成・レビューする機会や海外の子会社および弁護士等と英文メールでコミュニケーションをとる機会があります)
想定年収
400万円 ~ 600万円
ポジション
★【東証プライム モーター世界トップ企業】法務グループ チームリーダー【東京or京都】
仕事内容
以下の内容をこれまでのご経験・お強みを鑑み、お任せしていく予定です。
・同社およびグループ会社(国内外)の契約・法律相談・紛争・訴訟・M&Aを支援する
・配下メンバーのマネジメントおよび指導育成

【期待する役割】
グループ全体のリーガルリスク及びコンプライアンスをコントロールし、経営と一体となった戦略的法務を実現するために、複雑化・多様化する国内外の法務案件に対して、迅速かつ適切に対応し、事業の拡大に貢献する。

【変更の範囲】適性に応じて会社の指示する業務への異動を命じることがある
勤務地
東京都 京都府
必要な経験・能力
【必須】
●国内外の幅広い法律知識(企画チームは会社法業務の経験が必須)
●企業法務経験/弁護士事務所経験、 部下1名以上のマネジメントまたは業務指導経験
●論理的思考力、コミュニケーション能力、課題解決力、リーダーシップ、
●英語力(ビジネスレベル)特に、英文契約書の読解と起案がスムーズに行えること。

【歓迎】
●弁護士資格(日本、米国NY州等)、コンプライアンスに関する知識・経験
●3年以上のマネジメント経験、海外経験、英文契約の対応経験
●情熱・熱意・執念をお持ちの方
●中国語
想定年収
839万円 ~ 949万円
ポジション
アカウンティングサービス(アソシエイト)
仕事内容
•外資系企業の会計処理、月次・年次レポート作成
•キャッシュマネジメント(口座開設、口座管理、支払業務)
•英文・邦文の決算書作成"

【変更の範囲】なし
勤務地
東京都
必要な経験・能力
•要英語力
(もちろん会話もできればなお良いですが、読み書きにアレルギーがなければ可と致します。
取り扱う資料や仕訳などの科目は英語が多く、メールもほとんど英語となります。)
•Excel使用経験のある方
•経理業務経験者(記帳代行or仕分けの経験必須)
•日商簿記2級
想定年収
400万円 ~ 500万円
ポジション
法務スペシャリスト◆CMで有名な東証プライム上場/リモートワーク可◆
仕事内容
法務部門にて、ご本人のスキルやご経験を踏まえて、下記業務をお任せします。
また、将来的には上場企業法務業務を幅広く担っていただくことを期待しています。

・契約書審査(日英)、審査業務の改善
・必要なルールの調査・作成(規程の修正管理を含む)
・法的トラブル解決、スキーム検討等、各種法務問題への対応(外部法律事務所等との共働を含む)
・知的財産権管理(当社が展開する諸外国での知財を含む)
・取締役会対応(日英での取締役会議事録作成を含む)
・コンプライアンス等での親会社との連携
・子会社管理に関する業務 
・個人情報保護を中心としたリスク管理に関する方針策定・ルールと体制の整備および推進
・トラブルや相談への対応

【変更の範囲】適性に応じて会社の指示する業務への異動を命じることがある
勤務地
大阪府
必要な経験・能力
【必須条件】
■以下いずれかに該当する方
 1.事業会社にて法務業務経験、もしくはそれに準ずる職務経験をお持ちの方
 2.弁護士資格(海外含む司法試験合格で可)
■チームワークの精神がある方

【歓迎条件】
・弁護士資格/海外含む司法試験合格
・ビジネスレベル以上の英語力(英語会議で問題なく意思疎通ができるレベル)
・会計知識をお持ちの方(事業運営上は必須知識であり、取締役会での議論の理解等に必要であるため)

【求める人物像】
・向上心高く、現状を是とせず、常に自分の能力を高める取り組みができる方
・より良い方法、新しい方法を考えることのできる方
・同社の企業理念や行動規範に共感できる方
想定年収
500万円 ~ 1000万円
ポジション
法務 ※東証プライム上場の老舗化学メーカー
仕事内容
酸化チタンの国内製造NO.1である当社にて、法務業務をお任せいたします。

