一般民事法律事務所からインハウスに転職成功/20代・弁護士の事例

弁護士の基礎知識 転職成功事例

企業内弁護士(事業会社)

一般民事法律事務所からインハウスに転職成功/20代・弁護士の事例

2018/02/26

【今回の成功者】
Fさん
28歳・男性
資格:弁護士

<転職前>
中堅法律事務所 年収350万円
<転職後>
上場企業 年収500万円
エリア:東京都

年収が低く、今後の生活が不安…。

Fさんは、中堅法律事務所で主に一般民事事件を担当されておりました。しかし、年収が著しく低く、この給与水準が続くようでは生活が厳しくなってしまうのではと悩まれていました。そこで、安定性があり、年収もキャリアの幅も広がるインハウスとしての働き方を希望し、転職活動に踏み切られました。

経営基盤のしっかりした大手企業への転職

Fさんは、これまでは一般民事事件のご経験のみで、企業法務は未経験でした。そこで、企業の法務部内に同じ弁護士資格を有する方がいること、教育体制も整っている大手企業という条件をメインに転職活動を進めていらっしゃいました。総じて条件の整った企業に応募しており、選考上でライバルが多い求人が中心だったので、弊社からはFさんの人柄上手く伝わるように、現場社員との面談が複数回ある企業をお勧めしました。その結果、経験豊富な他候補がいる中、企業側にFさんの実直なお人柄、基礎能力の高さが評価され内定を獲得されました。また、Fさんはご自身のご希望と合致していると実感することができたそうです。もちろんFさんは内定を快諾され、双方マッチする形での転職が実現できました。

意志決定できるように、面談を設けることも大切な手段です

企業法務未経験の状況で、大手企業の法務への転職を希望していたため、Fさんの転職活動は非常に難易度が高いものでした。限られたチャンスをものにするために、転職エージェントを活用して、自分に合った選考方法の企業を選び出すことも大切です。

弁護士の求人を確認する!

企業内弁護士(事業会社)の転職成功事例もチェック!

理想の弁護士への一歩 ──
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS-Japan が弁護士の転職をサポートいたします。

弁護士の転職サポートに登録