Big4税理士法人から開業間もない資産税特化型個人会計事務所へ転職

会計事務所・税務スタッフの基礎知識 転職成功事例

資産税(相続・事業承継)

Big4税理士法人から開業間もない資産税特化型個人会計事務所へ転職

2016/07/22

【今回の成功者】
Kさん、31歳/男性
転職前:Big4税理士法人 事務所(人数:500名) (年収:630万円)
転職後:資産税特化型個人会計事務所 (人数:2名)(年収:500万円)
資格:税理士試験科目4科目合格(簿記論・財務諸表論・相続税法・消費税法)

Big4税理士法人で働いていたものの、しっくりと感じていなかった

Kさんは、大学卒業後に税理士試験3科目合格の状態でBig4税理士法人に就職。5年間程の実務経験をお持ちでいらっしゃいました。 大手日系法人の税務業務に従事され、多忙な毎日を過ごしておられましたが、多忙が故に税理士試験の最後の1科目がなかなか合格出来ず、更に自身のキャリアの方法性について漠然とした不安と不満をお持ちでいらっしゃいました。

対法人系業務ではなくて対個人系業務に興味があったことを再確認

カウンセリングを通して、Kさんは、「過去、相続問題でもめていた親族を見た時に、こういった問題を解決出来るようになりたい」と考えたことがきっかけで税理士を目指されたことを思い出されました。現在の業務が法人メインの業務だったので、その点が自身の業務に対する違和感であったことをはっきりと認識されたのです。 その結果、最初は全く考えもしていなかった資産税系の事務所に絞って転職活動をされ、資産税未経験ながらも資産税系事務所にて内定を得ます。年収は大幅にダウンすることになったのですが、所長先生とKさんの考え方や、税理士を志したきっかけ等が似ており、「この先生となら一緒に事務所を大きくしていける」と直感的に感じ、意思決定の決め手となったようです。

所長と共に成長していける未来を描くことが出来た点がポイント

Kさんが転職した事務所は、独立開業されたばかりの税理士先生の事務所でした。開業から2年目でしたので、高い年収提示も難しい事務所ではあったのですが、所長のお人柄や人脈の質が抜群で、経営ビジョンも非常に明確でした。 Kさんは結婚してお子様が産まれるタイミングでお金も必要な状況ではあったのですが、目の前の年収よりも事務所の成長性を信じてご転職を決断されたのです。結果として、今は所長の片腕としてご活躍されており、年収面でも何の苦労も感じていないご様子でした。更には1科目残されていた税理士試験にも合格されたそうで、送り出した我々としても非常に嬉しく感じています。

会計事務所・税務スタッフの求人を確認する!

ほかの転職成功事例もチェック!

理想の会計事務所・税務スタッフへの一歩 ──
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS-Japan が会計事務所・税務スタッフの転職をサポートします。

会計事務所・税務スタッフの転職サポートに登録