転職トピックス

会計事務所・税務スタッフ

≪税務スタッフ版≫志望動機・理由はこれで大丈夫?作り方や評価されるポイントとは?【コラム】

20180312topics.jpg

「税理士補助」として税理士事務所で働きたいと考えている方は、まず「どうすれば採用されやすいのか」が気になるのではないでしょうか。税理士事務所で働くということは、一般の企業で仕事をするのとは少し違うイメージがある勤務先です。面接などで、どのようなアピールをすると評価を得られやすいのか考えてみましょう。

「何を求められているか」を知る

税理士事務所の面接では、たとえば「就活マニュアル」のような書籍で説明されているような、何から何までハキハキと淀みなく受け答えをする、好感度重視の立ち振る舞いをしていても、それほど効果は期待できないかもしれません。

ポイントは、「その税理士事務所が何を求めているのか」から、逆算して考えることです。まずは求人広告に書いてあることを熟読し、さらに事務所のホームページがあれば、その内容もチェックして雰囲気を把握しておきましょう。

資格をアピールする

求人に「日商簿記2級以上必須」や「税理士試験科目合格歓迎」などの条件が記載してあるかもしれません。その資格があれば、面接で存分にアピールしましょう。ただ、「歓迎」というのは必ずしも資格はなくてもいいと読み取れますので、歓迎条件にある資格を持ちでなくても諦める必要はありません。

そもそも、簿記資格を求めるのは、職場で経理の何たるかといった基本的なことまで教える余裕がないから、といった事情だったりします。だとすれば、資格がなくても経理について勉強したことがあったり、ある程度の実務経験を積んでいたりすれば十分であるともいえるのです。

「税理士を目指したい」とアピールする

税理士補助として勤めながら、税理士試験の受験勉強をしている人も多いでしょう。税理士試験に合格しても、2年以上の実務経験がなければ税理士を名乗れませんので、合格前に経験を積んでおく方が合理的です。

しかし、税理士補助の仕事は、繁忙期の残業が多く、なかなか勉強時間を取ることが難しいでしょう。事務所の立場としても、仕事に支障が出るのであれば、受験勉強はやめてほしいとの本音を隠さない事務所もあるかもしれません。そのような事務所の面接で「税理士を目指す」と宣言しても逆効果です。

一方で、事務所のボス税理士自身が、もともと税理士補助として勤務しながら税理士試験に合格したのであれば、税理士補助が税理士を目指すことを歓迎し、応援してくれるはずです。その雰囲気を、できるだけ求人広告やホームページで確認してからアピールするのが得策です。

「経理の仕事は楽しい」とアピールする

税理士補助の業務は大変ですが、目標が明確なので、淡々と集中して仕事に取り組むことができ、面白みを感じながら仕事に打ち込む人も多いです。また、クライアント企業のさまざまな要素が数字で見えてくる点でも、謎解きのような魅力を含んでいます。
「経理の楽しさや社会的意義」をそれとなく伝えることによって、面接をする税理士もプライドをくすぐられるでしょうし、同時に税理士補助の適性も強調でき、効果的だといえます。

コミュニケーション能力をアピールする

税理士補助の重要な仕事の一つに「巡回」があります。定期的に、クライアントである企業を訪ねて、領収書を預かったり、税務や会計上で必要なアドバイスなどを送ったりします。時には、社長の経営判断にまで一部踏み込むべき場面があるかもしれません。
その際、アドバイスは自己満足でするものではなく、クライアントに実際の行動を起こしてもらわなければ意味がありません。相手のプライドを傷つけるような感じの悪い助言とならないように、上手なコミュニケーションで対応をする必要があります。
また、クライアントの巡回業務を通じて、多種多様な業種の内情を知ることができますので、一企業の経理担当として勤めるよりも、視野が広がるのは確かです。「社会のさまざまな側面に触れたい」とアピールするのも印象がよくなるはずです。

税理士事務所は通常、ボス税理士以下、せいぜい数人の税理士や税理士補助で構成される少数精鋭の場です。実は、どの企業にも言えることですが、税理士事務所も個性の強いメンバーが少なくはありません。密度の濃いコミュニティの中で、うまくバランスを取りながら日々の業務を進めていくことにも、高いコミュニケーション能力が求められます。

体力・気力に自信があること

12月から翌3月にかけては、税理士事務所にとっての繁忙期になることが多く、残業や休日出勤などの時間外労働が当たり前になります。そのような繁忙期にも、健康状態を保って粘り強く仕事ができることを伝えられれば、それも有効なアピールとなるでしょう。
学生時代の部活動やボランティア活動、あるいは過去の職歴のうえで、夜遅くまで集中して何かに取り組んだ経験や、集団に属するひとりとして貢献する喜びなど、具体的なエピソードを基に話せると更に好印象です。

まとめ

20180312topics-1.jpg

税理士補助としての就職活動も、服装やTPOをわきまえて丁寧に話すなど、基本的には他の就活と変わりません。ただ、税理士事務所の業務には固有の特徴がありますから、それを踏まえて志望動機や自らの強みをアピールできると、効果的な面接対応ができるでしょう。

【関連記事】
≪会計事務所の転職≫志望動機を上手く伝えるポイントをご紹介!

【おすすめ記事】
税理士補助の仕事内容とは?平均年収など気になるポイントとは。
税理士補助業務をしつつ働くメリットとは?また勉強できる事務所の見分け方とは?


<参考>
ベンチャーインク国際会計事務所-【税理士・会計事務所】志望動機・理由の作り方 (未経験でも使える例文あり)

【この記事を読んだ方におすすめのサービス】
◆≪会計業界の転職にも特化!≫MS-Japanの無料転職サポートサービスとは?
◆≪転職で譲れないポイントを相談&発見!≫無料転職相談会・無料転職セミナー
◆≪期間限定プレゼント有≫転職や会計業界のお役立ちトピックスをキャリアアドバイザーが毎週ご紹介!メルマガ登録はこちら

次の記事 > コインチェック問題 未然に防ぐために会計士がすべきだったこと【コラム】

前の記事 > 税理士補助業務をしつつ働くメリットとは?また勉強できる事務所の見分け方とは?【コラム】




ほかのトピックスもチェック!転職トピックス一覧

3分でわかる最新人事コラム3分でわかる最新人事コラム一覧

  

転職セミナー・個別相談会 開催中セミナー・個別相談会

転職セミナー・個別相談会一覧

To Top