2024年04月16日

会計事務所(税理士事務所)からの転職先は?税理士補助から企業経理へ!?

管理部門・士業の転職 管理部門・士業の転職

MS-Japanでは、会計事務所や税理士事務所で働いている会計事務スタッフや税理士補助などの経験者に対してキャリアに関するご相談を頻繁に受けております。
会計事務所での就業経験があれば、別の事務所や企業経理への転職など様々なキャリアに進める可能性あります。

この記事では、会計事務所で働いた経験を持つ方が、「企業の経理に転職する方法」と「同業界である会計事務所・税理士事務所に転職する方法」を紹介します。

会計事務経験者には一般企業の経理部門がおすすめ!

企業にとって経理部門とは、経営に直結する非常に重要なポストです。
そのため会計や税務に関する専門的な知識と技術を持つ会計事務所経験者は、即戦力として期待される可能性が高いです

会計事務所経験者に一般企業の経理が人気の理由を紹介します。

会計事務所経験者のスキルは企業経理に引く手あまた

会計事務所経験者が持つスキルは、一般企業の経理に転職してすぐに活かせるものです。
最近はマネジメントやマーケティングと連動して、経理業務の重要性も高まっており、企業内で経理の専門家に対するニーズも高まっています

さらに一企業の事例だけでなく、複数の企業経営を実際に自分の目で見てきた会計事務所経験者なら、その知識を転職先でフルに活用できるでしょう。
こうした強みを持つ会計事務所経験者は、中小企業から大手企業まで、多様なフィールドで活躍することが求められているのです。

ワークライフバランスが取りやすい

会計事務所の仕事は、担当件数等にもよりますが、場合によっては普段でも担当業務が多いうえに、決算時期などの繁忙期になると大量の業務を抱えることになります。その分、残業も多くなるでしょう。
決算のように完全に納期が限られている場合、その期限内に必ず仕事を仕上げることが要求されるので、どうしても私生活への負担が大きくなってしまいます。

一方で企業の経理を担当するようになれば業務が分散され、勤怠管理が適正であれば無理な残業に苦しむこともありません。仕事と生活のバランスも取りやすくなるでしょう。

キャリアアップに繋げやすい

基本的には会計税務業務をメインとしている会計事務所に比べて、企業の経理部門では多様な業務を経験するチャンスがありるため、そこで実績を上げれば、課長部長などの役職へ昇進できる可能性もあります。
また、CFOなど会社の経営に直接関わるポストに就けるかもしれません。

経理部門の重要性が高まっている現在の企業環境なら、他の部門よりも実績が認められるチャンスが多く、キャリアアップステップアップに繋げやすいともいえます。
会計事務スタッフや税理士補助として、決まった業務だけをこなすよりも、業績次第では会社の重要なポストで働ける一般企業の方が、幅広い活躍の場が期待できるのではないでしょうか。

一般企業の方が概して安定している

日本国内の会計事務所の多くが小規模経営のため、資金力が十分な事務所が多いとはいえず、クライアントも限られてくるため、税理士補助としての収入は満足できるレベルではないかもしれません。
将来性を考えても、仕事量が増えつつ収入アップすることが、なかなか難しいケースもあるでしょう。

一方で一般企業に転職すると、社内規定により収入が保証されおり、業績を上げれば収入アップも可能です。
将来が不安な状況で働き続けるより、安定した一般企業に転職する方が、自身の生活のためにもメリットが大きいケースもあるといえるでしょう。

企業経理への転職でアピールすべきこと

会計事務所経験者は企業経理からの需要が高いことは事実ですが、経理としては未経験での転職になる為、転職を実現するにはご自身の魅力を十分にアピールする必要があります。

特に下記のポイントをアピールできると転職で評価されやすい傾向があります。

・経理業務に対してやる気がある
即戦力として役立つ知識・経験がある
・経理の仕事に適性がある

会計事務所経験者の中には、日商簿記といった会計関連の資格をお持ちの方も少なくないと思います。企業経理への転職において資格取得は必須ではありませんが、実際の業務に役立つうえ、やる気をアピールするといった点でも有効です。

