企業から法律事務所への転職。上場企業での法務経験は評価されるのか...?

弁護士の基礎知識 転職成功事例

ブティック型法律事務所

企業から法律事務所への転職。上場企業での法務経験は評価されるのか...?

2017/05/25

【今回の成功者】
Dさん、30歳/男性
転職前:一部上場メーカー法務部(人数:15000名) (年収:500万円)
転職後:ブティック系法律事務所 (人数:10名)(年収:500万円)
エリア:東京都

上場企業での法務部門キャリアに物足りなさ、弁護士としての専門性を今一度磨ける環境へ

Dさんは司法試験を優秀な成績で合格し、一部上場メーカーに就職しました。元来、独立志向がある訳ではなく、安定して働きたいという気持ちから企業への就職をしました。しかし入社して3年が経過し、今後のキャリアを考え始めました。これまでの企業での幅広い経験も捨てがたいものではありましたが、弁護士の資格を取ったからこそ携わることのできる仕事をしたいという気持ちが強くなり、法律事務所への転職を決意されました。

法律事務所経験無しで応募できる求人を探すことに

司法試験の成績も良く、上場企業の弁護士であるDさんは、大手法律事務所への転職を志望して転職活動を始めました。しかし、意外にもDさんは、書類選考の段階で躓いてしまいます。大手法律事務所での中途採用は多くの場合、法律事務所での経験がある方を採用するためです。そのため、上場企業でのご経験があったとしても「未経験」という扱いとなり、思うように選考が進みませんでした。そこでDさんは視点を変え、規模は問わず「訴訟案件に携わることのできる法律事務所」という切り口で応募する事務所を再検討した結果、ブティック系法律事務所にて内定を獲得されました。

先を見据えたキャリア設計をすること。

近年は、弁護士資格を取得し、そのまま企業の法務部に転職をされる方が増えているようです。以前より企業法務部の求人も増えているため就職しやすくなっていますし、何と言っても上場企業というステータスは代えがたいものです。しかし、その後のキャリアについても、しっかりと考えたうえで就職することをお勧めします。といいますのも、Dさんの例同様、企業での経験が長くなれば長くなるほど、法律事務所への転職の難易度が上がってしまうということが現状となっているからです。ご自身のイメージ・先入観ではなく、リアルな情報を元にキャリア設計を検討することが大切なのではないでしょうか。

弁護士の求人を確認する!

ブティック型法律事務所の転職成功事例もチェック!

理想の弁護士への一歩 ──
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS Agent が弁護士の転職をサポートいたします。

弁護士の転職サポートに登録