中堅法律事務所から大手メーカーに転職した30代・女性弁護士の成功事例!

弁護士の基礎知識 転職成功事例

企業内弁護士(事業会社)

中堅法律事務所から大手メーカーに転職した30代・女性弁護士の成功事例!

2017/01/11

【今回の成功者】
Mさん、33歳/女性
転職前:中堅法律事務所(人数:15名) (年収:750万円)
転職後:大手メーカー (人数:約40,000人)(年収:800万円)

ボス弁との擦れ違いから居心地が悪くなってしまった…。

Mさんは中堅法律事務所で、契約関連、法律相談、訴訟、総会対応などの企業法務に従事されていました。ところが、弁護士として経験を積むにつれ、ボス弁と考え方があわなくなってしまった結果関係性が悪化。所内での評価を落とし、収入も下がってしまいました。 このまま肩身が狭い思いをして働くよりは、新しい環境にチャレンジしたいと考えてご相談にお越しいただきました。

インハウスローヤーとして、企業により深く関わりたい!

Mさんは、かねてから企業法務にもっと深く関わるには、法律事務所では限界があると感じており、企業の当事者として法務に携わりたいと考えていました。そこで、まずは弊社からご紹介した大手企業を中心に30件ほどのインハウスローヤー求人を検討しました。その中から5社に応募され、3社から内定を得る事が出来ました。最終的には、縦割りではなく横断的な業務に携われる大手企業の法務部門に入社を決めました。

企業に好まれる弁護士のタイプとは?

昨今、日本でもインハウスローヤーという選択肢が一般化してきております。 その中で、企業から好まれる弁護士と、好まれない弁護士が明確に分かれてきています。今回のMさんは、非常に企業に好まれるタイプの弁護士でした。ポイントは、企業の当事者目線を持っているか否かにあるようです。 資格や経験をそのまま評価頂けると思うのではなく、しっかりと企業研究を事前に行い、その企業の法務部が何を求めているのか、自分は入社後に何をすべきかを理解して臨むことが重要です。

弁護士の求人を確認する!

企業内弁護士(事業会社)の転職成功事例もチェック!

理想の弁護士への一歩 ──
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS Agent が弁護士の転職をサポートいたします。

弁護士の転職サポートに登録