また、即戦力としての採用を狙うには、実務経験のアピールが最も大切です。具体的な業務経験を伝えるほど評価されるため、職務経歴書の自己PRにも、しっかりと記載しましょう。
その際は、「会計事務所での実務経験がいかに応募先企業の経理業務で役立つか」といった点を念頭におき、企業側に働くイメージがわくようなかたちで伝えることが重要です。

まずは転職エージェントに無料相談する

企業経理の転職志望動機

企業経理への転職志望動機を考える上で大切なポイントは、

なぜ会計事務所から経理を目指すのか
なぜその企業で働きたいのか

を明確にすることです。

会計事務所から経理を目指した理由を明確にすることで、なぜその企業の経理でないといけないのか何を実現するためにその企業を選んだのかを志望動機として伝えましょう。
経理の志望動機の書き方は下のページを参考にしてください。

企業の経理・財務への転職にベストな時期

企業経理の求人が増える時期は、自分が採用担当者になったつもりで考えるとイメージしやすくなります。
採用担当者は経理部門から人手不足解消を求められて求人を出すのですから、経理部門の繁忙期の2か月ほど前に求人を出すと考えられます。
1年間の経理業務の中で、人手が最も必要な時期は決算時期であり、年度末決算の手前に経理の求人が増える傾向があります。詳しくは下記のページをご確認ください。

まずは転職エージェントに無料相談する

企業経理への転職成功事例

税理士補助から企業経理への転職成功事例をご紹介します。

結婚を機に福利厚生が充実した一般事業会社への転職事例

Tさん(34歳・男性)
資格:税理士試験2科目合格(簿記論 財務諸表論)
<転職前>個人事務所 年収500万円
<転職後>一般事業会社 年収550万円
エリア:東京都

個人税理士事務所に税理士補助として勤務していた30代半ばのTさんは、結婚したのをきっかけに、企業経理への転職を決意しました。
税理士事務所は残業が多く、福利厚生も整っていなかったため、ワークライフバランスを求めたのが転職理由です。
弊社MS-Japanにご登録いただき転職活動を始めてみると、税理士補助から応募できる企業経理への求人は思った以上に多いことがわかりました。
そのなかからTさんは、残業が少なく、福利厚生が充実した一般事業会社への転職を無事決めました。
詳しく見る

長期的に年収アップが見込める上場メーカーへの転職事例

Tさん(28歳・男性)
資格:税理士試験3科目合格(簿記論 財務諸表論 所得税法)
<転職前>税理士法人 年収450万円
<転職後>一般事業会社 年収600万円
エリア:東京都

中小税理士法人に税理士補助として勤務していたSさんは、30歳になるのを目前に転職を考え始めます。
所内の雰囲気はよかったものの、年収の伸びしろに不安があったからです。
長期的なスパンで年収アップを実現するため、Sさんは、給与テーブルが設定されている上場メーカーを中心に応募。
企業研究と自己分析を徹底して行って面接に臨んだ結果、年収が大幅アップとなる上場メーカーへの転職を果たすことができました。
詳しく見る

まずは転職エージェントに無料相談する

別の会計・税理士事務所へ転職という選択肢も!

もし、現在の会計事務所から転職したい理由が「キャリアアップしたい」、「大きな規模の仕事がしたい」という場合は、現在の会計事務所から別の会計・税理士事務所へ転職という選択肢もあります。

会計事務所や税理士事務所は、事務所の規模に比例してクライアントの規模も大きくなる傾向があります。
現在勤めている事務所よりも大きな規模の事務所に転職することが出来れば、キャリアアップや大規模な仕事への挑戦が出来ますので、必ずしも別の業界に転職する必要はないのです。

会計・税理士事務所への転職成功事例

別の会計・税理士事務所へ転職をした成功事例を紹介します。

顧客に入り込んだ顧問業務が出来る税理士事務所への転職事例

Aさん(30歳・女性)
資格:簿記2級合格
<転職前>個人事務所 年収450万円
<転職後>税理士法人 年収450万円
エリア:東京都

個人税理士事務所に税理士補助として勤務していた30代前半のAさんは、税務についてより専門的な知識を持っている方の多い事務所への転職を希望されご登録いただきました。
年収よりも、働く環境を重視され転職活動を進める上で、Aさんの希望通り、前職よりも大規模でより専門的な業務が叶う税理士法人へ転職が決定しました。

