転職トピックス

会計事務所・税務スタッフ

税理士科目合格者の転職時に評価されるのはどんな人?

20180719topics.jpg

税理士には、最終合格とは別に「科目合格」という制度があります。税務知識をある程度兼ね備えているが、税理士ではない。その中間地点にいる段階です。それでは、科目合格の段階で転職活動を行った場合、転職市場でどれほど評価されるものなのでしょうか。
今回は、税理士科目合格者の転職市場価値について考えていきましょう。

税理士科目合格者とは?

資格試験によっては、一回の試験ですべての科目の合計が合格基準点を超えていない限り、最初からやり直しになる流れが一般的です。司法試験や公認会計士試験などがそれにあたります。
一方で、総合点では合格に及ばなくても、ある科目が一定の水準を超えていれば、その科目に関しては合格と判定され、次回以降にはその科目の受験が免除される試験もあります。その代表的な資格試験が、税理士試験です。

税理士科目は、以下の通りです。

<会計学>(必修2科目)
・簿記論
・財務諸表論

<税法>(選択3科目)
・所得税法
・法人税法
・相続税法
・消費税法
・酒税法
・国税徴収法
・住民税
・事業税
・固定資産税
(ただし、所得税法か相続税法は、必ずどちらか1科目を受験しなければならない、選択必修科目となります。)

税理士試験では、一回の試験で5科目すべてに合格しなければならないわけではなく、「税理士科目別合格」が適用されます。一度合格すれば、5つの税理士科目に最終合格するまで、生涯にわたって、その税理士科目は合格として扱われます。他の試験のように、総合点で不合格になれば、また最初からやり直しというようにはなりません。
社会人が働きながらでも、数年かけて着実に合格を目指していけるのが税理士試験の最大の特長であり、魅力でもあります。

税理士試験科目を持っていると、就職・転職で有利になるのか?

税理士科目5科目すべてに合格し、税理士資格を確保できていれば、それに越したことはありません。しかし、税理士科目別合格者も、就職や転職で大きなアピールポイントになるのは確かな事実です。それでは、その税理士科目に合格していると、就職や転職時に有利になるのでしょうか。

税理士や公認会計士が開業している会計事務所・税理士事務所では、クライアント企業からの経理処理について、依頼内容に基づき、一手に引き受けることが多いです。また、決算結果である貸借対照表や損益計算書に沿って、経営計画に関する適切なコンサルティングを求めている企業も少なくありません。

また、一般企業の経理部への転職でも、経理や会計コンサルティングを任せられるだけの知識や技術を身につけている人材が求められています。採用担当者も「税理士じゃないのか。しょせん、科目合格者か」という蔑んだ目で見てくることはまず無いでしょう。企業にとって、あなたが今すぐに欲しいと感じる即戦力を備えた人材であれば、税理士科目を全て合格している必要はないのです。

どの税理士科目に合格していれば、転職に有利か

20180719topics-2.jpg

たとえば、会計実務学である「簿記論」「財務諸表論」の2科目に合格していると、会計事務所や経理業界の転職市場では即戦力とみなされる場合があります。

また、確定申告の代行業務を多く引き受けている会計事務所では、「所得税法」か「法人税法」に合格している人材が重宝されやすいと考えられます。できれば、「簿記論」「財務諸表論」を含めて3科目合格をしていると、転職時に高い評価を期待できます。「消費税法」にも合格していれば、転職をする際になお有利となり、年収アップも期待できます。

不動産や株式などの資産管理や成年後見を行う会計事務所への転職を目指すのであれば、「相続税法」を選択したうえで、合格しておくと有利でしょう。将来のクライアントやその家族の逝去によって相続が開始される場合に、どのような節税策を採ればいいのか、クライアントに情報提供すべき局面もあると考えられるからです。

所得税法・法人税法・消費税法・相続税法は、現場の実務で活かせるため、税理士科目合格者は転職でも有利になります。しかし、その分合格難度が高くなっているともいわれています。

他のものより易しい税理士科目を選んで、早急に税理士試験の最終合格を目指すか、または、最終合格に至るまでの間も、就職・転職や実務に有利な税理士科目の合格に絞って、有利なカードを確保し続けるか、どちらを選ぶかは個人の価値観に委ねられますが、いずれにしても立派な受験戦略だといえます。

なお、「簿記論」「財務諸表論」には、人によって適性に差があります。税法は得意なのに、計算力が求められる会計学の必修2科目になかなか合格できない人もいるのです。先に会計学の合格を狙い、どうしてもダメなら税法は時間をかけて取得していくというのも良いかもしれません。

まとめ

税理士科目合格者は、税理士を名乗ることはできませんが、税務の素人とは明らかに違います。税理士試験に真面目に取り組み、税務の知識があることを、税理士科目合格の事実が証明しているからです。あなたの努力を認めてくれる採用担当者は必ずいます。転職活動をする中で辛いこともあるかもしれませんが、めげることなく、その縁を掴みに行きましょう。


【この記事を読んだ方におすすめのサービス】
◆管理部門・会計・リーガルの転職ならMS-Japan!無料であなたの転職活動をサポート!
◆≪転職で譲れないポイントを相談&発見!≫無料転職相談会・無料転職セミナー
◆転職や業界のお役立ちトピックスをキャリアアドバイザーが毎週ご紹介!情報満載のメルマガはこちら

次の記事 > 大手企業の経理職へ転職する方法とは

前の記事 > 総務と人事はどう違うの?年収や適性に違いがあるのかまとめて解説!




ほかのトピックスもチェック!転職トピックス一覧

3分でわかる最新人事コラム3分でわかる最新人事コラム一覧

  

転職セミナー・個別相談会 開催中セミナー・個別相談会

転職セミナー・個別相談会一覧

To Top