東京でキャリアアップを目指す30代・弁護士の挑戦

弁護士の基礎知識 転職成功事例

企業内弁護士(事業会社)

東京でキャリアアップを目指す30代・弁護士の挑戦

【今回の成功者】
Tさん
30歳・男性
資格:弁護士

<転職前>
中堅法律事務所 年収700万円
<転職後>
東証一部上場企業 年収500万円
エリア:東京都

東京で力試しをしたい!

Tさんは、大阪の法律事務所に勤務されていた弁護士です。ほぼ毎日終電・タクシー帰りが当たり前で、休日返上で働くことも珍しくない状況でした。そんな働き方を数年間続けてきた中、30代になったタイミングで、東京で自分の経験がどこまで通用するのかを試したいと考えるようになりました。 そんな折に、弊社で開催している個別相談会に参加したTさんは、弁護士として専門性を活かしつつ、企業の当事者として経営にかかわるインハウスローヤーに興味を持たれました。その後、早速、キャリアアドバイザーと共に東京の企業法務求人を検討し始めました。

転職先で得られるキャリアや経験を理解すること

今回の転職では、力試しをテーマにしていたTさんでしたが、実際に求人を検討する中で年収が課題になりました。 法律事務所と企業では給与水準に格差があり、どうしてもTさんの年齢や経験を考慮すると年収が下がってしまう可能性が高かったのです。 加えて、転居を伴う転職だったため、選考を受ける機会は限りがありました。 そこで弊社からは、入社時点のポジションがそれほど高くない企業への転職をお勧めしました。入社時点で高いポジションで入れる企業ですと、入社後にプロモーションの余地が少ないケースがあります。 Tさんは30代でしたので、40代、50代と徐々にではありますが、プロモーションがあり、年収を高めていける求人をお勧めしました。 最終的に、Tさんは老舗専門商社の法務スタッフとして内定を獲得されました。給与面では法律事務所で働いていた時より下がるものの、手厚い手当や充実した福利厚生が受けられる部分を十分に理解していただき、総合的に見るととても良い転職先であると判断され、入社をご決断されました。

地方から首都圏への転職に際し、きめ細かいフォローを徹底

今回、地方勤務から首都圏への転職ということで、案件の進捗の他にも、転勤に関する多くの質問・ご相談をいただきました。 慣れ親しんだ場所を離れ、新たな環境に飛び込むことは不安を伴いますが、Tさんは企業担当者と密なコミュニケーションをとり、一つずつ不安やお悩みを解消されていらっしゃいました。 国内各所に拠点を持つエージェントは、拠点を跨いで求職者の転職サポートをすることも可能です。

弁護士の求人を確認する!

企業内弁護士(事業会社)の転職成功事例もチェック!

理想の弁護士への一歩 ──
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS Agent が弁護士の転職をサポートいたします。

弁護士の転職サポートに登録