~具体的には~
■契約書の作成、折衝、管理
■国内外諸法規の動向調査 
などから携わっていただく予定です。
語学力に応じて、国際法務もお願い致します。

【変更の範囲】適性に応じて会社の指示する業務への異動を命じることがある
勤務地
大阪府
必要な経験・能力
【必須条件】
■法務経験

【歓迎条件】
■英語スキル
■弁護士

想定年収
400万円 ~ 800万円
ポジション
【東京】法務スペシャリスト◆CMで有名な東証プライム上場/リモートワーク可◆
仕事内容
法務部門にて、ご本人のスキルやご経験を踏まえて、下記業務をお任せします。
また、将来的には上場企業法務業務を幅広く担っていただくことを期待しています。

・契約書審査(日英)、審査業務の改善
・必要なルールの調査・作成(規程の修正管理を含む)
・法的トラブル解決、スキーム検討等、各種法務問題への対応(外部法律事務所等との共働を含む)
・知的財産権管理(当社が展開する諸外国での知財を含む)
・取締役会対応(日英での取締役会議事録作成を含む)
・コンプライアンス等での親会社との連携
・子会社管理に関する業務 
・個人情報保護を中心としたリスク管理に関する方針策定・ルールと体制の整備および推進
・トラブルや相談への対応

【変更の範囲】※職安法改正のため記載 
適性に応じて会社の指示する業務への異動を命じることがある
勤務地
東京都
必要な経験・能力
【必須条件】
■以下いずれかに該当する方
 1.事業会社にて法務業務経験、もしくはそれに準ずる職務経験をお持ちの方
 2.弁護士資格(海外含む司法試験合格で可)
 3.法学研究科(大学院)を卒業(修了)され、司法修習を受けられた方
■チームワークの精神がある方

【歓迎条件】
・弁護士資格/海外含む司法試験合格
・ビジネスレベル以上の英語力(英語会議で問題なく意思疎通ができるレベル)
・会計知識をお持ちの方(事業運営上は必須知識であり、取締役会での議論の理解等に必要であるため)

【求める人物像】
・向上心高く、現状を是とせず、常に自分の能力を高める取り組みができる方
・より良い方法、新しい方法を考えることのできる方
・同社の企業理念や行動規範に共感できる方
想定年収
500万円 ~ 1000万円
ポジション
法務担当者<上場グローバルメーカー/リモートワーク週4回程度/海外留学支援制度有>
仕事内容
~主に基幹業務(契約法務)を中心にお任せ致します~

当面は基幹業務である契約審査に専念し、定型的な契約(業務委託、取引基本、NDA)を中心としながら様々な種類の契約に対応いただきます。
その後に適性などに応じて、海外案件を含めたM&A等の投資案件、紛争案件、グループ全体でのリーガルリスク低減に向けた制度設計などを上司の指導の下でご担当いただきます。

・各種契約書の立案・作成支援及び審査
・法務相談への助言・指導等の対応
・法務リスクの調査分析、法務教育及び啓発活動等、予防法務の実施
・紛争における法的防御及び訴訟対応

【変更の範囲】適性に応じて会社の指示する業務への異動を命じることがある
勤務地
東京都
必要な経験・能力
□必須要件
・企業や法律事務所において3年以上の契約審査業務経験がある方(ただし、業務経験の内容に応じて相談可)
・企業間の取引契約書の作成・審査 例)機器取引など

□歓迎要件 
・法科大学院卒
・弁護士資格
・ビジネス実務法務検定 2級
・製造業(機械、電機、部品等)、エンジニアリング会社での企業法務経験
・海外取引契約の作成・審査 例)機器取引

□求める人物像
・企業法務、製造業に関心をもっていること。
・改善/改革志向で、自らの課題形成に基づき自律的にその課題に取り組む意思・熱意を持っていること。
・困難な環境でもやり抜くメンタリティを持っていること。
・幅広く専門性を向上させたいとの志望があること。

□学歴
大学卒以上

□語学 ※TOEICスコアに限定せず、同等の語学力があれば歓迎します。
TOEIC 650点以上を歓迎
メール【ある】/資料・文書読解【常にある】/電話会議・商談【ある】/駐在【将来的にはある】
想定年収
480万円 ~ 630万円
ポジション
法務リーダー候補<上場グローバルメーカー/リモートワーク週4回程度/海外留学支援制度有>
仕事内容
当面は基幹業務である契約審査を中心に対応いただきます。
また、適性などに応じて、海外案件を含めたM&A等の投資案件、紛争案件、グループ全体でのリーガルリスク低減に向けた制度設計などを上司の方針の下でご担当いただきます。
海外売上比率が50%を超えてさらに世界中にビジネスを拡大していくなかで、希望する方には海外との交渉、法律事務所への相談やグループ会社とのコミュニケーションなど、グローバルに活躍いただける機会があります。

