入念な自己分析と企業研究で、年収アップを実現!40代・弁護士の転職成功事例

弁護士の基礎知識 転職成功事例

企業内弁護士(事業会社)

入念な自己分析と企業研究で、年収アップを実現!40代・弁護士の転職成功事例

2017/11/10

【今回の成功者】
Eさん
48歳・男性
資格:弁護士

<転職前>
一部上場メーカー 年収1000万円
<転職後>
一部上場メーカー 年収1200万円
エリア:東京都

50代目前、安心して働ける職場に転職したい!

Eさんは上場企業の法務部長として経験を積まれていましたが、会社の業績がふるわず、同僚も続々と退職している環境だったそうです。Eさん自身も現状に不安を抱いていたため、親しかった同期が退職したことを機に転職活動を開始されました。 次の転職先では業績が安定しており、これまでの経験を活かせる業務内容であるほかに、ヒューマンマネジメント中心ではなく、実務にも携わるプレイングマネージャーとして活躍できる環境をご希望されていました。

これまでの経験を活かせる環境に絞って転職活動を開始

カウンセリングを通してEさんは、メーカーという業界に対しての不満はなかったことから、これまでの業務経験を活かせるように、同じ業界(メーカー)の求人をご紹介させていただくことにしました。 更に、Eさんは前職で英語を使用した業務も行っていたことから、海外展開に力を入れている企業の求人を積極的に受けられていました。 その中の一社である上場メーカーの面接では、Eさんが前職もメーカーで働いていらっしゃったことや、法務部長としてマネジメントをしつつ、自ら積極的に手を動かして業務に取り組まれていた姿勢が評価され、内定を獲得されました。 今回の転職では、年収水準は現状維持であれば良いとお考えでしたが、先方に高くご評価いただけたことから、年収200万円アップの1200万円にての採用内定を得ることができました。

自己分析・企業研究は念入りに!

転職市場で同じ業界の出身者が優遇されることが多いのは通常ですが、中でも大手のメーカーは、同業界出身者の採用により前向きであるように見受けられます。 Eさんはご自身の強みを分析し、その強みを活かせる環境はどこかきちんと考えながら選考を受けられていた為、1社1社の企業研究に時間を割くことができていたそうです。 企業研究の方法も、面接前にコンサルタントにその会社の現在の課題・どのような方を求めているのかなどの情報を集め、面接で聞かれることを予想しながら面接前準備をされていました。このような入念な自己分析・企業研究が今回の転職成功に繋がったのだと思います。

弁護士の求人を確認する!

企業内弁護士(事業会社)の転職成功事例もチェック!

理想の弁護士への一歩 ──
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS Agent が弁護士の転職をサポートいたします。

弁護士の転職サポートに登録