法律事務所で専門性を深めたい!金融機関から外資系法律事務所への転職成功事例!

弁護士の基礎知識 転職成功事例

外資系法律事務所

法律事務所で専門性を深めたい!金融機関から外資系法律事務所への転職成功事例!

2016/08/23

【今回の成功者】
Cさん、30歳/男性
転職前:大手金融機関 (年収:800万円)
転職後:外資系法律事務所(年収:1000万円)

念願の法律事務所への転職を実現させたい!

Cさんは、明確な転職理由をお持ちでした。司法修習中に弁護士事務所ではなく、インハウスを選択され、俯瞰した立場ではなく、まずは当事者としての経験を積まれることを重視されたそうです。その後法律事務所にてより専門性を深めて活躍をしたいという、ご自身の一連のキャリアプランを考えていらっしゃいました。 ご相談にいらっしゃった際には、インハウスローヤーとして金融機関内で精力的にご経験を積まれ、よりグローバルに活躍できる弁護士を目指したいという目的をお持ちでした。

専門性を求めて外資系法律事務所へ

Cさんは、金融機関のバックボーンを最大限生かすべく、ゼネラルな領域をカバーしている事務所よりも、外資系法律事務所をご希望されておりました。そこで専門性を更に追求し、金融領域において特出したスキルを身に付けたいという思いがあったそうです。実際の転職活動でも外資系法律事務所にターゲットを絞り、各ファームの企業分析に時間を割き、集中して転職活動に取り組まれました。 結果として、当初の希望通り外資系法律事務所より内定をいただき、入社されることとなりました。

キャリアの選択肢は多種多様

今回のCさんの例は、極端なキャリアだと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、弁護士の方のキャリアに正解は無いのだと改めて考えさせられる事例でした。 最近では弁護士の方のキャリアも多種多様になってきており、このキャリアステップを踏めば成功するというものでもなくなってきたと思われます。一つの領域に専門性を見出し、特異なキャリアを形成するというのも立派なキャリアステップだといえると思います。 その中でも外資系法律事務所の魅力としましては、日系の法律事務所とは違いゼネラルに幅広い経験というよりも、ひとつの分野に特化し経験を積むことが出来る為、その分野のスペシャリストになることが可能です。

弁護士の求人を確認する!

外資系法律事務所の転職成功事例もチェック!

理想の弁護士への一歩 ──
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS-Japan が弁護士の転職をサポートいたします。

弁護士の転職サポートに登録