【変更の範囲】適性に応じて会社の指示する業務への異動を命じることがある
勤務地
東京都
必要な経験・能力
□必須要件
・企業や法律事務所において7年以上の契約審査業務経験がある方(ただし、業務経験の内容に応じて相談可)
・企業間の取引契約の作成・審査 例)機器取引、M&A

□歓迎要件 
・法科大学院卒
・弁護士資格
・ビジネス実務法務検定 1級
・製造業(機械、電機、部品等)、エンジニアリング会社での企業法務経験
・国内外の子会社からの契約審査実施経験
・海外子会社へのコンプライアンス指導経験

□求める人物像
・企業法務、製造業に関心をもっていること。
・改善/改革志向で、自らの課題形成に基づき自律的にその課題に取り組む意思・熱意を持っていること。
・困難な環境でもやり抜くメンタリティを持っていること。
・個人のみならず、チームとしての業績向上に貢献できること。

□学歴
大学卒以上

□語学 ※TOEICスコアに限定せず、同等の語学力があれば歓迎します。
TOEIC 730点以上を歓迎
メール【ある】/資料・文書読解【常にある】/電話会議・商談【ある】/駐在【将来的にはある】
想定年収
660万円 ~ 860万円
ポジション
法務(コーポレート法務/事業法務)※上場企業/リモート・フレックス可
仕事内容
今回主に求めているのは、大きく分けるとグループ全体の「事業法務」および「コーポレート法務」の分野の中核メンバーとしてご活躍いただける方となります。

<事業法務>
・各種事業における事業スキームの検討、規約等の作成、その他契約書の作成・審査・交渉等
・事業運営上のリスク事象への対応
・新規事業や新機能の法的観点からの検討
・個人情報保護法、職業安定法、電気通信事業法等の法令改正対応
・ビジネスに関する各種研修の実施
・紛争事案の対応

<コーポレート法務>
・株主総会、取締役会(グループ各社含む)等の会議体運営
・コーポレート・ガバナンスに関する検討・対応
・グループ全体におけるコンプライアンス推進活動、研修等
・M&Aに関するDD対応、契約書の作成・交渉、法定手続等
・グループ内の組織再編に関する契約書の作成、法定手続等
・各種登記手続への対応、司法書士との連携
・内部通報制度の運用、通報への対応等

(基本的には事業法務又はコーポレート法務いずれかの業務に専属で携わっていただく想定ですが、ご本人の希望も踏まえつつ、ローテーション等のかたちで幅広く業務に携わっていただきたいと考えています。そのため、事業法務、コーポレート法務のどちらにも挑戦したい、という方も歓迎します。)

【変更の範囲】 なし
勤務地
東京都
必要な経験・能力
【必須】
・法学部、ロースクール、法科大学いずれかを卒業・修了された方
・企業法務の実務経験、もしくは弁護士資格をお持ちの方(民事のみのご経験でも可)

【歓迎】
・司法書士、行政書士の方
・上述業務内容の幅広いご経験
想定年収
700万円 ~ 1100万円

弁護士の求人・転職について

1、弁護士の転職市場はどうなっている?

  • 2023年の弁護士の転職市場は活況でした。中でもここ数年は一般企業に転職しインハウス弁護士として活躍するケースが増加しています。

    2020年のコロナ禍以降、一般企業ではリモートワークやフレックスタイムを活用した柔軟な勤務が可能な環境整備が進んでいる一方で、法律事務所ではクライアントとなる個人・企業情報の取り扱いや複数の弁護士でチームアップして進める案件などの関係から、一般企業ほど柔軟な勤務形態をとることは難しいのが現状です。
    働き方を重視する弁護士が一般企業に転職するという流れは、2024年以降もしばらく続くでしょう。

    法律事務所においては、WEB3などの先端技術の発展により、新規領域に強みを持つ法律事務所・弁護士のニーズが高まり、比較的新しい事務所がALB Japan Law Awardsに選出されるケースが増えています。 2024年はこれまでのローファームの在り方から、新しいローファームへと変革を遂げている過渡期と言えるでしょう。

  • 関連ページ:『【2024年最新版】弁護士の転職市場動向を徹底解説!』

2、弁護士求人の平均年収は?

