弁護士の転職成功事例

弁護士の基礎知識 転職成功事例

企業内弁護士(事業会社)

30代・弁護士が競争率の高い大手メーカーに転職!成功の秘訣は、入念な企業研究

2018/07/20

【今回の成功者】
Sさん
35歳・女性
資格:弁護士

<転職前>
国内準大手法律事務所 年収700万円
<転職後>
一部上場メーカー 年収800万円
エリア:東京都

情報収集目的でカウンセリングを受けたが…

転職にそこまで焦っていなかったSさんは、当社にご登録された当時は、情報収集程度位のお気持ちでした。そんなとき、複数の求人案件の中から、昔から自分も家族も愛着を持っている製品を扱うメーカーの弁護士求人を発見しました。めったに募集が発生しない企業だったこともあり、一社限定で応募を決意しました。

競争相手が多い中で評価を得るための面接対策

面接の中で、企業は、経験を中心にヒアリングをすることが一般的です。昨今の売り手市場の状況を考慮すると、通常は求める経験に対して十分なスキルがあれば、選考通過の可能性は高い傾向にあります。
しかし、人気企業の場合は多くの優秀な候補者と比較されるため、企業から聞かれる内容に委ねてただ回答するだけでは不十分です。
そこで、弊社ではSさんに、事前に企業の歴史や昨今の業績、経営課題、競合との比較など、十分に企業に対する理解を深めていただくよう支援をさせていただきました。そうすることで、選考で面接官から聞かれたことに対して+αの回答が出来るようにしていただきました。
また、深く企業を知って頂けたことで、Sさんの中でより知りたいこと、企業に直接聞いてみたい質問が出てきました。それを面接の際に質問して頂くことで企業に対する興味関心をアピールすることが出来ました。
その結果、多くの競争相手がいる中、見事内定を獲得することができました。

相手を知ることが転職成功のコツ

求職者の立場からすると仕事内容、キャリアパス、時間、報酬を重視するのは当然です。しかし、企業の事業内容や中長期の展望について、見落としてはいけません。
どのような製品やサービスを取り扱っているのか、世の中にどんな発信をしている企業なのか、Sさんご自身が興味を持って仕事に取り組めるのか、そのあたりにも目を向けることが出来れば、転職活動の方法や結果も変わってくるかもしれません。
ご自身でインターネットなどから情報収集することも大切ですし、企業の内情を知る転職エージェントを上手く活用して頂くことも効果的です。

公認会計士の求人を確認する!

ほかの転職成功事例もチェック!

理想の弁護士への一歩 ──
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS-Japan が弁護士の転職をサポートいたします。

弁護士の転職サポートに登録

To Top