転職トピックス

会計事務所・税務スタッフ

会計事務所の事務・補助とはどんな仕事をするのか

 会計事務所の事務・補助とはどんな仕事をするのか

会計事務所は、多くの場合、税理士資格者が経営・所属している本拠地となるオフィスで運営されています。ただ税理士の資格がない方も、会計事務所で税理士の補助事務職として働いています。では、そうした事務職の方は具体的にどのような業務に携わっているのでしょうか。

会計事務スタッフ(税理士補助)の大まかな仕事内容

会計事務所は税理士が経営していますから、会計事務所に勤務するなら、税理士の資格を取得することも考えられます。

しかし、税理士になるには、税理士試験に合格するか、税務署の職員として相当なキャリアを積むかが王道です。とはいえ、税理士試験は難関ですし、税理士になるために公務員試験に通って税務署職員として勤務し続けるのは、あまりにも遠回りです。

会計事務所には、税理士の業務をサポートするスタッフ(税理士補助)がいます。税理士補助として会計事務所に勤務するなら、税理士資格が不要です。お金の計算が好き、あるいは得意としているなら、有効なキャリアパスだといえるでしょう。

税理士試験は難関ですが、税理士にしか許されていない独占業務は、税務まわりの一定の範囲に限定されています。税理士法に規定されているところでは、次の通りです。

  • 納税処理などのために税務署に提出する必要書類の作成を代行すること
  • 税務申告、あるいはそれを受けての税務調査の後、税務署によって行われた各種処分に対する、主張や陳述、異議を本人に代わって行うこと
  • 税務に関する法律上の相談に乗ること

裏を返せば、これら以外の業務は税理士でない補助職の方が問題なく行えます。こうした独占業務に関連する周辺業務(付随業務)をサポートすることが、税理士補助のおもな役割となります。

たとえば、毎年の確定申告書を作成するための前提となる、日々のデータ入力や伝票整理、資料作成、記帳業務といった細かい作業や計算を必要とする領域です。

また、税務申請に必要となる資料を分類して、スムーズに取りやすくするための資料整理(ファイリング)も担当することがあります。

このほか、電話応対や接客、税理士のスケジュール管理なども税理士補助が行う場合も少なくありません。

このような企業活動にとって必要だけれども、手間がかかり一定の熟練が求められる業務は、大企業であれば経理部の従業員が一手に引き受けて、チームを組んでこなしていくのでしょう。しかし、中小規模の企業ですと、経理部にそうした細かいお金の計算や関連資料の整理を完結させるのに必要十分な人員が揃っていないケースもあります。

そこで、外注先として会計事務所が、中小企業の経理部をサポートするかたちで、作業分担を請け負っているのです。

税理士補助がこうした下支えとなる業務を担当しているからこそ、税理士は独占業務などの他で替えが利かない任務に集中することができ、ひいてはクライアントの満足度向上に繋がっていくのです。

会計事務所の事務や補助のポジションに向いている人

 会計事務所の事務や補助のポジションに向いている人

会計事務所の税理士補助に適性があるのは、連続的な数字の入力や計算といったルーティンワークを苦にせずに、集中してテキパキと行えるタイプの人です。

税理士補助といえども、簿記2級程度の資格を取得して、基礎的な能力や技術を磨きあげていただきたいです。簿記の勉強がパズルのように楽しく感じられれば、税務系・会計系の世界で働くのに向いているといえるでしょう。

たとえ繁忙期でも、積み残っている仕事を一気にこなして、その積まれた仕事の山が減っていく、無くなっていくことに爽快感を覚えられるタイプの方も、そうした事務職に適しています。

求められるスキルとは

かといって、数字にだけ向き合って「人とのふれあいや付き合いが苦手です」とも言っていられない状況もあります。数字の入力や計算などは、AI(人工知能)の発達によって、今後は大幅に自動化されると考えられています。

よって、税理士補助の仕事も一気に省力化されることが確実視されていますので、人手も余るおそれがあります。そのような将来のAI全盛時代にも職を失わない税理士補助でいられるためには、税理士と緊密に連携し、電話対応でも相手方に心地よさを与えたり、クライアントの意図を的確に酌み取って税務処理に活かせたりするコミュニケーション能力が、さらに求められていくでしょう。

また、AIが導き出した財務諸表から、会社の現状などを読み解いていく洞察力などがあると、クライアントにも想像以上の満足を与えられるはずです。とはいえ、税理士を差し置いて出しゃばることがあってはなりません。クライアントは、あくまでも税理士や事務所を信頼して依頼しているからです。

まとめ

会計事務所の税理士補助職は、税理士の独占業務以外の分野でサポートする、縁の下の力持ちです。数字の計算が苦にならない人が向いていますが、これからは人工知能の発達によって、パソコンなどに静かに向き合うだけでは、税理士補助のスキルとして不十分になる可能性が指摘されています。


【この記事を読んだ方におすすめのサービス】
◆管理部門・会計・リーガルの転職ならMS-Japan!無料であなたの転職活動をサポート!
◆≪転職で譲れないポイントを相談&発見!≫無料転職相談会・無料転職セミナー
◆転職や業界のお役立ちトピックスをキャリアアドバイザーが毎週ご紹介!情報満載のメルマガはこちら

次の記事 > 採用担当者へ転職するために、気をつけておくべきポイントとは?

前の記事 > 公認会計士の平均年収が上がっている?実際の年収状況




ほかのトピックスもチェック!転職トピックス一覧

3分でわかる最新人事コラム3分でわかる最新人事コラム一覧

  

転職セミナー・個別相談会 開催中セミナー・個別相談会

転職セミナー・個別相談会一覧

To Top