弁護士業界の今後の転職動向(市況感)はどうなるのでしょうか。

弁護士の基礎知識 転職FAQ

業界研究

弁護士業界の今後の転職動向(市況感)はどうなるのでしょうか。

現在の傾向としては、インハウスロイヤー(企業内弁護士)の増加です。各企業も弁護士を法務スタッフや専門職に採用するケースが多くなってきています。また、景気の動向に左右されますが、金融専門職における弁護士採用も増加傾向にあります。
法律事務所業界においては、景気が良い状態であれば大手渉外ファームや外資系事務所の採用が増加しますが、不景気になると縮小するという傾向があり、ここ数年で注目すべきは旧来型の単一事務所に「ボス弁」と「イソ弁」が数人在籍する形態ではなく、広告やwebマーケティングを上手く使いながら、組織的に一般民事をこなす大規模事務所も出てきており、こちらは急激に採用枠を増加しています。

ほかの転職FAQもチェック!

理想の弁護士への一歩 ──
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS Agent が弁護士の転職をサポートいたします。

弁護士の転職サポートに登録