現職にとどまるか転職するか...。悩んだ末に上場企業への転職を決意した40代・弁護士!

弁護士の基礎知識 転職成功事例

企業内弁護士(事業会社)

現職にとどまるか転職するか...。悩んだ末に上場企業への転職を決意した40代・弁護士!

【今回の成功者】
Oさん
42歳・男性
資格:弁護士

<転職前>
中堅法律事務所 年収2000万円
<転職後>
上場企業 年収1500万円
エリア:東京都

現職に残るか、新しい環境に飛び込むか…

Oさんは法律事務所に勤務されており、事務所の立ち上げも経験されておりました。このまま今の事務所に留まり、パートナーとして勤務し続けることも視野に入れておりましたが、このタイミングで新しい挑戦をしてみたいという思いも抱いていたため、今後のキャリアプランのご相談にお越しになりました。

面接官との相性を重視した転職活動。

Oさんは過去の大手企業のクライアントをメインに担当されていたこともあり、今回の転職活動でも大手上場企業に絞って求人選びをされておりました。活動当初は明確な目標があったわけではなく、面接官との相性を重視しておりました。そんな中、Oさんは上場企業から内定を獲得されます。選考では、面接官との相性は勿論、企業風土もOさんご自身に合っていると感じ、好印象を抱いていたようです。それだけでなく、先方は今回の採用で初めて企業内弁護士の募集をしており、新しい挑戦をしたいというOさんのご希望とも合致する求人でした。Oさんご自身も、初の企業内弁護士として働き期待に応えたいという思いが強くなり、新天地への転職を決意されました。

退職する意思を強く持ち、誠実にその思いを伝えていくことの重要性

Oさんは、転職活動当初は明確な目標をお持ちでなかったため、内定を獲得されても入社されるかはわからない状態でした。しかし、内定獲得後は転職を決意され、現職からは強い引き留めに遭う形となりました。それでもOさんの中には、自身で決めた目標実現に向かって挑戦したいという強い意志があり、それを真摯に伝えられたことで最終的には円満退職となりました。 現職との退職交渉は、難航するケースもございます。そんな時は、どちらがご自身にとって最適な進路なのかを改めて考え、その思いを伝えることが大切です。転職エージェントがサポートに入ることもできますので、転職をご検討されている方はまずはご相談ください。

弁護士の求人を確認する!

企業内弁護士(事業会社)の転職成功事例もチェック!

理想の弁護士への一歩 ──
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS Agent が弁護士の転職をサポートいたします。

弁護士の転職サポートに登録