30代で検察官から弁護士にキャリアチェンジ!弁護士経験が無くても意欲をアピールして転職成功!

弁護士の基礎知識 転職成功事例

ブティック型法律事務所

30代で検察官から弁護士にキャリアチェンジ!弁護士経験が無くても意欲をアピールして転職成功!

2017/02/10

【今回の成功者】
Cさん、33歳/男性
転職前:検察官(年収:640万円)
転職後:総合型法律事務所・企業 (人数:5名)(年収:570万円)

自己裁量を求めて検察官を退官

Cさんは司法修習を終えて、晴れて検察官になりました。刑事部、公判部、捜査部において多様な事件に関与し、仕事自体にはやりがいを感じていました。しかし、仕事柄業務が全般的に厳格に管理されており、自分の裁量で出来る仕事が増えないことが悩みでした。そこで、より当事者に近い立場で裁量を持ち、柔軟な働き方をしたいと考えて、弁護士へのキャリアチェンジをするために退官されました。

弁護士経験が無い事で、転職活動に苦戦

Cさんのご希望が、裁量を持ち柔軟な働き方をしていきたいというものだったので、大手ではなく中小規模の法律事務所や一般民事を主に取り扱う事務所をお勧めしました。しかし、多くの法律事務所が即戦力を求めて中途採用を行っているため、弁護士経験がなかったCさんは、なかなか選考通過する事が出来ませんでした。そこで、入所時点ではあまり高い報酬が出せないものの、意欲や人柄を重視した採用を行っている法律事務所に積極的にチャレンジしていただきました。結果、設立間もない総合型の法律事務所から内定を獲得し、新しいキャリアをスタートする事が出来ました。

やりたいことを明確に伝え、やる気をアピールした事でチャンスを掴む

Cさんは、チャンスさえいただければ、早期に戦力になれる方とお見受けしていました。しかし、経験が不足している事で書類選考通過に苦戦されました。その中で少ないチャンスをものに出来たのは、伸び代ややる気、成長意欲の高さを上手くアピールできた事が要因です。また、裁量を持って働きたいというテーマを明確にお持ちでしたので、必ずしも事務所の規模に拘らずお探ししていたのが、成功の鍵だったと思います。

弁護士の求人を確認する!

ブティック型法律事務所の転職成功事例もチェック!

理想の弁護士への一歩 ──
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS-Japan が弁護士の転職をサポートいたします。

弁護士の転職サポートに登録