  • 2023年に募集のあった弁護士求人の想定年収は、平均806万円でした。未経験OK求人は平均643万円、経験者募集求人は平均818万円と175万円の差がありました。
    また、未経験OKは「400万~599万(47.8%)」が半数近くを占める一方、経験者募集では「600万~799万(32.9%)」と「800万~999万(29.7%)」が3割ずつを占める結果になっています。

    法律事務所の場合、担当する分野によって年収が大きく異なる傾向があります。企業法務をメインとする法律事務所であれば、アソシエイト弁護士の期間で800~1,200万円程度の年収となるケースが多いようです。大手渉外事務所の場合は1年目から1,000万円前後の年収となるケースも珍しくありません。一般民事事件を主に扱う法律事務所では、アソシエイト弁護士の年収相場は500~800万円程度となる場合が多いようです。

    企業の法務部門にて、企業内弁護士として就業している弁護士の場合、所属する企業の業種によって年収水準が異なります。法務スタッフ~リーダークラスの場合500~650万円程度、マネージャークラスの場合650~800万円程度となるケースが多いようです。年収水準が高い企業や外資系企業、経験を有する弁護士を通常の正社員とは別のスペシャリスト枠で採用する企業の場合、年収が1000万円を超えるケースも見られます。

  • 関連ページ:『弁護士の転職市場レポート2024』

3、弁護士のよくある転職理由は何?

  • 法律事務所への転職を検討する弁護士の場合、弁護士として専門性を高めたい分野があり、その分野に強い法律事務所に移りたいという理由が多いです。企業への転職を検討している場合、アドバイザーとして外部から案件にかかわる法律事務所の立場から、自社の案件に最初から最後まで携わることができ、関与度合いによっては意思決定にも関われる企業内法務部門に移りたいという理由がよく聞かれます。

    その他には、ボス弁と呼ばれる事務所のパートナー弁護士との相性などの人間関係、ワークライフバランスの改善、入所時に想定していた業務と実情に乖離があり、長期的なキャリア形成に不安があるといった理由も実は弁護士によくある転職理由です。

4、弁護士の主なキャリアパスは?

  • ファーストキャリアとして法律事務所を選択した場合、アソシエイト弁護士としてキャリアをスタートし、その事務所の案件をこなしていったあと、パートナー弁護士として自ら顧客を開拓し事務所の経営に携わっていくというキャリアパス、弁護士として独立開業するというキャリアパス、途中で企業に転職をし、企業内法務部にて経験を積んでいくというキャリアパスがあります。

    ファーストキャリアで企業内法務部を選択した場合は、基本的には企業の法務部にてキャリアを積んでいくケースが多いでしょう。法務部内で昇進をしていくケースもあれば、IPOを目指すベンチャー企業などにおいて、法務に限らず幅広い管理部門業務をこなせるゼネラリストとしてのキャリアを目指すケースもあります。

    法律事務所の場合でも、企業の場合でも、海外留学制度を設けている場合は海外のロースクールに留学し、海外弁護士資格も取得したうえで国際法務のスペシャリストを目指すキャリアパスもあります。

弁護士の求人・転職について

1、弁護士の転職市場はどうなっている?
  • 2023年の弁護士の転職市場は活況でした。中でもここ数年は一般企業に転職しインハウス弁護士として活躍するケースが増加しています。

    2020年のコロナ禍以降、一般企業ではリモートワークやフレックスタイムを活用した柔軟な勤務が可能な環境整備が進んでいる一方で、法律事務所ではクライアントとなる個人・企業情報の取り扱いや複数の弁護士でチームアップして進める案件などの関係から、一般企業ほど柔軟な勤務形態をとることは難しいのが現状です。
    働き方を重視する弁護士が一般企業に転職するという流れは、2024年以降もしばらく続くでしょう。

    法律事務所においては、WEB3などの先端技術の発展により、新規領域に強みを持つ法律事務所・弁護士のニーズが高まり、比較的新しい事務所がALB Japan Law Awardsに選出されるケースが増えています。 2024年はこれまでのローファームの在り方から、新しいローファームへと変革を遂げている過渡期と言えるでしょう。

