ブティック系法律事務所から、夢の五大法律事務所への転職を叶える

弁護士の基礎知識 転職成功事例

国内大手法律事務所

ブティック系法律事務所から、夢の五大法律事務所への転職を叶える

2016/08/25

【今回の成功者】
Kさん、29歳/男性
転職前:ブティック系法律事務所 (年収:1000万円)
転職後:国内大手法律事務所 (年収:1100万円)

特化型の法律事務所に就職。若いうちに、より業務の幅を広げたい!

Kさんは、司法試験に一発合格し、国内のブティック系法律事務所にて働かれていました。この事務所は金融法務に強みを持っているということもあり、Kさんも入所1年目より金融法務をメインに業務に取り組まれておりました。しかし、入所後1年が経ち、今後のキャリアを考えた際に、今から専門性を突き詰めるのではなく、まずは幅広いスキルを身に着けておきたいという気持ちになり、弊社へご相談にいらっしゃいました。

やはり一度は五大法律事務所で経験を積みたい!

Kさんは、より幅広い業務を経験したいという気持ちはあるものの、年収を下げてまで転職したいという意向はありませんでした。そこで、さらなるスキルアップと年収アップを叶えられるであろう国内大手法律事務所に絞り、転職活動をされました。タイミング良く金融法務の経験者を求めるポジションを見つけたため、すぐに応募し、順調に内定まで進みました。

専門性が、転職の武器になることも

国内大手法律事務所の採用ハードルは、一般的に非常に高くなっています。特に、現在は新卒での採用を積極的にされている場合も多いため、中途採用の場合は採用枠が少ない状況です。このような中で、Kさんが見事転職に成功されたのは、転職先の求める“専門性”を身に着けていたからといえるでしょう。Kさんの場合は、金融法務に強みを持つ事務所にて専門性を身に着けており、それがタイミングよく事務所側のニーズにマッチしたという点が今回の転職が成功した一つの要因かと思います。

弁護士の求人を確認する!

国内大手法律事務所の転職成功事例もチェック!

理想の弁護士への一歩 ──
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS-Japan が弁護士の転職をサポートいたします。

弁護士の転職サポートに登録