まずは転職エージェントに無料相談する

会計・税理士事務所への転職にベストな時期

即戦力なる会計事務所経験者は常に募集しているため、求人数は1年を通して大きな変動はありません。
しかし、1月から3月にかけての繁忙期は現在勤めている事務所でも忙しく、転職活動に集中できない為、閑散期に転職を行うことをお勧めします。繁忙期が来る前の9月から11月が会計事務所経験者の転職ピーク時期と考えられます。

まずは転職エージェントに無料相談する

会計事務所経験者の転職なら転職エージェントが必須!

会計事務所経験者の転職なら転職エージェントが必須!

転職活動というと、求人サイトを使って1人で行う方法を思う浮かべるかもしれませんが、最近では「転職エージェント」を活用した転職活動が主流になっています。
転職エージェントとは、転職市場に関する幅広い知識を持つキャリアアドバイザーが、転職活動を全面的にサポートしてくれるサービスのことです。
転職エージェントのサポートを利用することで、自分が希望する条件に見合った求人情報を探してその都度連絡をしてくれたり、コネクションを活かして各企業の内部情報を入手してくれたりするので、転職活動をスムーズに進められます。

また、転職エージェントにも種類があり、様々な職種・業界の転職をサポートする総合型の転職エージェントもあれば、特定の業界に特化した特化型の転職エージェントもあります。
この記事で紹介している「会計事務所での経験を活かした転職」の場合は、経理や会計業界に特化した転職エージェントの利用がおすすめです。
一般的な事務職等への転職であればどの転職エージェントでも対応できますが、経理や会計など専門性が高い領域の転職の場合は、企業が求めるスキルとのマッチングが重要なため、経理・会計業界の転職市場などを把握している特化型の転職エージェントの方が転職を有利に進められます。

まとめ

会計事務所の実務経験は転職市場において大きな強みとなり、人材に対するニーズも高いです。
実際、会計事務スタッフや税理士補助などの実務経験をもとに、年収をアップさせて企業の経理部門に転職したケースは多く見られます。

しかし、会計・経理部門という専門職であるため、一般的な事務職などと同様の転職活動では十分な情報を集められず、妥協を重ねた結果、希望条件に合わない企業に転職してしまう恐れもあります。

自分の理想により近い転職を行えるようにするためにも、専門職に特化した 転職エージェントを活用するのがおすすめです。当社は会計・経理分野を専門的に扱っている 転職エージェントですので、転職を検討する場合はぜひご利用ください。

この記事を監修したキャリアアドバイザー

久村 知誉

大学卒業後、アパレル企業へ就職。横浜ルミネや渋谷の路面店にて販売職を経験。その後、MS-Japanへ入社。主にベンチャー企業をメインクライアントとし、リクルーティングアドバイザーを経て、現在は会計事務所・監査法人など士業領域にて求職者のカウンセリングから事務所側の採用支援まで広く携わっています。

会計事務所・監査法人 ・ IPO ・ 公認会計士 ・ 税理士 ・ 税理士科目合格 を専門領域として、これまで数多くのご支援実績がございます。管理部門・士業に特化したMS-Japanだから分かる業界・転職情報を日々更新中です!本記事を通して転職をお考えの方は是非一度ご相談下さい!

あなたへのおすすめ求人

サイトメニュー

職種で求人を探す
資格で求人を探す
勤務地で求人を探す
資格の転職情報を調べる
転職セミナー・個別相談会
転職サービス紹介
転職ノウハウ
求人企業の皆様へ
MS-Japanについて

業界最大級の求人数・転職支援実績!管理部門・士業の転職に精通した専門アドバイザーがキャリア相談~入社までサポートいたします。

無料でキャリア相談する

関連おすすめ記事

新着記事

Manegyニュースランキング

マネジーでポイントを貯めて、
豪華商品に交換しよう!

詳しくはこちら

powered by

業界最大級の求人数・転職支援実績!管理部門・士業の転職に精通した専門アドバイザーがキャリア相談~入社までサポートいたします。

無料でキャリア相談する