中堅法律事務所への転職。ワークライフバランス&裁量を持って仕事をしたい!

弁護士の基礎知識 転職成功事例

国内準大手/中堅法律事務所

中堅法律事務所への転職。ワークライフバランス&裁量を持って仕事をしたい!

【今回の成功者】
Sさん、29歳/男性
転職前:五大法律事務所(年収:1200万円)
転職後:中堅法律事務所(年収:1000万円)

憧れの国内大手法律事務所に入所!しかしワークライフバランスが徐々に気になり始め…

Sさんは司法修習後、五大法律事務所のうちの一つに入所されます。憧れていた場所で働くことができ、非常に充実した毎日を過ごしておりました。残業が多く、毎日深夜に帰宅し、3~4時間程度の睡眠で出勤するという生活も、弁護士とはこのようなものだというプライドで乗り切っていました。 しかし、徐々に体調を崩すことが増えてしまい、無理のない働き方をしたいという気持ちが芽生え始めました。加えて、より裁量を持って働くことのできる事務所の方が、自身の強みを活かしていけるのではないかと思うようになり、転職を決意されました。

中堅法律事務所への転職により、業務レベルを維持しつつワークライフバランスの改善を実現

これまで在籍した法律事務所では、比較的業務分野が細分化されており、専門性を身に付けることが出来ました。しかし、Sさんは今後の独立等も見据え、もう少し幅広い企業法務の業務に携わりたいという希望をお持ちでした。そこで、Sさんが専門的に経験されていた分野の取り扱いがあり、且つ分野ごとの垣根が低い、中堅法律事務所をご紹介させていただきました。選考は順調に進み、無事入所に至ります。働き方も以前よりも改善され、より裁量を持って働くことが出来るようになりました。

ワークライフバランス=インハウスローヤー(企業内弁護士)というトレンドもありますが…

働き方を改善するという事を転職活動の目的にした際、インハウスへ転職するということが最近のトレンドとなっているようです。インハウスでは固定の勤務時間があり、残業代も別途支給するという事になりますので、働き方は改善されるかもしれません。 しかし、今回のSさんは、ベストな選択として法律事務所への転職を選択されました。今回の事例のように、働き方の融通が利く事務所もございます。まずはご自身のご希望やキャリアプランを一度考えた上で、広い視野で検討されることもお勧めします。

弁護士の求人を確認する!

国内準大手/中堅法律事務所の転職成功事例もチェック!

理想の弁護士への一歩 ──
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS Agent が弁護士の転職をサポートいたします。

弁護士の転職サポートに登録