  • 関連ページ: 『【2024年最新版】弁護士の転職市場動向を徹底解説!』
2、弁護士求人の平均年収は?
  • 2023年に募集のあった弁護士求人の想定年収は、平均806万円でした。未経験OK求人は平均643万円、経験者募集求人は平均818万円と175万円の差がありました。
    また、未経験OKは「400万~599万(47.8%)」が半数近くを占める一方、経験者募集では「600万~799万(32.9%)」と「800万~999万(29.7%)」が3割ずつを占める結果になっています。

    法律事務所の場合、担当する分野によって年収が大きく異なる傾向があります。企業法務をメインとする法律事務所であれば、アソシエイト弁護士の期間で800~1,200万円程度の年収となるケースが多いようです。大手渉外事務所の場合は1年目から1,000万円前後の年収となるケースも珍しくありません。一般民事事件を主に扱う法律事務所では、アソシエイト弁護士の年収相場は500~800万円程度となる場合が多いようです。

    企業の法務部門にて、企業内弁護士として就業している弁護士の場合、所属する企業の業種によって年収水準が異なります。法務スタッフ~リーダークラスの場合500~650万円程度、マネージャークラスの場合650~800万円程度となるケースが多いようです。年収水準が高い企業や外資系企業、経験を有する弁護士を通常の正社員とは別のスペシャリスト枠で採用する企業の場合、年収が1000万円を超えるケースも見られます。

  • 関連ページ: 『弁護士の転職市場レポート2024』
3、弁護士のよくある転職理由は何?
  • 法律事務所への転職を検討する弁護士の場合、弁護士として専門性を高めたい分野があり、その分野に強い法律事務所に移りたいという理由が多いです。企業への転職を検討している場合、アドバイザーとして外部から案件にかかわる法律事務所の立場から、自社の案件に最初から最後まで携わることができ、関与度合いによっては意思決定にも関われる企業内法務部門に移りたいという理由がよく聞かれます。

    その他には、ボス弁と呼ばれる事務所のパートナー弁護士との相性などの人間関係、ワークライフバランスの改善、入所時に想定していた業務と実情に乖離があり、長期的なキャリア形成に不安があるといった理由も実は弁護士によくある転職理由です。
4、弁護士の主なキャリアパスは?
  • ファーストキャリアとして法律事務所を選択した場合、アソシエイト弁護士としてキャリアをスタートし、その事務所の案件をこなしていったあと、パートナー弁護士として自ら顧客を開拓し事務所の経営に携わっていくというキャリアパス、弁護士として独立開業するというキャリアパス、途中で企業に転職をし、企業内法務部にて経験を積んでいくというキャリアパスがあります。

    ファーストキャリアで企業内法務部を選択した場合は、基本的には企業の法務部にてキャリアを積んでいくケースが多いでしょう。法務部内で昇進をしていくケースもあれば、IPOを目指すベンチャー企業などにおいて、法務に限らず幅広い管理部門業務をこなせるゼネラリストとしてのキャリアを目指すケースもあります。

    法律事務所の場合でも、企業の場合でも、海外留学制度を設けている場合は海外のロースクールに留学し、海外弁護士資格も取得したうえで国際法務のスペシャリストを目指すキャリアパスもあります。

よくある質問

Q. 司法試験の合格順位は、就職活動に影響はありますか?

  • A. 司法試験の合格順位の選考上の影響度は、法律事務所と一般企業によって異なります。

    法律事務所は、複数の弁護士を比較検討して採用するため、司法試験の合格順位の影響は少なからずあります。 特に比較対象の候補者が多い、大手法律事務所や人気の法律事務所は、より合格順位が高いほど選考上で有利に働く可能性が高いです。

    一方で企業の場合は、必ずしも複数の弁護士を比較検討するわけではないので、司法試験の合格順位よりも、語学力や人物面の相性などの要素を重視する傾向があります。

Q. インハウスローヤーのメリット・デメリットを教えてください。

  • A. メリットは安定性や長時間勤務や休日出勤がなく、ワークライフバランスを高めることができる点です。

    対するデメリットとしては、年収上限があることや企業法務の業務内容は契約書の作成、チェック、管理といった定型業務が多いため、 弁護士としての専門性を高めたい方はミスマッチとなるケースが考えられます。 ただ、訴訟対応やM&A、企業成長のための戦略的な法務業務を担うケースもあり、弁護士としての知識を活かせる場面も大いにあると言えます。

