「なぜ転職しようと考えたのか?」を改めて思い出し、転職活動を再開!20代弁護士の成功事例

弁護士の基礎知識 転職成功事例

企業内弁護士(事業会社)

「なぜ転職しようと考えたのか?」を改めて思い出し、転職活動を再開!20代弁護士の成功事例

【今回の成功者】
Bさん
29歳・男性
資格:弁護士

<転職前>
一般民事系法律事務所 年収500万円
<転職後>
一部上場メーカー 年収450万円
エリア:東京都

理想と現実のギャップを目の当たりにした法律事務所での仕事

Bさんは、人や社会の役に立つ仕事がしたいと考え、法曹の道に進まれました。そのため、深く希望する仕事に携われる一般民事案件の取り扱いが多い法律事務所に入所されました。しかし、所内のずさんなコンプライアンス体制に、長く働くイメージが持てず、やむなく転職活動を決意されました。

手当たり次第応募するが、内定を得られない悪循環

Bさんの転職活動は、まずは応募先企業の軸を定めず、紹介された案件に全て応募されていました。しかし、書類選考は通過するものの、一次面接を突破することが出来ませんでした。そこで、弊社からは活動方針の転換をご提案させていただき、一旦これまでのご経験の棚卸しを行い、今回の転職で何を叶えたいのかという転職軸を設定するところから、再スタートを切ることになりました。その結果、Bさんは海外法務分野に興味があった事を思い出し、それを軸にして転職活動を再開。その後、希望していた海外法務業務にチャレンジできる企業と出会うことができ、無事内定獲得に至りました。

本来の転職動機を忘れず、自分が希望する軸や方向性に沿った転職活動を

現在の転職市場はかつてないほどに活況であり、特に若手層をターゲットにした求人数は日々増加しています。そのため、選択肢が急増したことにより本来の選択軸を見失うことも多く、転職活動が逆にうまくいかないという方もいらっしゃいます。そういうときこそ、当初の転職動機を思い出しましょう。そもそもなぜ転職をしたいと思ったのか…その気持ちを忘れずに活動を進めることで、惑わされず転職を成功させることができるでしょう。

弁護士の求人を確認する!

企業内弁護士(事業会社)の転職成功事例もチェック!

理想の弁護士への一歩 ──
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS Agent が弁護士の転職をサポートいたします。

弁護士の転職サポートに登録