転職回数が多い40代が、転職を成功させる方法とは?45歳・弁護士の成功事例

弁護士の基礎知識 転職成功事例

企業内弁護士(事業会社)

転職回数が多い40代が、転職を成功させる方法とは?45歳・弁護士の成功事例

2018/02/21

【今回の成功者】
Iさん
45歳・男性
資格:弁護士

<転職前>
ベンチャー企業 年収1000万円
<転職後>
証券会社 年収1100万円
エリア:東京都

IPO計画が頓挫。新たな環境・機会を求めて転職活動を開始

IさんはIPO準備中のベンチャー企業にて、主に内部管理体制(コンプライアンス)の強化を目的とする企業内弁護士として勤務されていました。しかし、事業戦略が変わり、IPO準備が頓挫してしまいました。そのため、Iさんの担当ミッションが無くなったことで新たに転職先を探す必要が発生しました。

即戦力性をアピールして転職回数を払しょく

45歳で7社経験のIさんは、転職回数の多さから、選考が進みづらい事が予想されました。そこで弊社からは、単に幅広く企業に応募をするのではなく、これまでのキャリアをきちんと棚卸した上で、ご自身が即戦力となりうる業界・ポジションに絞った転職活動をお勧めしました。 Iさんの経験を棚卸する中で、弊社が強みと考えたのは、新卒で入社した一社目で金融業界に勤務しており、金融系の業法に精通していたことでした。 Iさんにもそのことを共有して、金融業界及びその周辺業界の求人を集中的にご紹介し、最終的に中堅の証券会社から内定を獲得することが出来ました。

40代の転職はいかにして即戦力として活躍できるかが大切!

ご年齢に応じて企業側が求める要件は異なります。40代の転職は、即戦力を期待して採用されるケースが大半を占めています。人によって良い会社の基準が変わるように、企業によって即戦力となれる基準も変わります。転職先を選ぶ際は、知名度や年収条件にとらわれず、入社後に即戦力として活躍できるイメージが持てるかがカギとなってきます。

弁護士の求人を確認する!

企業内弁護士(事業会社)の転職成功事例もチェック!

理想の弁護士への一歩 ──
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS-Japan が弁護士の転職をサポートいたします。

弁護士の転職サポートに登録