大手法律事務所に在籍して6カ月。転職を考えています。あまり早い退職は転職に不利だと聞きますが、勤務期間には、どの程度の長さが必要なのでしょうか?

弁護士の基礎知識 転職FAQ

転職活動全般

大手法律事務所に在籍して6カ月。転職を考えています。あまり早い退職は転職に不利だと聞きますが、勤務期間には、どの程度の長さが必要なのでしょうか?

2016/08/22

一般的には「石の上にも三年」というように、三年程度の勤務経験は欲しいものです。それは、堪え(こらえ)性という意味だけでなく、弁護士としてある程度の基礎的なトレーニングを積んだ人材だと判別をしてもらえるラインでもあるからです。数か月経験ということになると、新人と大差なく、あえて早期退職をしてしまうリスクのある人材を採用するよりも、次の新人を育てた方が良いかもしれないという判断にも繋がり兼ねません。
ただし、それ相応の理由があるのであれば、あえて3年間続けるのではなく、早めに動く必要もあります。たとえば、「企業内弁護士(インハウスローヤー)へキャリアチェンジしたい特別な理由が出来た」場合などは、法律事務所で一人前になるよりも企業内で一人前になる方が優先されますので、早めに動いた方が良いでしょう。

ほかの転職FAQもチェック!

理想の弁護士への一歩 ──
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS-Japan が弁護士の転職をサポートいたします。

弁護士の転職サポートに登録