スキルアップの目的は何か?活動方針を見直して、転職を成功させた20代弁護士!

弁護士の基礎知識 転職成功事例

企業内弁護士(事業会社)

スキルアップの目的は何か?活動方針を見直して、転職を成功させた20代弁護士!

2016/12/12

【今回の成功者】
Kさん、29歳/男性
転職前:個人法律事務所 (人数:20名)(年収:570万円)
転職後:上場企業(人数:1,500名程度) (年収:620万円)

企業法務にキャリアを広げたい!

Kさんは、一般民事と企業法務案件を扱う法律事務所に勤めていました。就職活動中は、弁護士として訴訟にも携わりたい一方で、将来、インハウスローヤーも選択肢に入れておきたいと考えていたため、現在の事務所を選ばれたそうです。しかし、実際の業務は一般民事案件の割合が非常に多く、期待していた程には企業法務案件に携われない状況でした。 Kさんは今後のことを考えて、より企業法務案件の経験値を高めたいとのことで、この度ご相談にお越しいただきました。

企業法務中心の法律事務所。思いのほか高い選考ハードル…。

Kさんは、20代のうちは法律事務所で弁護士としてのスキルアップを図り、30代からインハウスローヤーにキャリアチェンジをしようと考えていたのですが、企業法務案件の取扱が多い法律事務所では、経験不足を理由に内定にたどり着くことができませんでした。そこで、法律事務所と併行して、企業の法務部門求人もご検討頂きました。 最終的には、東証一部上場企業で選考が進み、学生時代から興味を持っていた不動産業界だったこともあり、面接でも十分に志望動機をアピールすることが出来たため、無事に内定を獲得されました。

スキルアップの目的に合わせた転職先の選定が大切!

市場価値を高めるためにスキルアップをしたいというご希望をお持ちの方は多いと思いますが、最終的に何をしたいのかを見据えて、転職先を選ぶことが大切です。今回のKさんの場合も、スキルアップを図るには法律事務所で広く経験を積む必要があるとお考えのようでしたが、最終的にインハウスローヤーを目指すのであれば、必ずしも法律事務所へのキャリアへ進む必要はありませんでした。 しっかりとゴールを見据えて、転職の方針を決めて頂くことが大切です。

弁護士の求人を確認する!

企業内弁護士(事業会社)の転職成功事例もチェック!

理想の弁護士への一歩 ──
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS Agent が弁護士の転職をサポートいたします。

弁護士の転職サポートに登録