    インハウスローヤーは安定性や仕事と生活のバランスを重視したい方におすすめです。

    関連ページ:『企業内弁護士(インハウスローヤー)に転職する際に知っておきたいこと 法律事務所勤務の弁護士と比較!』

Q. 弁護士の英語力はどの程度のレベルが必要でしょうか?

  • A. 英語力を必須とする求人と、歓迎要件とする求人によって異なりますが、契約書の読解やメールの作文に支障がないレベルであれば、チャレンジ出来る求人が多くなります。

    流暢な会話が求められる求人は、総合商社や国際展開しているメーカー、外資系企業などに限られますので、まずはしっかりと読み書きに対応出来る実力をつけていただくと良いかと存じます。

    もちろん、実務で英語に携わっていることが好ましいのですが、その機会が少ない場合は、TOEICをお勧めします。スコアの目安は、企業・法律事務所ともに800点以上(最低ライン目安750点)あれば、多くの求人企業の書類選考の応募要件は満たせるかと存じます。

    関連ページ:『英語力がある企業内弁護士の評価は高いのか』
    関連ページ:『英語力を活かしたい弁護士の活躍先!具体的にどのような場面で活かせる?』

よくある質問

Q. 司法試験の合格順位は、就職活動に影響はありますか?
  • A.司法試験の合格順位の選考上の影響度は、法律事務所と一般企業によって異なります。

    法律事務所は、複数の弁護士を比較検討して採用するため、司法試験の合格順位の影響は少なからずあります。 特に比較対象の候補者が多い、大手法律事務所や人気の法律事務所は、より合格順位が高いほど選考上で有利に働く可能性が高いです。

    一方で企業の場合は、必ずしも複数の弁護士を比較検討するわけではないので、司法試験の合格順位よりも、語学力や人物面の相性などの要素を重視する傾向があります。
Q. インハウスローヤーのメリット・デメリットを教えてください。
  • A. メリットは安定性や長時間勤務や休日出勤がなく、ワークライフバランスを高めることができる点です。

    対するデメリットとしては、年収上限があることや企業法務の業務内容は契約書の作成、チェック、管理といった定型業務が多いため、 弁護士としての専門性を高めたい方はミスマッチとなるケースが考えられます。 ただ、訴訟対応やM&A、企業成長のための戦略的な法務業務を担うケースもあり、弁護士としての知識を活かせる場面も大いにあると言えます。

    インハウスローヤーは安定性や仕事と生活のバランスを重視したい方におすすめです。

    関連ページ:『企業内弁護士(インハウスローヤー)に転職する際に知っておきたいこと 法律事務所勤務の弁護士と比較!』
Q. 弁護士の英語力はどの程度のレベルが必要でしょうか?
  • A. 英語力を必須とする求人と、歓迎要件とする求人によって異なりますが、契約書の読解やメールの作文に支障がないレベルであれば、チャレンジ出来る求人が多くなります。

    流暢な会話が求められる求人は、総合商社や国際展開しているメーカー、外資系企業などに限られますので、まずはしっかりと読み書きに対応出来る実力をつけていただくと良いかと存じます。

    もちろん、実務で英語に携わっていることが好ましいのですが、その機会が少ない場合は、TOEICをお勧めします。スコアの目安は、企業・法律事務所ともに800点以上(最低ライン目安750点)あれば、多くの求人企業の書類選考の応募要件は満たせるかと存じます。

    関連ページ:『英語力がある企業内弁護士の評価は高いのか』
    関連ページ:『英語力を活かしたい弁護士の活躍先!具体的にどのような場面で活かせる?』

新着求人・転職情報一覧

30年以上の豊富な転職ノウハウと最新の転職・求人情報をご紹介できます。転職サイトに掲載できない非公開求人もございますのでまずはエントリーを!

条件を指定して求人を探す

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

現在の検索条件

職種
資格
勤務地
希望年収
こだわり条件
検索条件の変更

サイトメニュー

職種で求人を探す
資格で求人を探す
勤務地で求人を探す
資格の転職情報を調べる
転職セミナー・個別相談会
転職サービス紹介
転職ノウハウ
求人企業の皆様へ
MS-Japanについて

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

初めてご訪問の方へ

管理部門・士業特化型エージェントMS Agentのサービスをご覧ください!

