一般的な法律事務所の平均年収と、大手渉外ファームの平均年収ではどのくらいの差がありますか?

弁護士の基礎知識 転職FAQ

年収

一般的な法律事務所の平均年収と、大手渉外ファームの平均年収ではどのくらいの差がありますか?

2016/08/22

一般的な法律事務所では、弁護士の初任給が400~600万円程度であることが多いですが、大手渉外ファーム(企業法務を中心とした大手事務所)では弁護士の初任給が1,000万円以上になることもあるなど、スタートの時点で大きな差があります。
一方で、一般的な法律事務所で、いわゆる「イソ弁」を経験した後に独立をされる弁護士もおり、成功した場合は、本人の努力次第で数千万円へと上昇するケースもあります。反対に、大手渉外ファームではシニアアソシエイトと呼ばれるパートナー手前の階層で2,000万円~3,000万円程度の年収水準の方が多く、それ以上の年収水準まで上げる為には、パートナートへと昇格する必要があるかと考えられます

ほかの転職FAQもチェック!

理想の弁護士への一歩 ──
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS-Japan が弁護士の転職をサポートいたします。

弁護士の転職サポートに登録