初めてのインハウス転職は職場環境を重視!短期集中で転職を成功させた秘訣とは?

弁護士の基礎知識 転職成功事例

企業内弁護士(事業会社)

初めてのインハウス転職は職場環境を重視!短期集中で転職を成功させた秘訣とは?

2017/11/22

【今回の成功者】
Sさん
43歳・男性
資格:弁護士

<転職前>
ブティック型事務所 年収700万円
<転職後>
一般事業会社 年収850万円
エリア:東京都

先行きが不透明な状況を変えたい

今回転職を決められたSさんは、長く刑事訴訟を扱うブティック型事務所に勤務されていましたが、以下の現状から、転職を考えるようになったそうです。 1.刑事訴訟の依頼件数が減少していたこと 2.保障されているベース給与が低く、収入が不安定だったこと そこで、将来的なことも考えてインハウスへの転職を強く志望するようになりました。

理想の転職先は、職場環境が良好であること

法律事務所で働く弁護士の場合、面接日程の調整などは容易ではありません。そこで、弊社からはSさんの希望を考慮して10社ほどに絞って企業を紹介し、その中でも選考通過の可能性が高い5社に応募いただくことをお勧めしました。 また、Sさんは長年小規模事務所に務めていた為、同じ職場で働く方との相性を気にされていました。仕事のパフォーマンスには自信がありましたが、その理由として、現職では良好な人間関係に恵まれていたこと、弁護士に囲まれた環境に慣れていたこともあったようです。その為、少なからず今回の転職ではインハウスの環境に馴染むまでに時間が必要だと考えていらっしゃいました。 その結果、上司が同じく弁護士資格を持つ老舗の優良企業に出会い、カウンセリングから約1ヶ月で転職を決めることができました。企業風土もご希望に沿ったものでしたが、残業時間の変動も少なく、年収アップも実現できた為、安心して転職を決められたそうです。

短期集中型で転職を成功させるには?

弁護士の方は、“弁護士有資格者”というだけでも多くの引き合いがあります。その為、面接に伺う頻度も多くなるかもしれません。しかし、最終的にはご自身で転職先を決めることになります。人によっては選択肢が多くなることで活動当初の軸がぶれてしまうこともあります。Sさんのように事前にしっかりとした軸を持ち、その軸に基づいて応募企業を厳選する転職活動も、短期集中型で内定獲得を目指す方には良いかもしれません。短期集中で転職活動を行いたい方のサポートも、転職エージェントにお任せください。

弁護士の求人を確認する!

企業内弁護士(事業会社)の転職成功事例もチェック!

理想の弁護士への一歩 ──
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS-Japan が弁護士の転職をサポートいたします。

弁護士の転職サポートに登録