MSーJapanの転職
サポートサービスについて

新着求人

【法務マネージャー候補】AItechベンチャー/働きやすい環境/IPO準備

(201713)
ポジション
法務マネージャー候補【リモート勤務可(週2~3日程度)】
仕事内容
・契約審査
・知財
・紛争、訴訟
・広告審査
・コンプライアンス
・株主総会、株式事務
・取締役会、経営会議事務局
・社内規程
・リスクマネジメント
・コーポレートガバナンス
・メンバーのマネジメント

【変更の範囲】適性に応じて会社の指示する業務への異動を命じることがある
勤務地
東京都
想定年収
800万円 ~ 1200万円

IPO準備中の老舗メーカーから登戸_総務人事部長の募集です!

(201708)
ポジション
総務人事部長【フルフレックス|在宅勤務可|IPO準備中】
仕事内容
・総務部(法務含む)および人事部業務全般
・株主総会の運営を主体となって担当
・子会社の総務人事部長も兼務していただきます。

【変更の範囲】
会社が指定する業務に変更の場合あり
勤務地
神奈川県
想定年収
845万円 ~ 1000万円

創立100年以上の無借金・黒字経営を続ける老舗安定企業から経理管理職または候補の求人です!

(199462)
ポジション
<管理職募集>経理・財務【東証プライム上場/東京日本橋勤務】
仕事内容
これまでのご経験やスキルに応じて以下の業務をお任せします。
・経理業務
└月次・四半期決算
 開示書類の作成
 予算管理
 連結決算
など、上場企業が行う経理業務全般

・財務業務(主として、支払事務等の出納業務)

【変更の範囲】適性に応じて会社の指示する業務への異動を命じることがある
勤務地
東京都
想定年収
700万円 ~ 850万円

【リモート勤務可能】パラリーガル(マネージャー)募集!

(195593)
ポジション
パラリーガル(マネージャー候補:東京勤務)※リモート有り/ワークライフバランス◎
仕事内容
◆業務内容
<マネジメント>
パラリーガルグループのメンバーおよび業務のマネジメントをお任せします。

<業務改善PJ>
パラリーガルおよび弁護士のチーム長ら管理職と共同し、実務組織全体の業務効率化を推進していただきます。

<パラリーガル業務>※業務割合は相談
・電話対応
・来客対応
・郵便物の受け取り、配布・開封業務
・契約締結補助
・各種書類の作成
・各種書類の送付業務
・案件に関する書類・資料のファイリング、整理(データ入力含む)
・請求書発行・入金依頼
・弁護士のスケジュール管理
・その他事務所内で発生する業務
・採用面接

変更の範囲:なし
勤務地
東京都
想定年収
600万円 ~ 800万円

上場グループ企業/【人事労務(管理職候補)】/フルフレックス制

(200054)
ポジション
人事労務(管理職候補)/フルフレックス制
仕事内容
【雇入れ直後】
・勤怠管理
・給与賞与に関する処理全般、人件費計上資料の作成業務
・労務相談 、社会保険/労働保険手続き/チェック
・入退社手続き、各種異動手続き等

【変更の範囲】
会社が指定した業務、あるいは事業所本部に係る業務
勤務地
東京都
想定年収
600万円 ~ 800万円

大手上場企業グループ会社の人事労務求人/大阪市内アクセス至便/在宅勤務可

(200568)
ポジション
人事労務【人事給与チーム】◆大手上場子会社/WLB◎◆
仕事内容
HR事業本部 給与計算・社会保険
Generalist(人事給与システム)を用いた給与計算業務全般、およびその関連業務。労働法知識等を活用した人事サービスの提供等。
※年末調整時期など、業務繁忙期あり
【変更の範囲】:同社業務全般

【利用システム】
Generalist(人事給与システム)

【やりがい】
グループ内の給与人事業務のシェアードサービスを提供しています。グループ全体の労務のガバナンスや効率化のためのIT利用等を進めているため、様々な経験を積むことができます。
勤務地
大阪府
想定年収
385万円 ~ 460万円

現在の検索条件

職種
資格
勤務地
希望年収
こだわり条件
検索条件の変更