企業内弁護士(インハウスローヤー)の需要はいつまで続きそうでしょうか。

弁護士の基礎知識 転職FAQ

業界研究

企業内弁護士(インハウスローヤー)の需要はいつまで続きそうでしょうか。

結局のところ、法務部員の需要がどうなるのか次第となりますので、景気の動向に大きく左右されることが予想されます。企業が新しい投資活動を行う際には、リーガルリスクが付き物です。企業の投資活動が活発になればなるほど、戦略法務や予防法務の重要性が高まり、運用面でも一般法務のボリュームが増加して法務部員に増員ニーズが出やすくなります。
反対に、企業の投資活動が減退していくと、増員ニーズが出にくい状況となりますので、景気の動向を注視する必要があるでしょう。

ほかの転職FAQもチェック!

理想の弁護士への一歩 ──
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS Agent が弁護士の転職をサポートいたします。

弁護士の転職サポートに登録