最後の転職先を決めるために大切なこと!40代・弁護士の成功事例

弁護士の基礎知識 転職成功事例

企業内弁護士(金融専門職)

最後の転職先を決めるために大切なこと!40代・弁護士の成功事例

2017/10/12

【今回の成功者】
Iさん
45歳・男性
資格:弁護士

<転職前>
ベンチャー企業 年収1000万円
<転職後>
証券会社 年収1200万円
エリア:東京都

もう転職を繰り返したくない!40代の最後の転職。

Iさんは不動産系のベンチャー企業でインハウスローヤーとして就業しておりましたが、業績が変動することが多く、その影響で当初予定していた収入を下回る状況が続いておりました。もう少し安定している企業で働きたいという思いから、転職活動を始められました。

最後の転職先選びに大切なことは何か?

Iさんのこれまでの転職は新しいことにチャレンジしてキャリアアップをすることを重視していました。しかし未経験業務が含まれる転職先を積極的に選んでいたため、入社当初の年収ダウンや入社後に多くの知識をキャッチアップする必要がありました。 そこで最後の転職先を選んでいただくために弊社からは、Iさんの強みである金商法の知識を活かせる環境を重視することをお勧めしました。 新しいことにチャレンジをすることは、非常に刺激的で良いことですし、そのチャレンジが大きなリターンになることもあります。一方で40代以降の転職では、即戦力としてインプットよりもアウトプットを多く求められます。それが出来なければ評価を得ることは出来ません。最後の転職先を考えるにあたって、実力を発揮できる環境なのかをしっかりと見極めることが大切です。 最終的にIさんが転職先に決めたのは、中堅の証券会社でした。 面接を通じて得意な金商法に関する知識・経験をアピールしたことで、本来の募集ポジションよりも高い職位で採用内定を得ることができ、これまでの転職で初めて年収アップでスタートする転職が出来たそうです。

まずは多くのことを経験し、最後にはご自身の強みを活かすキャリアプラン

40代のマネジメント層が転職をする上で重要になるのは、今までのキャリアの棚卸が十分出来ていて、強みとなる専門領域、業界などを認識することです。採用をする企業側としては、早期に活躍が期待できる人材を求めています。その為、ご転職活動では即戦力になれる業界やポジションを重視し、面接の場でご自身の強みをアピールできるように準備をしておきましょう。

弁護士の求人を確認する!

企業内弁護士(金融専門職)の転職成功事例もチェック!

理想の弁護士への一歩 ──
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS Agent が弁護士の転職をサポートいたします。

弁護士の転職サポートに登録