30代男性・弁護士が法律事務所からIT系企業に転職を決めた理由とは?

弁護士の基礎知識 転職成功事例

企業内弁護士(事業会社)

30代男性・弁護士が法律事務所からIT系企業に転職を決めた理由とは?

2017/04/04

【今回の成功者】
Nさん、30歳/男性
転職前:中堅法律事務所 (人数:約50名) (年収:650万円)
転職後:東証一部上場企業 (人数:約2000名)(年収:750万円)

企業の意思決定に関わりたい

法律事務所での仕事にやりがいを持っていたNさんでしたが、事業会社の意思決定に関われないことに物足りなさを感じるようになり、弊社のキャリアセミナーにご参加いただきました。 セミナーの中で、インハウスローヤーという選択肢を具体的に検討するようになり、転職活動を開始されました。

まずは幅広く選択肢を検討

インハウスローヤーに興味を持ったNさんでしたが、具体的な働き方のイメージはついていませんでした。そこで弊社では、大手企業とベンチャー企業の違い、各業界での法務の特徴など具体的な業務内容についての説明をし、まずは明らかに興味がないものを除き、多様な企業を一通り受けてみることを提案しました。 結果的にNさんは、東証一部上場の製造業とIT系企業、IPO準備中のサービス業に応募され、IT系企業に転職を決めました。事業内容に魅力を感じたこと、業務範囲の広さが決め手になったそうです。

初めてのインハウスローヤーは広く検討すること

法律事務所から企業への転職者、いわゆるインハウスローヤーは年々増加している傾向が伺えます。多くのインハウスローヤー希望者が、「事業会社の安定性」に魅力を感じていることが多く、とにかく大手企業を希望するというケースが見受けられます。ただ、実際に働いてみると業務内容に物足りなさを感じるケースもあるようです。 初めてインハウスローヤーにチャレンジする際には、失敗しないために、まずは会社規模や業界を広く検討してみることをお勧めします。

弁護士の求人を確認する!

企業内弁護士(事業会社)の転職成功事例もチェック!

理想の弁護士への一歩 ──
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS Agent が弁護士の転職をサポートいたします。

弁護士の転職サポートに登録