30代女性弁護士。やりがいも、ワークライフバランスも重視したい!

弁護士の基礎知識 転職成功事例

一般民事系法律事務所

30代女性弁護士。やりがいも、ワークライフバランスも重視したい!

2016/08/23

【今回の成功者】
Yさん、30歳/女性
転職前:個人経営の法律事務所 (年収:500万円)
転職後:一般民事系法律事務所(年収:600万円)

長期就業可能な職場へ転職したい!

司法修習を終え、晴れて弁護士として事務所で勤務することとなったYさん。在籍事務所では一般民事を中心に幅広い法律相談に対応されてきました。MS-Japanへ相談に来られた際は、在籍事務所が2年の任期付の為、そろそろ次の事務所を探さなければいけないという事情がございました。現在の事務所には特に不満はなく、出来れば長く働きたかったというお気持ちがあったようで、弊社としては、長期的に働ける転職先を探していきましょうと転職支援を開始させていただきました。

インハウスと事務所、どちらが良いのだろうか…。

ワークライフバランスを考えるとインハウスだが、弁護士としてのやりがいは法律事務所…というように、Yさんはとても迷っておりました。しかし、これまでのご経験を振り返ると、一般民事の弁護士業務にはとてもやりがいを感じており、その経験は今後も積んできたいと強く希望されましたので、最終的には、法律事務所への転職という方針を固められました。 最終的に、Yさんは、無事やりがいとワークライフバランスを両立できる一般民事系の法律事務所へ転職を決められました。最近ではワークライフバランスを考慮していただける事務所も増えてきており、Yさんもやりがいとワークライフバランスの両方を実現させることができました。

女性弁護士ならではの悩みを解決できた成功事例

今回の事例では、女性弁護士の方ならではのキャリア形成の難しさがあったと思われます。弁護士の方は、ある程度事務所に勤めたら、独立又はインハウスという選択肢を迫られるケースがあるかと思います。しかしながら、中には事務所に勤務し、リーガルサービスを提供し続けたいと考えている方も多いのではないでしょうか。最近ではそのような方を受け入れていただける法律事務所も多くなってきたと感じております。 女性弁護士として次のキャリアにお悩みの方や、ワークライフバランスもやりがいも重視したいといったご希望をお持ちの方は、是非一度、弊社のキャリアカウンセリングを受けられることをお勧め致します。

【関連トピックス】
弁護士の仕事は、こんなにやりがいにあふれている!
仕事×家庭 時短で働く女性弁護士のリアルな話

弁護士の求人を確認する!

一般民事系法律事務所の転職成功事例もチェック!

理想の弁護士への一歩 ──
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS Agent が弁護士の転職をサポートいたします。

弁護士の転職サポートに登録